「猫ちゃんは傷口をなめることがあるかもしれませんが、出血でなければ大丈夫です」

と、獣医さんから、去勢後の説明で言われませんでしたか?

 

言われたときは、「あっ!そうなんだ」と納得したかもしれません。

でも、いざ家に帰ってみると、あなたの想像と違ってませんでしたか?

猫は去勢後に傷口をなめる

そう言われたけど、あまりにも頻繁に舐めているから不安に…

 

実は…、僕もそうでした。

1週間くらい前に、うちの愛猫たち(ジェリーとチビ)の去勢を終えたのですけど…

 

2人とも去勢後に傷口をなめまくってて、心配でたまんなくて…

ここでは、あなたの不安を解消するために、愛猫が去勢後に傷口をなめることについて、僕の経験(愛猫たち)を話していきます。

Sponsored Link

猫が去勢後に傷口をなめるけど、問題ないの?

去勢後に愛猫が傷をなめまくっている姿を見ると、どうしても不安になります。

その気持ち、めっちゃ分かります。

 

分かるからこそ言いますが…

ぶっちゃけ出血がなければ、大丈夫です

 

うちの愛猫たちも去勢後すぐに傷口をなめていたのですけど、何も問題ありませんでした。

舐め過ぎで少し術部が腫れていましたが、血が出ることはありませんでしたから。

 

もし、血が出た場合は心配したほうがいいかもしれませんが。

猫の去勢後に血が出ない場合は、おそらく心配しなくて大丈夫です。

そんな風に獣医さんも言っているので、その言葉を信じましょう。

 

正直、僕も最初、「猫は去勢後に傷口をなめることがあるかもしれませんが、大丈夫ですよ」という言葉、全くと言っていいほど信じてませんでしたから(笑)

だって術部をなめたら、ばい菌が入ってしまうじゃないですか。

 

そんなことを思いつつも、不安はありましたが獣医さんの言葉を信じて、傷口をなめている愛猫たちの様子を見ていました。(様子を見るのは出血してないことが前提です)

去勢をした日が一番舐める回数が多かったのですけど、その日も愛猫たちに異常はありませんでした。

 

終わって1週間がたった今では、術部をなめることもほとんどありません。

つまり…、獣医さんの言った通りだったのです

 

初めは傷口をなめることに対して、不安を感じるかもしれません。

僕もそうでしたから。

だけど、出血さえなければ大丈夫です^^

Sponsored Link

猫の去勢後、なめすぎで傷口が開くことってあるの?

とは言っても、大切な愛猫がに傷口をなめる姿を見ると、どことなく心配になりますよね。

「傷が開いてしまわないだろうか」という不安。

 

そのことについて、うちの愛猫たちの経験を話していこうと思うのですけど、まず最初に一つ注意があります!

これから話すことはイメージすると「ゾッ」としてしまうから、なるべくイメージしないことをおすすめします。

 

愛猫たちの去勢は、一般的に多い「縫合なし(切除した部分を縫わない)」での手術だったので、去勢後は傷口が生々しく残っていました。

血は出てませんが、縫っていないから切除した部分がまるわかりで…

見てて、痛々しかったです、僕は。

 

(左が愛猫チビ、右が愛猫ジェリーです)

 

そんな愛猫たちは、頻繁に傷口をなめていたのですけど、「傷が開く」と言うことまではありませんでした

どこまでが開いていて、どこまでは開いていないかは僕には分かりませんが…(苦笑)

僕の見た限りでは、傷が開いている様子はなかったかなと。

 

でも…、凄いと思いませんか?

「猫ちゃん」って、傷口の縫合なしでもちゃんと治るのですから。

ちなみに、もしあなたの愛猫が縫合しているなら、縫合に使われている「糸」を見てみてください。

 

使われる糸には、

  • ワイヤー的な糸
  • 溶ける糸(吸収糸)

この2種類があるので。

 

抜糸をしなくて済むのは「溶ける糸」のほうで、抜糸をしないといけないのが「ワイヤー的な糸」です。

縫合しているなら、どっちなのか確かめてみてください。

 

話を戻すと、うちの愛猫たちの場合、頻繁に傷口をなめていたのですけど、開くことはありませんでした。

あまりにも舐め過ぎている場合だと、傷口が開いてしまうことがあるかもしれませんが、ある程度なら大丈夫だと思います。

 

僕が愛猫の去勢で悩んだことについては、こちらも参考にしてください。

 

猫が去勢後に傷口をなめ過ぎるのは良くない?かさぶたが取れちゃうの?

愛猫の去勢後、ある程度の舐めなら、傷口が開かないことは分かってもらえましたか。

 

でも…、さすがに、

「舐め続けてたら、傷は悪化するでしょ!?」

なんてこと思いませんでしたか?

悪化するか悪化しないかで言うと…、傷は悪化はします

 

なぜなら、

  • 猫の口の中にはものすごい数の菌がいる
  • 治る途中だと「かさぶた」が取れてしまう

この2つの理由があるからなのです。

 

見かけによらず猫は、もともと口にたくさんのばい菌を持っています。

いっけん清潔そうな感じがすると思うんですけど、意外に不清潔なのですよ。

 

僕は以前、愛猫のジェリーに手を噛まれたことがあって、そのときは、手が通常時の2倍くらいに腫れ、病院に4日間通うはめになりました。

そんなことがあったから、猫の口が「不清潔」だと言うことを知っています。

 

ちなみに、コレがその時の写真です↓

 

そのときの体験については、

こちらに詳しくまとめています。

 

僕の手が腫れるくらいならいいですけど、去勢後、自分で自分の術部をなめて腫れてしまったら、シャレにならないですから。

猫自身が、去勢後の傷の治りを遅くし、悪化の原因になるかもしれません。

それから、傷口をなめ続けると、傷の治りをサポートしてくれる「かさぶた」も出来にくくなります。

 

去勢後の傷が治りかけのところをなめるわけですから、当然、治りも遅くなってしまいます。

最悪の場合、ばい菌が入って、腫れたり、出血したりすることも…

そうならないためにも、愛猫に傷をなめさせないのが一番!

 

だけど、そんなことはおそらく無理。

なのでせめて、愛猫が術部をなめる回数を減らしてあげてください。

 

愛猫を見ているときだけでいいので、去勢後の傷口をなめようとしたら止めてあげましょう。

たったこれだけかもしれませんが、全然違いますから。

なめ続けると悪化の原因になるため、そんな対策をしてあげましょう。

Sponsored Link

猫が去勢後に傷口をなめる理由とは

個人的に気になることがあるのですけど…

うちの愛猫たちも、あなたの愛猫も、どうして猫は去勢後に傷口をなめるのでしょうか?

考えたこともないと思うので、少し調べてみました。

 

猫が体をなめる理由は大きく分けて5つあるみたいです。

  • 体のニオイを消す
  • 体を清潔にする
  • 体温調節をする
  • 気持ちを落ち着かせる
  • かゆい所を掻く

この5つが、猫が体をなめる理由なのだそう。

 

去勢後に傷口をなめるわけだから、ニオイを消したり、体温調節だったりだと理由が少し違ってくるのかなと。

だとすれば、

  • 傷口の周りを清潔にしている
  • 傷の痛さから気持ちを落ち着かせている
  • 傷口がかゆい

この3つが理由として考えられるかと思います。

 

猫が傷口をなめる理由は「ストレス」を感じているから!?

個人的に猫が傷口をなめる理由は「気持ちを落ち着かせる」ためなんじゃんないかなと。

愛猫たちを見てて、そう思いました。

 

猫はストレスを感じたとき、

  • 自分の気持ちを落ち着かせる
  • 精神を安定させる

このような理由で「カーミングシグナル」と呼ばれる行動をとります。

 

例えば、自分の体をなめたり、あくびをしたり、体をふったり…

こんな行動をするとき、愛猫は何かにストレスを感じています。

今回の場合なら、去勢手術がストレスに…

 

それに、体の一部を切除していることもあるから、相当ストレスを感じているはずです。

人だったら、結構大きな手術をしたことになるから、ストレスを感じずにはいられませんよね。

 

うちの愛猫たちも、傷がストレスなのか、気になるか分かりませんが、去勢後1日は1分おきくらいに術部をなめていました。

10~20秒くらいなめて、しばらくしてまたなめる、その繰り返しで。

やっぱり、去勢自体がストレスに感じるのだと思います。

Sponsored Link

猫の去勢後になめないようにするための対策

もし愛猫があまりにも頻繁に傷口をなめて、心配に思っているなら、

  • エリザベスカラーを付ける
  • あなた自身がなめる前に止める

この2つの対策をしてみてください。

エリザベスカラーとは、傷口の悪化を防ぐために、猫の首につけるプラスチックの道具

 

一つ目の「エリザベスカラー」は、病院でも一番多く使われていて、去勢後の猫の首に付けるだけで簡単にできる対策です。

「手軽」と言うメリットはありますが…

 

逆に、エリザベスカラーを付けることで、猫によっては今以上にストレスを感じてしまうことも。

猫それぞれ好みが違うため、メリット・デメリットを確認しながら、愛猫に合うかどうかを一度試してみましょう。

 

これが、エリザベスカラー↓

 

二つ目の「あなた自身がなめる前に止める」は、エリザベスカラーを付けるのが苦手な猫ちゃんにはおすすめの対策です。

ストレスをかけることなく出来るため、愛猫に優しい方法となってます。

だけど、舐めようとするのを止めないといけないので、根気と手間が必要です。

 

僕の体験では、去勢後1日は頻繁に傷口をなめようとします。

しかし2日目、3日目と時間が経つにつれて、なめる回数も自然と減るかと。

最初の一日を乗り越えれる根気強さがあるなら、あなた自身がなめる前に止めることも全く問題ありません。

 

猫の去勢後のなめる対策、僕のおすすめは!

紹介した2つのうち、どちらを気に入りましたか?

個人的には、エリザベスカラーもおすすめですが…

愛猫のことを思うと、2つ目に紹介したほうがいいのかなと。

 

僕たち飼い主がしっかり止めてあげたほうが、去勢後、やりっぱなしになることはありませんから。

それに、去勢自体がストレスなのに、去勢後のエリザベスカラーでもっとストレスを感じてしまうかもしれませんから。

 

うちの猫たちも、そういうことを考えて、あえてエリザベスカラーは使いませんでした。

よっぽどのことがない限り、極力あなた自身の手で愛猫を止めてあげましょう。

と言うわけで、僕は「あなた自身がなめる前に止める」という対策をおすすめします!

猫の頻繁に「なめる」が気になるときは

去勢後、愛猫が傷口を頻繁になめると心配になります。

猫自身も去勢をストレスに感じていて、思わずあなたも不安な気持ちになると思いますが、

  • 傷口がブクッと腫れる
  • 出血がある

 

このようなことがなければ、心配しなくても大丈夫です

なめまくっているうちの愛猫たちも、問題ありませんでしたから(笑)

 

去勢後、気になことがあれば、すぐにかかりつけの先生に相談してみるといいと思います。

愛猫の些細な行動であっても、きっと相談に乗ってくれますから^^

去勢をすると猫は太りやすくなると言われているので、肥満には気を付けましょう。

対策についてはこちらも参考にしてみてくださいね^^

長寿猫になるための「肥満解消」の方法とは!?

猫の去勢後の餌、選ぶときの5つポイント!

Sponsored Link