短い足がチャーミングでかわいい猫種のマンチカン。

しかし、いざマンチカンを家族に迎えるとなると、「しつけやすさ」って気になりませんか?

 

  • トイレの場所をちゃんと覚えてくれたり…
  • 成長するにつれて甘噛みがなくなったり…

これからの生活に大きく関わってくる問題でもありますからね。

というわけで今回はマンチカンがしつけやすい猫種なのかについて詳しく話をしていきます。

Sponsored Link

マンチカンってしつけやすい猫種?どんなしつけ方をすればいいの?

基本的にマンチカンは「賢い性格をもった猫種」と言われています。

そのため、しつけの面でも伝えたい事をしっかりと伝えてあげれば、大きな苦労をせずに覚えてくれるでしょう。

 

ですが、賢い性格の一方で、マンチカンは「臆病」な性格の持ち主でもあります。

トイレや甘噛みなどのしつけ自体は簡単でも、求めていることに答えてくれなかったときの対応の仕方次第では、マンチカンとの信頼関係にも大きく影響する場合も。

 

マンチカンについては、

こちらの記事も読んでみてください。

 

例えば、トイレのしつけで、トイレを置いている場所以外で用を足してしまったとしますね。

そんなとき、あなたならどうしますか?

もし、しつけの一環として「たたく」や「大きな声で怒鳴る」を考えているのであれば、それは絶対に止めてください。

 

マンチカンの性格には「臆病」な一面がありますから、「恐怖」によるしつけをしてしまうと、しつけを覚えるどころか、あなたを見ただけで逃げるという事にもなるかもしれませんから。

恐怖を使ってしつけをするのではなく、マンチカンが「やって良かった!」や「楽しい!」そんなしつけを心がけましょう。

具体的にいうと、しつけに参加することで、マンチカンに損はなく得をするような状況を作ってあげるのが良いかと思います。

 

トイレのしつけの場合で言えば、「ここでしてほしい!」という場所にきちんと用を足してくれた時、褒めたり、ご褒美に大好物のおやつを与えるといいでしょう。

万が一、普段ならつい怒ってしまうような事があったとしてもグッと我慢し、恐怖を与えるのではなく「無視」だけをしてくださいね。

Sponsored Link

マンチカンの「しつけ」でやったらいけない3つの事

マンチカンにしつけを行う上で、「これだけは避けてほしい」というポイントを3つまとめてみました。

たたくや怒鳴るなどの恐怖を使って教え込む

先ほども紹介したように、マンチカンは臆病な性格をもった猫種でもあります。

しつけの一環でたたくや怒鳴るなどの恐怖を与えてしまうと、しつけを覚えてくれないどころか、マンチカンとの絆も壊れてしまうかもしれません。

恐怖で解決しようという考えは、しつけでは逆効果ですので、カッとなっても絶対にやめましょう。

短時間で覚えてもらおうとする

マンチカンなどの猫は、犬と違ってマイペースで自由奔放な生き物ですから、基本、自分の気が向いたときにしかあなたを相手にしません。

ですので、何かを覚えてもらおうとしたときでも、猫に短時間でしつけを行うのはほぼ無理。

ひとつのしつけをする時でも、短時間ではなく、長い目でマンチカンと向き合っていく必要があるという事です。

マイペースで自由奔放なのは「猫」という動物であるかぎり仕方ないことなので、本来の姿を尊重してあげながら、いかにしつけを行うかが重要なポイントになってきそうです。

無理やり覚えさせようとする

もともとの猫は「縛られることを嫌がる」性格を持っているため、無理やり押し付けるようなしつけは好みません。

おそらく、マンチカンも「しつけられている」という雰囲気を察すると、プイと背中を向け興味を示さなくなってしまいます。

しつけを行う上では覚えさせることを目的とするのではなく、基本しつけは楽しいんだよっていうのを感じてもらいながら、その延長上に最終的には覚えてもらう。

そういう気持ちをイメージしてもらうといいかと思います。

「しつけ=楽しい」とマンチカンに感じてもらうためにも、少しでも進歩があれば、褒めたりご褒美を与えてみてください。

マンチカンのしつけの悩みを解決!①トイレ編

猫のしつけで多くの人がつまずいてしまう悩みとして「トイレのしつけ」があります。

基本的にはマンチカンも、他の猫と同じ手順でトイレを覚えてもらう事ができます。

 

一番最初にしなければいけないのは、まずは「マンチカンがトイレが出来る環境を整えてあげること」です。

具体的にトイレを置く場所を決めたり、猫用トイレそのものや砂やシートの用意などが、ここで終わらせておきたい手順になります。

 

トイレを置く場所については、

  • 周りが静かで安心して用を足せる場所
  • 風通しの良い場所
  • ほんの少しだけうす暗い場所

この3つを参考にしながら決めてみてください。

こちらの記事にも、詳しくまとめているので参考にどうぞ↓

猫のトイレ|置き場所(マンション)で悩んだら、ココが無難!

 

また、猫用トイレの選び方については、

猫のトイレ(ドーム型)選びで失敗したくない!初心者が知っておくべき5つの知識

こちらの記事も参考にしてください。

 

環境が整ったところで、本格的にマンチカンのトイレのしつけを始めていきましょう。

子猫でも成猫でも、まずは「トイレ=用を足す場所」というのを教えてあげないといけないので。

トイレをしたそうな雰囲気を出した時には、すぐに猫用トイレの中に連れて行ってください

 

「したそうな雰囲気」というのは、

  • くるくる回り始める
  • 床のニオイを嗅ぐしぐさをする
  • 穴を掘るようにカリカリする

などの動作が、具体的な用を足す”前兆”になります。

 

おそらく、ほとんどの猫ちゃんが、これで「トイレ=用を足す場所」というのが分かってくると思うので、あとは何度か同じことを繰り返してあげれば大丈夫です。

また、全員が一度で覚えられるというわけではないので、愛猫マンチカンが失敗しても絶対に責めるようなことはしないでくださいね

何度失敗しても、繰り返ししてあげれば絶対に出来るようになりますから!

 

もしくは、トイレそのものや砂、場所自体が気に入らなくて使ってくれない場合もあるので注意しましょう。

そのときは、別の種類のものにしたり、場所自体を変えたりして見てください。

こちらの記事を参考に読んでみるといいと思います。

マンチカンのしつけの悩みを解決!②甘噛み編

子猫の時期に多い「甘噛み」についても、多くの飼い主さんが悩んでいることです。

そもそも「甘噛み」というのは、マンチカンなどの猫が成長していくための過程には絶対なくていけない存在なので、無理やり止めさせるっていうのは厳しいかもしれません。

ですので、甘噛みをやめてもらうのではなく、「痛くない噛み方やじゃれあいの仕方を飼い主さんが教えてあげる」を実践していきましょう。

 

子猫のときはマンチカンであっても活発で、好奇心でいっぱいです。

時には、あなたの手を獲物に見たてて飛び掛かってきたり、兄弟たちとのケンカのように強く噛むことがあるかもしれません。

 

じゃれあいの中で、ホントに痛い時には「痛い!」とオーバーリアクションくらいの勢いでひと言だけ声を出してください。

そうすることで、マンチカンのほうが「これは嫌なんだ」と学習していくので。

ただ、何度も「痛い痛い!やめて、やめて!」とジタバタした様子でいると、楽しく遊んでくれているのと勘違いするので気を付けてください

 

猫の甘噛みについては、

子猫が手を噛む理由があるってホント!?

こちらの記事も参考にしてください。

 

また、子猫も成長すると、成猫のように鋭い歯が生えてきます。

僕も経験があるのですが、このときに甘噛みをされると、みみずばれや噛み傷が当たり前のようにできます。

ちなみに、結構激しく噛んでくるので、ぶっちゃけ痛いです(汗)

 

その時には、痛いときは先ほど紹介したように大声を出し、それと合わせて、噛もうとする瞬間に別のものを噛ませるようにするといいでしょう。

柔らかいタオルなど口の中を怪我しないものを、代わりに噛ませてあげてください。

マンチカンの甘噛みは、大人に成長するにつれて徐々に治まっていくものですから、上手な噛み方やじゃれあい方をしっかり教えてあげましょう^^

Sponsored Link

【まとめ】マンチカンのしつけについて

賢い性格の持ち主であるマンチカンは、しつけの面でも要領よく覚えてくれるはずです。

ただ、その一方で、「臆病」という性格も持っているので、しつけ方や叱り方には十分に注意してください。

たたいたり、大声を出して怒ったりする恐怖でのしつけをしてしまうと、あなたとマンチカンとの信頼もギクシャクした関係になってしまうので。

 

そもそも「猫」というのは、何かに縛られて生きていくのが嫌いな動物ですから、「しつけをしなくちゃ!」と大きく張り切る必要もないのかなと思います。

トイレや甘噛みなど最低限のことだけをマンチカンには覚えてもらえばいいのかと。

しつけよりも大事なのは、一杯一杯の「愛情」ですから!

たくさんの愛情をマンチカンに与えて、幸せな猫生を送ってもらいましょう^^

Sponsored Link