愛猫のこんな不思議な行動、見たことありませんか?

「何かに呆然とした感じで、口を半開きにして、口だけを開けたり閉じたり」

 

きっと、一度は見たことありますよね、おそらく。

もっと具体的にいったらそうですね…例えば、愛猫が足の臭い匂いを嗅いだときなんか。

「おえっ!臭い」と言わんばかりの顔をしていませんか?

 

口をポカーンと開けた感じで。

実はこの行動こそが「フレーメン反応」と呼ばれているものなのです!

 

というわけで今回は猫のフレーメン反応について

  • どんな反応なのか
  • どんな働きがあるのか
  • どんな時に見せる行動なのか

この3つを紹介していきます。

僕の愛猫たち(ジェリーとチビ)が見せるフレーメン反応も紹介します、最後のほうで…(笑)

Sponsored Link

愛猫がする「フレーメン反応」って何ぞや!?

「フレーメン」と言われて、ロバ・イヌ・ネコ・ニワトリたちが活躍するお話をイメージする方もいるかと思いますが…

 

あっ!それは「ブレーメン」、ここで言っているのは「フレーメン」ですからね(笑)

 

たった「ブ」と「フ」の違いなので間違えないように気を付けてください。

まぁ、おそらくそんな勘違いをしていたのは僕だけだと思いますが、ですよね!?(苦笑)

 

この話は置いといて…

「フレーメン反応」というのは、猫の口の中の前歯の裏側にある1センチよりちょっと長いくらいの細い管(ヤコブソン器官)に、すった空気を押し当てて、匂いを嗅ぐ行動のことを言います。嗅覚と味覚の両方に影響を与えているそうです。

 

猫の味覚について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

愛猫が口を開けたり閉じたりしているのも、すった空気を押し当てているためなのですよ。

この行動のときは、顔がしかめっ面(つら)になるから、観察していればきっと分かるはず。

 

余談で言うと、「ヤコブソン器官」と言うもので嗅いだニオイをを濃縮させ、香りを感じやすくするそうですよ。

詳しく知っておきたいという方は、覚えていたほうがいいですよ^^

 

猫のフレーメン反応の働きは、ただ一つ!!

それから猫の「フレーメン反応」の働きはと言うと、「匂いを嗅ぐ」です

 

とにかく、匂いを嗅ぐだけじゃ物足りないとき、もしくは、もっと詳しく知りたいときにする行動。

「これだけ?」とあなた自身が物足りなさを感じているかもしれませんが、大まかに言うとこんなところ。

 

でも、「嗅ぐ」を詳しく分けてみると、

  • 尿などから相手の情報を読み取る
  • フェロモンを察知する
  • 縄張りの判別

いろいろありますが、選(え)りすぐりがこの3つかなと。

 

猫は詳しく情報を知りたいと思ったとき、ヤコブソン器官を使って、フレーメン反応を行うのですけど…

尿の匂いを嗅ぐ場合だと、そのニオイから相手の情報、いわば「個人情報」を読むことができるのですよ!

ニオイを嗅ぐだけでそんなことが分かるなんて、「スゴい!」としか言いようがありませんね(笑)

 

フェロモンの察知だと、猫のなかでもオス猫に多く見られ、家猫であっても外猫であっても、フェロモンの香りがすれば「フレーメン反応」をするようになりますよ。

もし、愛猫が口を開けたり閉じたりしていた時は、ひょっとすると”フェロモン”の匂いがするのかもしれません。

 

それから、縄張りの判別だと「縄張り」っていうものの、はっきり線が引かれているわけでもありません。

そのため、うっかり相手の縄張りに入ってしまうことも…

それを未然に防ぐのが、「フレーメン反応」の役割。より詳しいニオイを嗅いで、縄張りの判別をしているというわけですね。

 

もっともっといろんな働きがあるのですけど、全部話していくと相当な数になるので、この辺で終わります(笑)

次いでなので言っておきますが、実はフレーメン反応をするのは猫だけではありません

 

ネコ科のライオンもするし、馬もするし、さらには、ヤギ・シツジだってするのです。

ビックリ仰天でしょ!^^

Sponsored Link

僕の愛猫たちが見せる「フレーメン反応」とは…

そんな猫の「フレーメン反応」ですが、一体どんなときに見せる行動なのか気になりませんか?

と言うわけで、うちの愛猫ジェリー・チビの場合を紹介したいと思います。

 

まずは、愛猫ジェリーから。

ジェリーは半家猫のため、一日に3回は規則正しく散歩に行きます。

 

愛猫の散歩について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 


(愛猫ジェリー)

 

もちろん、どこに行くのか分からないから”ハーネス”を付けますが…(笑)

「なかなか珍しい猫ちゃんだな~」と思っているかもしれませんが、うちの場合はそうしてますよ。

 

さてさて、そんなこんなの散歩の途中、僕は見てしまいました。

草むらに入って、草をクンクン匂っている姿を

口を半開きにして、開けたり閉じたりしていました。

おそらく他の猫ちゃんの匂いを嗅いでいるんじゃないかなと、個人的には思ってます。

 

次は、愛猫チビ

まだ子猫で、先のことは分かりませんが、完全な家猫になる予定です。

そんなチビは、家のなかのマーキングした場所を匂ってフレーメン反応を見せます。

 

「マーキング」の張本人は、愛くるしい顔をした愛猫ジェリー(笑)

家の中には、いたるところにマーキングの後が…

別にきれいに拭いていないわけじゃなくて、拭いてもどうしても匂いが残ってしまうのですよ。

 

猫のマーキングについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

その匂いを愛猫チビが”フレーメン反応”で嗅いて、ジェリーの情報を読み取っています。

そのこともあって、最近、妙にジェリーのマネを始めて…

いいマネならいいけど、悪いマネもしちゃうから、ちょっと困ってますね…(苦笑)

 

愛猫の2人が見せる「フレーメン反応」はこんな感じです。

あなたの愛猫は、どんな行動を見せますか??

 

猫のフレーメン反応をまとめてみた

「フレーメン反応」についてまとめると、

  • ヤコブソン器官に空気を押し当てて匂いを嗅ぐ行動
  • 詳しいニオイを嗅ぐ働きがある
  • フェロモンの察知
  • 縄張りの判別
  • 相手の情報を読み取る

簡単ですけど、こんな感じです。

 

あなたはこれまでに何回のフレーメン反応に出会いました??

手で数えきれるほどですか?

 

いやいや、そんなことはないはず。

おそらく、100回は目にしていると思いますよ、きっと。

 

「見たことない」と思っているなら、生活の中で地味かもしれませんが、愛猫の行動を観察してみてください。

そうすれば、少なくとも1回は見ることができますよ^^

観察をしてみると、意外に多く目にすることになるかもしれません!

Sponsored Link