愛犬の体重が気になりませんか?

「これから、どんな感じで増えていくのだろう…」

ときどき、そんな不安にも襲われます。

 

それもそのはず!

柴犬の子犬が成犬になる時期は、一生のなかで一番変化が激しいといってもいいぐらい。

柴犬に限った話ではなく、どの犬種でも子犬は特に変化が激しいのです。

だからこそ、柴犬が成犬になるときは体重のことで不安になります。

 

そこで今回、あなたが抱える柴犬の体重に対する不安を少しでも軽くできるように、

  • 柴犬の子犬から成犬までの体重推移
  • 柴犬の成犬時の大きさ

この2つを紹介していこうと思います。

Sponsored Link

柴犬の体重 成犬(オス/メス)はどのくらい?

ここでは、まず柴犬が成犬になったときの体重を紹介していきますね。

柴犬の体重は大人になると「9~11㎏」くらいにまで大きくなります。

 

さらに詳しく見ると、オスとメスに分けることができ、

  • オスの場合は「8~10㎏」
  • メスの場合は「7~8㎏」

このくらいが目安です。

 

柴犬の体の大きさを見れば「中型犬!?」と思ってしますが、こう見えても実は「小型犬」なのです(笑)

小型犬といったら、チワワやプードルが有名ですが…

 

どちらとも「3㎏」くらいの体重で、柴犬に比べたらめっちゃ軽い。

と言うか、柴犬が大きいだけですが…(笑)

とにかく、柴犬は小型犬の中ではひとまわり大きな体。

 

ですが、そんなこともあり、散歩の途中でほかの小型犬のわんちゃんたちに出会うと「うちの柴犬、体が大きいなぁ」と不安を感じることも。

不安になりますが、柴犬の個性として、生まれつき大きな体を持っているので気にしなくて大丈夫!

 

柴犬の子犬から成犬までの「体重推移」

子犬の柴犬が成犬になったときのイメージ、何となく出来ましたか?

柴犬の成犬が「9~11㎏」だったので、その体重を目安にしていこう!というわけです。

といっても、これからどんな風に体重の変化が起こるのか気になりますよね。

 

柴犬の子犬から成犬までの体重推移は、

  • 生後2ヶ月→およそ1.7㎏
  • 生後5ヶ月→およそ4.6㎏
  • 生後8か月→およそ5.8㎏
  • 生後11か月→およそ7.3㎏

こんな感じになっています。

 

おそらく、これを見て「ドキッ」とした人がいると思うので、ひとつだけ注意点を言っておきます。

ここで紹介したのは、あくまでも一つの例。

柴犬によっても成長のスピードが違っているので、これ通りにいくとは限りません。

 

っていうか、これ通りにいく柴犬のほうが珍しいくらいですから。

若干のズレ、もっというと1~2キロくらいの差は必ずある。

なので、紹介した体重推移と違っていてもあまり気にすることはありませんよ。

柴犬の特徴については、こちらにまとめているので参考にしてください。

柴犬の特徴見た目から性格まで|その人気と魅力とは!?

柴犬の体重には2つの悩みがある

ここまで、柴犬の体重推移を紹介してきました。

子犬から成犬になると、ある程度のところで成長が止まります。

つまり、完全に大人になったという証拠。

 

安定してホッとしたのもつかの間、今度は、

  • うちの柴犬、平均よりも重い…
  • うちの柴犬、平均よりも軽い…

こんな悩みが出てきます。

 

おそらく今は、「そんなことないでしょ!」と感じているかもしれませんが(笑)

でも、柴犬が大きくなったらきっと分かりますから。

成犬になってからの話なので少し気が早いですが、それぞれの場合の解決策を紹介していきますね。

柴犬が平均体重よりも重い場合の解決策

柴犬が生後1年を過ぎて成犬になり、体の変化もなく安定してきたとき、気付けば体重が平均を超えてた!

そんなときの解決策として、まずは「体の肉付き」を確認してみてください。

柴犬の体に触れてみて「肋骨」に触れれるようなら”骨太”という場合もあるかもしれませんが、問題はありません。

 

しかし、

  • 肋骨が触れない
  • 肋骨がどこにあるのか分からない

こんな場合はあきらかに「肥満」です。

 

今すぐにでも、運動や食事などの生活環境を見直さないといけません!

初めに見直すなら、個人的には「食事」が一番手っ取り早いかと。

肉付きを確認したあとは、「便」の調子を見てください。

 

体重が重くなる原因のひとつとして、餌のあげすぎと言うことがありますが…

餌を多く食べていると摂取するカロリーが増えて、最終的には「肥満」になります。

 

しかし餌の量があっていないと、体重は増えても「毎日下痢」というようなことが起こります。

柴犬が下痢を起こしたときのポイントをまとめています。

 

愛犬柴犬が、

  • 軟便
  • 下痢

を2~3日に一回蔵のペースでするときは、餌の量を見直してみましょう。

改善してあげれば、下痢もなくなりますから。

 

「肉付き」「便」の確認が済んだら、あと考えられるのは「柴犬の個性」のみ。

もともと、大きく成長する柴犬なのかもしれません。

毎日元気に過ごしているんだったら、いつも通りの生活を続けてください。

 

柴犬が平均体重よりも軽い場合の解決策

柴犬が生後1年を過ぎて成犬になり、体の変化もなく安定してきたとき、気付けは体重が平均よりも軽い!

そんなときの解決策としては、まずはさっきと同じように「肉付き」を確認してください。

 

さっきとは違い、ここでは見た目で判断をします。

肋骨のゴツゴツしたのが感じが見えるなら、「痩せている」と思ってください。

 

  • 餌の量が少ない
  • 何かの病気になっている

この2つが考えられる原因かと。

餌の量が少ないときは、便の調子を見ながら徐々に増やしてみましょう。

いきなり増やすと柴犬が下痢になってしまうため、毎日少しずつが増やしていくことがポイントです。

 

病気が原因として考えられるときは、一度、動物病院で診察を受けてみてください。

「痩せる」ってことは、おそらく表面上の問題ではなく体の内側に何か原因があるのだと思います。

例えば、癌(がん)だったり、肝不全だったり…

 

絶対とは限りませんが、動物病院に連れて行ってあげることが一番の解決策。

平均体重よりも軽い理由として、もうひとつ、柴犬の生まれ持った「個性」があります。

みんなが同じ大きさに成長するわけではないので、このことも忘れずに。

Sponsored Link

柴犬が成犬になったときの「見た目」や「大きさ」は?

平均より体重が「重い場合」と「軽い場合」の紹介してきたので、これから悩むときがあっても心配はありません。

どちらの場合にしても最初にすることは「肉付きを確認!」

これが大切です。

 

さて、柴犬が子犬から成犬になるときのイメージ、もうそろそろ出来上がりましたか?

おそらく、あと一息ってところまで来ているのでは?

さっきまでは柴犬の体重の話だったので、今度は「大きさ」について少し話をしていきますね。

 

柴犬が子犬から成犬になるとき、体重は生まれてすぐの「200g」くらいから平均体重の「11㎏」くらいまで成長します

そうなると当然、見た目にも変化があります。

大きさは変わらないのに、「体重だけ増える」っていうのは動物の場合ありえませんから(笑)

 

柴犬の見た目がどんな風に変わるかと言うと、「手のひらサイズ」から「抱っこをしてやっと抱えるサイズ」にまで大きくなります。

子犬までは、抱っこすることくらい楽勝!って感じるはず。

 

でも、時間が経つにつれて柴犬の体も徐々に大きくなり、ついには抱っこさえも大変になることも。

「成長する」というのはこういうことですから、素直に受け入れましょう。

 

ちなみに、柴犬の子犬です↓

 

柴犬の成犬↓

 

具体的な柴犬の大きさを紹介するとすれば、足の先から頭のてっぺんまでの長さ(体高)は「36㎝~40㎝」くらいにまでなります。

柴犬の頭が、ちょうどあなたの膝下(ひざした)くらいにあるイメージです。

顔つきも子犬のホヤっとした優しい感じから、少しキリッとした顔立ちに変化していきます

大きくなれば見た目にも変化があるので、今のうちにチャーミングな柴犬の姿をたくさん写真に残しておきたいですね^^

 

柴犬は子犬から成犬になると「中身」は変わるの?

それから、柴犬が子犬から成犬になるとき、体重や大きさなど見た目にも変化があるかもしれませんが、もうひとつ気になる部分がありませんか?

そうです、中身の変化!

見た目は大きくなるけど、中身はどうなの?って話になりませんか。

 

柴犬が子犬のときは、もちろん中身は「幼稚」です。

どんなときもものすごい元気があって、どんなに小さなことでも気になってしょうがない。

つまり、活発で好奇心旺盛なのが、この時期なのです。

 

これが成犬になると、考え方も打って変わって「大人」になってきます。

どんなときでも元気だったのが、元気であること自体は変わらないけど、場を考えて元気の良さを使い分けたりするようになります。

散歩は100%の元気で、家の中では60%の元気で、こんな風に。

 

また、好奇心旺盛なのも落ち着いて、興味の対象とするもの自体が変わっていきます。

小さい頃は、動くものに興味をしめしていたのに、大きくなると食べ物や同じ柴犬に興味を引くように。

 

人間が子どもから大人に成長するように、柴犬も精神的な面で成長するにつれて変化していくのです。

体重だけでなく、中身の面でも柴犬はどんどん大きくなっていきますよ。

柴犬の中身については、こちらを参考にしてください。

柴犬の性格は恐れ知らずってホント?柴犬が自信満々な理由とは…

 

柴犬の平均体重を維持するための2つの方法

精神的な面で変わったとしても、最終的に気になるのは、やはり「体重」です。

柴犬も今は子犬かもしれませんが、いずれ大きくなると「肥満」が気になるときが…

少しプヨプヨしている柴犬のほうが飼い主からすればかわいく見えますけど、見えない部分で体のほうには結構な負担がかかります。

 

重くなってしまうと、

  • 病気のリスクが高くなる
  • ケガをしやすくなる
  • 運動が減る

など、良いことは一つもないのです。

 

だからこそ、「将来的に増えないようにすればいいや!」とは思わず、柴犬が成犬になる前から、子犬の今こそ体重管理には十分注意してほしいと思っています。

今からできる体重を維持時する方法としては、

  1. 運動
  2. 食事

この2つです。

1.運動

もともと柴犬は、めっちゃ運動が大好きな犬種。

そのため、なるべく多い散歩が好きです。

しかし、柴犬が子犬のときは散歩よりも先に、

  • ワクチンを打ち
  • リード/ハーネスに慣れさせること

この2つが優先です。

 

いきなり本格的な散歩をしてしまうと、外の世界に慣れていないこともあり、「楽しい散歩」と言うより「怖い散歩」というイメージが付いてしまうかもしれませんから。

ある程度慣れてきたら、本格的な散歩を始めましょう。

 

柴犬が成犬になってからか、もしくはある程度大きくなれば、運動もたくさん必要になってくるため最低でも1日30分を2回を目安にしてください。

アップダウンのある散歩コースだと、柴犬も満足してくれますよ^^

 

体重を維持するためにも運動は欠かせませんから、10分、20分でもいいので毎日するようにしましょう。

もし忙しくて散歩の時間がなかったときは、その分、ボールを投げて遊んだり、紐で引っ張り合いをしたり、ストレス発散ができるような遊びを一緒にしてみてくださいね。

2.食事

「子犬の時期」というのは、心も体も大きくなるときだからこそ、柴犬の食事にも気を使います。

柴犬は子犬から成犬になると思いますが、その間に「成長期」という時期があります。

この時期は、成長のなかで一番カロリーが必要で、同時に食事の量も増えてきます。

 

もしかすると、今まさにあなたの愛犬柴犬はこの時期なのかも!?

将来の体の土台をしっかりする作るためにも、質の良い餌をあげてくださいね。

 

質の良い餌とは、

  • 犬が必要とするタンパク質が多め
  • ビタミンやミネラルが程よく入っている
  • 栄養バランスの整っているもの

 

そう言われても、全部がそろっている餌なんて、そうそう見つけられませんよね。

ドッグフードと言っても、いろんなものありますから。

 

どの餌が良いのか迷うと思うので、ここでひとつ紹介していきますね。

栄養バランスの良いドッグフードなら、プレミアムドッグフードの「カナガン」です。

 

タンパク質が多くて、ビタミンやミネラルも入ってて、何より僕たちが食べれる素材を使っているため安全面でもバッチリ。

柴犬の将来のことを思うと、今から質の高い食事を心がけるほうがいいのかなと個人的には思っています。

体重を維持するという面でも、栄養バランスがしっかり整っているので「カナガン」は安心ですよ。

 

まだ子犬でしょ!

と思うかもしれませんが、生きるためには食事は大事。

そのためにも、愛犬柴犬の餌には気を使ってみてください。

柴犬の体重で悩んむときにすること

柴犬は成犬になると「9~11㎏」の体重になります。

しかし、柴犬みんなが同じように成長するわけではありません。

ひとりひとり少しずつ違った大きさになっていきます。

だから、愛犬柴犬にも愛犬柴犬に体に合った体重というのがあるのです。

 

どうしても他の柴犬を比べてしまうと、「大きい」「小さい」と言うことで不安になると思います。

でも何度も言っているように、体重は柴犬によって違います

大きくても小さくても、その子はその子!

 

他の柴犬とは比較しなくていいんじゃないかなと、僕は思います。

もし体重が気になるようであれば、動物病院で相談してみたり、質の高い餌に変えてみてくださいね。

柴犬のついては、

こちらも合わせて読むと参考になると思います。

Sponsored Link