犬種としても人気の高く、大きくてクリクリした目が特徴のポメラニアン。

可愛すぎる愛くるしさがある一方で、多くのポメラニアンと飼い主さんは「涙やけ」に悩まされています。

 

以前、僕が愛犬サムを連れて動物病院を訪れたときも、来院していたわんちゃんの中に、「愛犬の涙やけに悩んでいて…」という事を話していたポメラニアンの飼い主さんがいました。

ホントにたくさんの飼い主さんたちが愛犬の涙やけで悩んでいます。

 

でも、おそらく多くの方が「何とかしてあげたいけど、どうして良いのか分からない…」という気持ちでいる一杯のはずです。

そこで今回の記事では、そんなポメラニアンの涙やけに焦点を当てて、気になる対策や原因、オススメのドッグフードについて詳しく話をしていこうと思います。

Sponsored Link

なぜポメラニアンは涙やけになりやすいの?

多くの飼い主さんを悩ませるポメラニアンの「涙やけ」。

では、そもそもなぜ、ポメラニアンは涙やけを起こしやすいのでしょうか?

考えられる一番大きな理由として、チワワやトイプードルのような「鼻の短い犬種」であることで、涙の排出が上手にできないからなんですね

 

チワワ関連記事⇒

 

ポメラニアン関連記事⇒

 

基本的に「涙」というのは、「涙腺(るいせん)」から出て「鼻涙管(びるいかん)」を通り「鼻」へと行くような仕組みになっています。

ですが、何らかの原因で一度のたくさんの涙が出てしまったり、通り道をふさいでしまうと先ほど紹介した順番でスムーズに涙が流れることが出来ません。

そうなってしまうと、行き場を失った涙君たちはどうなるのかというと…

 

当然、目の周りに溢れてしまい、それが長く続くと結果的に「涙やけ」と言われる状態になってしまうわけなのです。

 

つまり、飼い犬の犬種が「ポメラニアン」である以上、遅かれ早かれ、どんな人にでも「愛犬の涙やけで悩まされる」というリスクがあるわけですね。

ただし、同じポメラニアンであっても、個々に体質が異なるため、必ずしも同じ原因から涙やけが起こっているとは限りません!

その点だけには十分注意して、まずは愛犬の涙やけの原因を見つけ、その後で、その子に合った対策/対処法で悩みを解決していきましょう。

ポメラニアンが涙やけを起こす主な原因と理由

それでは早速なんですが…

具体的にどんなことが原因でポメラニアンの涙やけが起こっているのか見ていきましょう。

 

  • 長く伸びた毛が目の中に入っている

➡ ポメラナインは長毛でダブルコートの犬種です。まつ毛や体毛の一部が予期せぬ状態で目の中に入ったままになっていると涙が出っぱなしになってしまいます。

 

  • ほこりなどのゴミが目の中に入っている

➡ 人間でいうと砂ぼこりが目に入ってゴロゴロしている状態と同じです。これが続くと涙やけの原因になります。

 

  • 花粉症

➡ ポメラニアンによっては人と同じように、ある種類の花粉に過剰に反応してしまう「花粉症」を持っている場合もあります。季節的に涙やけや体を痒がるしぐさを見せるポメラニアンは要注意。

 

  • 普段から水をあまり飲まない

➡ あまりに水を飲まないポメラニアンだと、体の代謝が悪く老廃物が涙腺(るいせん)に詰まりやすくなるため、涙やけを起こす原因にもなります。

 

  • 現在のご飯が体に合っていない

➡ 添加物が多く使われていたり、質の悪い素材が使われているドッグフードを食べ続けていると、体に吸収されない成分が涙道(るいどう)を詰まらせてしまい、涙がスムーズに流れなくなります。

 

  • 涙道でのトラブル

➡ 目から鼻までの涙の通り道をまとめて「涙道(るいどう)」と言うのですが、この区間のどこかに異常が起こっていることでスムーズに涙が流れず、涙やけが起こっているのかもしれません。

 

  • 食物アレルギー

➡ 豚肉、鶏肉、牛肉、穀物などの食べ物のアレルギーを持っていると、その症状の一部としてポメラニアンの涙の量が増えてしまい。涙やけが起こってします。

 

  • 体質的に鼻涙管が狭い

➡ ポメラニアンは鼻が短い犬種のため基本的に涙やけを起こしやすいのですが、それに加えて、生まれつきの体質として涙の通り道である「鼻涙管(びるいかん)」が狭いのも原因のひとつに考えられます。

 

  • 眼角形成不全

➡ 目の両端にあるシュッとした部分「スリット」が正常に形づくられず、お団子のように「まん丸した目」になるのが特徴です。眼角形成不全になっているポメラニアンは目に毛が入りやすくなるため、それに伴い涙の量が増え、涙やけを起こしやすくなります。

 

  • 排泄のトラブル

➡ 散歩や部屋でのポメラニアンの排尿を見ると、1日を通して色の濃い尿が出ていませんか?もしそうなら、飲む水の量が足りてない証拠です。水分が足りないと老廃物が外に出ていきませんので、体中の穴からにじみ出て涙腺を詰まらせる原因にもなります。

 

ここではポメラニアンが涙やけを起こす主な原因10つを紹介してきました。

 

涙道や体質など、体の中を調べてみないと分からない涙やけの原因がある一方で、その多くはポメラニアンと毎日の生活をしていく中で気付けるものばかりでもあります。

愛犬の様子を普段からどれだけ観察しているのかが、あなたとポメラニアンを悩ませる涙やけ解決のカギになってくるかと思います。

いずれにしても、獣医さんのような専門的な知識を持った方に、一度は適切な診察をしてもらったほうがスムーズに問題の解決ができると思いますよ。

Sponsored Link

涙やけのポメラニアンに飼い主ができる対策とは

それでは、先ほど紹介したポメラニアンの涙やけが起こる10つの原因を踏まえて、今度は解決のために必要な対策について話をしていきます。

目の中に入った異物を取り除いてあげる

 <10つの主な原因でいうと…>

  • 長く伸びた毛が目の中に入っている
  • ほこりなどのゴミが目の中に入っている

上記のような状態が当てはまる場合には、涙やけの対策として「目の中に入った異物を取り除いてあげる」がオススメです。

 

もともとポメラニアンは長毛でダブルコートの特徴をもった犬種なので、目の中に毛が入りやすい体質をしています。

飼い主さん自身が愛犬の目の中に入りそうな部分の被毛をカットしてあげたり、もしくは、トリミングをしてもらう際に「目の部分の毛を短くしてください」とトリマーさんに伝えておくと良いでしょう。

ですが、明らかに毛が目の中に入っていて、涙が止まらない状態になっていれば、早急な対策が必要となります。

 

この場合、トリミングのタイミングではなく、飼い主さんがカットしてあげる、もしくは家族や友人に手伝ってもらいながらカットをしてあげましょう。

どうしても無理な場合には、獣医さんに相談して目の周りの毛を切ってもらってくださいね。

ほこりなどのゴミが目に入って起こる涙やけは、自分で簡単に取り除けるものであれば問題ありませんが、異物が目の奥にあるような状態ではやはり、動物病院を受診して適切な方法で取り除いてもらうことをお勧めします。

花粉の多い時期や時間帯のお出かけは控える

 <10つの主な原因でいうと…>

  • 花粉症

上記のような状態が当てはまる場合には、涙やけの対策として「花粉の多い時期や時間帯のお出かけは控える」がオススメです。

 

ポメラニアンにも人間と同じように、スギなどの花粉でアレルギー反応を起こしてしまう「花粉症」を持っている子もいます。

花粉症の対策として、最も大切なのは「花粉に触れさせないこと」です。

 

季節的な痒みや涙やけが現れるようなポメラニアンの場合、花粉症の可能性が高いので、対策のためにも、花粉の飛来が多い時期や時間帯のお出かけは避けたほうが良いでしょう。

スギ花粉の場合ですと、例年「2~4月」、また時間帯だと「13時~15時」「17時~19時」がもっとも多くの花粉が飛ぶとされています。

もし愛犬が花粉症をもっているのであれば、そのような時期や時間帯には特に注意が必要です。

 

ただ、花粉が飛来する期間というのは1日や2日で終わるものではありませんよね?

花粉を避けて過ごそうとすると、まる1ヶ月以上もお散歩やお出かけが出来なくなってしまいます。

いくら運動量の少ないポメラニアンといっても、1ヶ月間ずっと家の中で過ごすとなると、相当なストレスを感じてしまうはずです。

 

そんな時には、室内のドッグランに連れて行ったり、花粉症の人がマスクをするように、ポメラニアンの体に極力花粉が付かないために「洋服」を着せてあげてください。

また、家の中に入る前には必ずブラッシングをしてあげて、花粉が体に付いていない状態にしてから家に入るようにすると良いでしょう。

お水を多く摂取してもらう

 <10つの主な原因でいうと…>

  • 普段から水をあまり飲まない
  • 排泄のトラブル

上記のような状態が当てはまる場合には、涙やけの対策として「お水を多く摂取してもらう」がオススメです。

 

涙やけを起こす原因でも紹介したように、お水をあまり口にしないわんちゃんはトイレの際の「尿の量」が少なくなります。

それと同時に、体のほうの「代謝」も悪くなってしまうんですね。

代謝が悪くなるという事は、そのときに体の外へと出されるはずだった「老廃物」がそのまま体内に残ってしまうわけです。

 

そうなると、体内にたまった老廃物が、涙と一緒に外へ出されて、涙の通り道でもある「涙管」を詰まらせてしまう原因になります。

結果的にそれがポメラニアンに涙やけの症状が現れることに繋がってしまうのです。

ですから、上記のような理由で涙やけが起こっているなら、とにかく代謝を良くするためにお水を飲んでもらうことが一番。

 

1日2回愛犬のお水の入れ替えをしているのであれば、これからは変える回数を増やし1日4回にするなど、新鮮でキレイなお水の維持を心がけてみてくださいね。

また、犬や猫は冷た過ぎたり熱すぎたりする水よりも、犬猫肌の「38.0度くらい」のお水のほうが好みやすい傾向があります。

指で触ったときに、「人間の体温よりも少し高いかな」くらいの温度の水にすると良いかもしれません。

 

それでもどうしてもポメラニアンが水を飲んでくれないという場合は、普段の食事をお湯でふやかしてから与えるようにして、お水を飲んでもらうようにしましょう。

「ドッグフードをふやかす」という方法は涙やけの対策に限らず、夏の熱中症や食欲不振の対策としても使える方法なので参考にしてもらえると嬉しいです^^

ドッグフードの種類を変える

 <10つの主な原因でいうと…>

  • 現在のご飯が体に合っていない
  • 食物アレルギー

上記のような状態が当てはまる場合には、涙やけの対策として「ドッグフードの種類を変える」がオススメです。

 

多くの飼い主さんが悩んでいるポメラニアンの涙やけの原因として、毎日食べるものであり、体との関係性が一番身近なドッグフードが影響していることもあります。

体質的に今食べているドッグフードがポメラニアンの体に合わなかったり、痒みや体の部分的な赤みなどアレルギーの症状が現れていたりする場合には、フードそのものを変えてみてください。

また、上記の理由には当てはまっていないんだけど、愛犬の涙やけで悩んでいるときにも、フードの切り替えで症状が軽くなることもありますので。

 

新しいドッグフードを選ぶ際のポイントとして、

  • これまでのご飯とは種類が異なっていること
  • 添加物が極力使われていないこと
  • 質の高い原材料が使われていること

に気を付けながら選んでみてください。

 

どうしてそのような点に注意しながら選ばないといけないの?と思った方も多いかもしれませんが、詳しい説明はあとからじっくり話しますね^^

今のドッグフードを食べて、愛犬にかゆみや腫れのアレルギー症状が見られる時には、まずは動物病院で詳しく「アレルギーテスト」を受けたほうが良いかもしれません。

動物病院を受診する

 <10つの主な原因でいうと…>

  • 涙道でのトラブル
  • 体質的に鼻涙管が狭い
  • 眼角形成不全

上記のような状態が当てはまる場合には、涙やけの対策として「動物病院を受診する」がオススメです。

 

生活面や普段の愛犬の様子から、涙やけの対策ができるものであれば良いのですが…

涙道でのトラブル、鼻涙管が狭いこと、眼角形成不全…などといった場合では僕たちにはどうにも対処できませんよね。

対策をどうこう考えるよりも先に、一刻も早く、愛犬を専門の獣医さんに診てもらったほうが最善の策だと、僕は思います。

 

まして、結膜炎や腫瘍の影響から涙やけが起こっている場合は、診察の遅れがポメラニアンの命に関わることも考えられますから。

上記のような原因からポメラニアンの涙やけが起こっているなら、まずは愛犬といっしょに動物病院を受診し、きちんと診察をしてもらうことを優先してください。

また、この記事の中で紹介した涙やけのいずれの原因のときでも、僕の経験上、獣医さんに診てもらったほうが安心すると思いますよ^^

ポメラニアンの涙やけで悩むあなたに!ドッグフード選びの3つのポイント

ここからは、愛犬の涙やけに悩むあなたに、オススメしたいドッグフードを紹介していきます。

と、その前に…

 

まずは、涙やけの悩みを抱えるポメラニアンのドッグフードを選びのポイントを伝授したいと思います。

 

<<選び方のポイント>>

  1. 人工添加物が使われていない
  2. 良質な動物性たんぱく質が使われている
  3. グレインフリー(穀物不使用)

1つずつ詳しく見ていきましょう。

人工添加物が使われていない

市販で売られている多くのドッグフードの場合、「見た目を良くするために」「長期間の保存ができるように」という理由から、着色料や発色剤、膨張剤や保存料などの人工的な添加物が多く使われています。

そのような添加物が多く使われたドッグフードをを食べ続けていくと、体に悪い影響を与えるだけでなく、犬にとって消化のしにくいものでもあるため、老廃物として涙などと一緒に体の外側に出てくることもあるんですね。

 

つまり、ドッグフードで使われた人工添加物が原因となって、涙の通り道の「涙管」を詰まらせ、ポメラニアンの涙やけを起こしてしまうのです。

ですから、最初のポイントとして、人工の添加物が使われていないドッグフードを選ぶことが大切です!

 

それでは、具体的にどんな人工添加物が体に悪い影響を与えるのでしょうか?

 

代表的なものを紹介すると、

  • 酸化防止剤(エトキシキン/BHA/BHTなど)
  • 着色料(赤色3号/赤色40号/赤色102号/青色2号など)
  • 甘味料(ソルビトール/キシリトール/ビートパルプなど)
  • 亜硝酸ナトリウム
  • ソルビン酸カルシウム

ここで紹介したものはすべて危険度の高いものばかり。

添加物の表記は、基本的にフードのパッケージの裏側に書かれていますから、紹介したような名前が書いてあるドッグフードの使用は避けてくださいね。

良質な動物性たんぱく質が使われている

涙やけで悩むポメラニアンのドッグフード選びでは、主原材料となる素材に「良質なお肉やお魚(=動物性たんぱく質)」が使用されているのかどうかもポイントです。

「動物性たんぱく質」は犬が生きていくために必要な成分が詰まった重要なものであり、何より、ポメラニアンの涙やけ対策の肝でもある「消化のしやすさ」にも優れています。

そんな生きていく上で必要な栄養素が詰まっている動物性たんぱく質だからこそ、ポメラニアンのフード選びでも、出来る限り質の高い「お肉」や「お魚」が使われたドッグフードを選ぶようにしましょう。

グレインフリー(穀物不使用)

最近よく耳にするようになりませんか、グレインフリーという言葉?

グレインフリーのそもそもの意味は「穀物不使用」、つまり「穀物が一切使われていないドッグフード」という時に見かけるのが、このフレーズです。

でも、どうしてグレインフリーがそんなに犬に良いのだろうって思うときありますよね。

 

その理由なんですが、大昔にまで遡ると、その昔、犬は自分たちで狩りをして採った獲物の肉を食べて暮らしていました。

当然、その頃は肉中心の生活なので、小麦やトウモロコシなどの穀物を食べる機会なんてほとんどありません。

そのため、現在に至っても、基本的に犬は穀物を消化するのが苦手で、わんちゃんによっては口にすると下痢などの消化不良を起こしてしまう子もいるのです。

そのような理由から、ドッグフードでも穀物が使われていない「グレインフリー」のものが良いとされています。

 

ポメラニアンにとっても、穀物は元来消化しにくいものであり、その中でも小麦やトウモロコシは特にアレルギーを起こしやすいものとされています。

理想的なドッグフードは穀物の使用がない「グレインフリー」ですが、最低でも、原材料の中に小麦とトウモロコシが使われていないフードを選ぶようにしましょう。

ポメラニアンの涙やけにオススメのドッグフード

紹介した3つのポイントを踏まえて、

涙やけのポメラニアンにオススメのドッグフードは

「このこのごはん」「モグワンドッグフードです。

 

2つのドッグフードの大まかな特徴は、

 

 ■このこのごはん

 

  1. 小型犬向けのドッグフード
  2. 人も安心して食べられる厳選素材
  3. 小型犬に多い悩みに間接的にアプローチしてくれる
  4. 人工添加物不使用

 

 ■モグワンドッグフード

 

  1. グレインフリー&グルテンフリー
  2. 人工添加物不使用
  3. 動物性たんぱく質を50%以上含む
  4. 厳選した野菜やフルーツも贅沢に使用

 

今回は2種類のドッグフードを紹介しましたが、似ているようでそれぞれに違った特徴があります。

 

「このこのごはん」は小型犬のためだけに作られたドッグフードで、見た目から材料まですべてが小型犬に特化しています。

危険な人工添加物を使っていませんし、製造も人間の食品製造レベルの品質管理が行われているため、安心かつ安全なフードに仕上がっています。

別記事でも詳しく紹介しているのですが、このこのごはんはホントに開発者の「愛犬に安心してご飯を食べてほしい!」という熱い思いを感じられるドッグフードです。

小型犬に多い「涙やけ/毛並み/体臭」の悩みにもアプローチして作られているので、涙やけに悩むあなたにもオススメです。

「このこのこごはん」を詳しく見てみる

 

このこのごはんを詳しく解説した記事については、

【このこのごはん】ドッグフードの評価&口コミ評判を徹底調査してみた!

こちらも参考に読んでみてください。

 

逆に、「モグワンドッグフード」は愛犬の食いつきと健康にとことんこだわり抜いていて、愛用/リピートしている方がホントに多いドッグフードです。

このこのごはん同様に、人工添加物は一切使わず、なおかつ、穀物を使用しないグレインフリー&グルテンフリーなので涙やけのポメラニアンにも優しいです。

選び抜かれた原材料だけを使用していて、、たっぷりの野菜や果物、それと、良質なチキン(鶏肉)とサーモン(鮭)をベースにした動物性たんぱく質が50%以上も使われています。

涙やけの悩みもなんですが、これからのポメラニアンの健康を考えている方にもオススメできます。

モグワンドッグフードを詳しく見てみる

 

2種類それぞれに良い点があるので、ポメラニアンの体質や個性を考えた上で、愛犬に合ったドッグフードを一度試して見てくださいね^^

【まとめ】ポメラニアンの涙やけについて

それでは最後に、今回の記事のまとめをしていきます。

 

ポメラニアンが涙やけを起こす原因としては、

  1. 長く伸びた毛が目の中に入っている
  2. ほこりなどのゴミが目の中に入っている
  3. 花粉症
  4. 普段から水をあまり飲まない
  5. 現在のご飯が体に合っていない
  6. 涙道でのトラブル
  7. 食物アレルギー
  8. 体質的に鼻涙管が狭い
  9. 眼角形成不全
  10. 排泄のトラブル

上記の10つが、

 

そして、その対策としては、

  • 目の中に入った異物を取り除いてあげる
  • 花粉の多い時期や時間帯のお出かけは控える
  • お水を多く摂取してもらう
  • ドッグフードの種類を変える
  • 動物病院を受診する

上記の5つを紹介しました。

 

すべてのポメラニアンが同じ原因から涙やけを起こしているとは考えられないので、今回紹介した10つの原因すべてを一個ずつ確認していくと確実かもしれませんね。

まずは、身近な愛犬の様子から分かる、「目の中に毛が入っていないか」とか「あまり水を飲まない」とか「アレルギーの症状が出ていないか」という部分から始めてみると良いのかな思います。

と同時に、体に一番直結していて、ポメラニアンが毎日食べる「ご飯」も異なる種類のものに変えてみてください。

 

この記事で紹介したオススメのドッグフード「このこのごはん」は特に、小型犬専用フードで悩みにアプローチしたものを探している方に

「モグワンドッグフード」は豊富な動物性たんぱく質とグレインフリーなので、涙やけの悩み以外にも将来の愛犬の健康を考えている方に、という違いがあります。

 

これまで食べていたドッグフードをやめて、新しいドッグフードを食べさせるとなると不安のほうが多いとは思いますが、早いタイミングで「ポメラニアンの涙やけに気付けた」という事は、ホントにあなたは愛犬思いの飼い主さんなんです。それだけは自信を持ってくださいね!^^

 

このこのごはんの公式サイトはこちらから

 

モグワンドッグフードの公式サイトはこちらから

 

今後与えるフードも体質によっては合う合わないものが出てくるとはずですが、明らかな異常が見られなければ、1つのドッグフードは「2~3か月」を目安に食べさせ続けてみてください。

愛犬の個性に合わせて、愛犬に合った対策をしてあげることが一番だと、僕は思います。