犬と猫

マンチカンの足長/短足どっちの寿命が長い?【長寿の秘密】

    

突然ですが…

2種類の「マンチカン」がいることをご存知でしょうか?

 

多くの方が知っているのは、

足が短い「短足のマンチカン」だと思います。

 

でも、実はもう一種類いて…

 

足が長い「足長のマンチカン」もいるんです!

 

そこで今回は、

2種類のマンチカンの寿命を比較してみました。

 

長生きはどっちだと思いますか?

 

 

マンチカン(足長/短足)の寿命の比較ができない!?どういうこと!

最初に、マンチカンの寿命を見ていきましょう。

 

マンチカンの寿命は、

平均で「11歳~13歳」が一般的。

 

家猫の平均が16歳くらいなので、

ちょっと短めかなと思います。

 

これはあくまでも目安。

 

飼い主さんの飼い方次第で、

長生きはできると思うので心配しないでくださいね。

 

では早速…

マンチカンの足長、短足の寿命を発表していきます!

 

実は…

足長と短足の寿命は、はっきり言って分かりません。

 

なぜかと言うと、

マンチカンの平均寿命は

足長と短足を含めた年齢だから。

 

ごちゃまぜになっているから、

正直、分からないんです。

 

 

マンチカンは「短足」のほうが寿命が長い?

マンチカンには2種類います。

 

一般的に知られているのは、「短足」のほう。

 

でも実は、

足長のマンチカンのほうが圧倒的に数が多い!

 

割合で言うと、

短足が2割、足長が8割くらい。

 

どちらが長生きなのか考えるには、

この割合が大切になると思うので、覚えていてくださいね。

 

あまり知られていないけど、

足長のほうが多いんですよ。

 

ということは、

足長と短足を含めてた寿命が「11歳~13歳」だったので、

割合の8割を占める足長マンチカンの寿命が

平均を左右することになります。

 

足長マンチカンの寿命が短いから、

平均も短くなったということ。

 

 

マンチカンは「足長」のほうが寿命が長い!

2つ目の考え。

 

短足のマンチカンは、その見た目から

ダックスフンドと似ている」と言われています。

 

「ダックスフンド」と似ていて、

とてもかわいいマンチカンですが…

 

「短足」なだけあって、

体にも相当の負担がかかります。

 

関連記事 ⇒ マンチカンの体重(成猫)ってどのくらい?体重が増えない3つの理由

 

特に、「背中

 

ジャンプする時、歩く時などに

地面からのダメージをもろに受けます。

 

そのダメージがたまっていくと…

椎間板ヘルニア」になってしまう!

椎間板ヘルニア…背骨と背骨の間ある「椎間板」が壊れてしまい、形が変わってしまった状態のこと。

 

「必ずなる」というわけではありませんが、

短足のマンチカンはなりやすいかなと思います。

 

一方の足長マンチカンは、

足が長いこともあって、

短足のマンチカンほどなりやすくはありません。

 

ケガをしにくいという面を考えると、

足長マンチカンのほうが

長生きできるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

最後に、

「足長」のマンチカンも、

「短足」のマンチカンも長生きできるように

ポイントを紹介して終わります。

 

長生きの秘訣は…

  • 家の中でも適度な運動が行える場所をつくる
  • ステージに合った食事を選ぶ
  • ステージに合った食事の量をとる
  • 愛情を思いっきりかける
  • できるだけ家の中で飼う
  • トイレは常に清潔にしておく

 

このくらいかなと思います。

 

足長、短足に限らず、

長生きはどのマンチカンにもできます!

 

しかし、あなたの助けなしにはそれは無理。

 

いきなり今の状況を変えることは難しいので、

まずは食事・愛情など自分にできることを

一生懸命尽くしてあげてくださいね。

 

それが一番の長生きの秘訣ではないでしょうか。