犬と猫

シャム猫が英語で「siam」と言われる真実とは?

    

シャム猫を英語に直すと、

どんなふうになるのか知ってます?

 

siam」になるようです!

 

ちなみに、

日本語読みにすると

サイアム」になります。

 

海外では「サイアム」ではなく、

「サイアミーズ」って

言われているらしいです。

 

実は、「siam」も

繰り返し言葉に出していくと、

「シャム」になるんです(笑)

 

今回は、どうしてシャム猫は

「siam」と言われるようになったのか

その理由を詳しく調べてみました。

 

 

シャム猫が英語で「siam」なのは、歴史が関係している!?

シャム猫1 画像

 

「シャム猫」は英語で「siam

 

もしかすると

シャム猫の「siam」は

歴史が関係しているのでは?

 

私がそう感じたのは、

シャム猫の歴史を調べていたとき。

 

シャム猫の歴史の中に

「siam」の手がかりを見つけました。

 

昔、シャム猫は、

「タイ」にいたとか。

 

そして「タイ」には、

元々3種類の猫がいました。

 

  • シ・サワット(現在のコラット)
  • スパラック(現在のバーミーズ)
  • シャム猫

 

その3種類の中でも、

特にシャム猫が好かれていたらしい。

 

というより、

神聖な猫として

皆からあがめられていた。

 

確かに、シャム猫は

見た目が上品そうな感じ。

 

手の先、足の先、

そして顔が

黒い毛色をしていて

気品がある感じを

全面的に出していますよね(笑)

 

そして、ちょっとだけ

ツンデレっぽい?

 

そして、性格が

かなり落ち着いてますよね。

 

そこが、昔の人が好んでしまう

ポイントだったのでしょうか?

 

 

【シャム猫】調べて分かった事実とは?

3種類の中でも、

神聖な猫として

あがめられていたシャム猫。

 

もう一つ驚くべき真実が…

 

シャム猫を飼うことができるのは、

特定の人だけ」らしいということ。

 

  • 貴族
  • 王室
  • 寺院

などの高い身分の人たちだけ。

 

シャム猫は、

ホントに選ばれぬかれた

エリートってことですね。

 

シャム猫2 画像

 

これがシャム猫の歴史です。

 

しかし、「シャム猫」は

英語で「siam」って

言われるんですよね。

 

そして、

シャム猫の歴史と関係している…

 

「歴史と関係している」って言ったけど、

全然関係してない。

 

たしかに、

シャム猫は「タイ」にいました。

 

でも、昔は

「タイ」っていう国はありません。

 

その当時にあったのは

シャム王国

 

だから、シャム猫が

英語で「siam」なのは、

「シャム王国」が関係しているんです。

 

関連記事 ⇒ スコティッシュフォールドの「スコティッシュ」ってどんな意味?

 

 

まとめ

最後に、「まとめ」ますね。

 

「シャム猫」は英語で言うと

siam」です!

 

そして、

「シャム猫が英語で「siam」なのは

歴史が関係してるかもっ!」ってこと。

 

また、当時は

「タイ」ではなく…

シャム王国」だったということ。

 

そして、「シャム王国」には、

3種類の猫がいたということ。

 

  • シ・サワット(今のコラット)
  • スパラック(今のバーミーズ)
  • シャム猫

 

しかし、

シャム猫だけは特別で…

シャム猫が飼えたのは、

貴族や王室、寺院の人だったということ。

 

また、

日本では「シャム猫」

と言われていますが…

 

現地のタイでは

ウィチアンマート」って

言われているそうです。

 

ちなみに意味は

月のダイヤモンド

 

その意味からも

シャム猫が

高貴な猫ってことが分かりますね!