「愛猫の爪切りをしないといけない」

「でも、爪を切ろうとすると嫌がるから…」

愛猫がなかなか爪を切らせてくれなくて、どうしようもない気持ちになっていませんか?

 

猫の爪を切るのってホントにひと苦労ですよね。

実を言うと僕も、今まさにあなたと同じ状態なのですよ。

愛猫のチビが爪切りを嫌がって、なかなか切らしてくれなくて…

 


(愛猫チビ)

 

切らせてくれないからと言って、何日も切らないともう大変なことに。

かと言って、切ろうと思っても簡単には切らせてくれない。

そんなある時、僕はある秘策を発見しました!

そのおかげで多少は嫌がる様子を見せますけど、以前ほどの大変さはなくなりました^^

 

というわけで今回は、猫が爪切りを嫌がるときの対策や僕が実践している秘策について詳しく紹介していきます!

Sponsored Link

猫の爪切り 嫌がるときの対策は2つ!(秘策以外で)

それではまず、僕が実践している秘策以外で猫が爪切りを嫌がるときの対策を紹介します。

対策は以下の2つです。

1.「タオル」を使う

爪切りのときに嫌がるのであれば、猫の体を”タオル“で覆(おお)ってあげてください。

例えば前足の爪を切るときなら、前足より下をタオルで覆ってあげて、爪を切っていきます。

後ろ足で動かして動こうとすると思いますが、タオルのおかげで全然平気ですよ^^

 

おそらく、ふつうに爪を切るよりも、猫が落ち着くと思うのでかなりスムーズに作業が出来るんじゃないかと。

それから、ハンドタオルよりもバスタオルくらいの大きさがいいですよ。

大き目だと、たとえ愛猫が爪を出したとしても、あなたのケガを減らすことが出来ますから^^

2.洗濯ネットを使う

爪切りのときに嫌がるようであれば、「洗濯ネット」を使ってみてください。

「洗濯ネット」と言っても、普段の洗濯で使うものじゃなくて、猫ちゃんの捕獲をするときに使うネットです。

 

使い方は猫を洗濯ネットの中に入れて、ネットの網目から出た爪をチョンと切るだけ。

「これだけ!?」って思うかもしれませんが、実際これだけです(笑)

あとはあなたの腕次第!

 

言い忘れてましたが、「ネット」は猫の体よりも少し大きめのサイズを選ぶといいかと。

それに網目のサイズも小さめよりかはある程度大きめなものをおすすめします。

家にない場合は近くの動物病院で猫のネットについて聞けば、買うことが出来ますよ。

 


 

この2つが猫が爪切りを嫌がるときの対策です。

あくまでも個人的な考えですが、洗濯ネットよりも「タオル」のほうをおすすめします。

 

しやすさの面を考えると断然「洗濯ネット」かもしれませんが、愛猫のことを考えると、どうか気が引けちゃうんですよね…(苦笑)

「愛猫が苦しんじゃないだろうか」と思う気持ちがあって、僕は”タオル”での対策をおすすめしてみました。

人それぞれ向き不向きがあるので、まずは2つの対策を実際に試してみるといいのかなと。

 

猫の爪切り【僕のしている秘策を発表します】

それでは、お待ちかねの「秘策」を発表しますね。

最初に言っておきますが、大したことじゃなくてもガッカリしないでください。

 

愛猫チビの爪切りのときにしている対策は「猫じゃらしを使う」という方法です!

 

爪切りを嫌がる愛猫チビを見て、「大好きな猫じゃらしと組み合わせてみたらどうだろう」と思い、試してみたことが始まりです。

試してみると、見事にヒット!今も猫じゃらしを使って爪を切っていますから。

 

やり方は至ってシンプルで。

猫じゃらしを動かして猫ちゃんの気を引き、気をそらしている間にチャッチャと爪を切れば終了です。

切った爪の場所を覚えておけば、次が迷わないからもっとスムーズに切ることができます。

 

それから、爪切りをする時も猫には休憩が必要なので、爪を切るのはナシにして1回ごとに猫じゃらしだけで遊ぶ時間を作ってください。

上手に猫じゃらしで遊ぶことができれば、爪切りと同時進行でも愛猫も満足してくれますから。

 

猫ちゃんとの遊び方について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

これを一人でしようと思うと相当大変なので、出来れば「2人」で行うことをおすすめします。

というわけでこれが、爪切りを嫌がる愛猫に実際にしている秘策です。

愛猫が嫌がって、なかなか爪切りができないなら、騙されたと思って一度試してみてください。

Sponsored Link

猫が爪切りを嫌がるなら、「やめる」が効果的なの!?

タオルだったり、洗濯ネット、猫じゃらしなど、いろいろ対策方法を紹介してきましたが、個人的に思うことがあって…

 

ぶっちゃけ嫌がっているのを抑えて、爪切りをするのって大変ですよね。

と言うより、モヤモヤした気持ちで淡々(たんたん)と爪を切るなんて嫌ですよね?

それなら一歩譲って、こんなことをしてみたらどうでしょうか。

 

「素直にやめる」という事を。

 

実際、僕も愛猫の爪を切るときに嫌がるそぶりを見せたら、すぐにやめるようにしてます。

嫌がると言うことは「やめて」という合図ですから。

ちなみに猫の気持ちはしっぽを見るだけで読み取ることができるのですよ。

 

猫ちゃんの気持ちについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

嫌顔で続けても関係が崩れるだけなので、やめたてしまったほうがお互いにとって「得」だと僕は思います。

でも、「そんなことを言ってたら、いつまでたっても爪を切れない!」と思っている方もいるかと。

なので、どうしても爪切りを切らないといけない場合であれば、タオルや洗濯ネットを使って爪切りをしてあげましょう。

 

一番に優先してほしいのは、やはりあなたと愛猫との絆を維持しながら、いかに爪を切ることができるか。

これにコミットしてほしいです。

Sponsored Link