チワワの「ロングコート」を飼ってみたいけど、

  • 性別は「オス(雄)」と「メス(雌)」どっちがいいのか?
  • 成犬になると白の毛色が「クリーム色」になるってホント?
  • どんな基準でブリーダーさんを選べばいいの?

など、疑問に思っていることありませんか?

 

初めての体験となれば、なおさら、「ロングコートチワワ(白色)」の悩みは尽きませんよね。

楽しい生活を思い浮かべるのと同時に、迎えた後のことが心配でたまりませんから。

 

新しい家族を迎えるときは、「不安」や「悩み」があるのは当然のこと。

もちろん、僕にもありましたので(笑)

ただし、その事から目をそらし、そのままにしておくのだけは厳禁です!

 

少しでもロングコートチワワのことで分からない事があれば、悩みを解決し、スッキリした気持ちで家族に迎えてあげるのが一番。

というわけで今回は、チワワ(ロングコート)の白色について、飼う前に「これだけは知っててほしい!」という事を厳選して紹介していきます。

Sponsored Link

チワワ(ロングコート白色)を迎えるなら「オス(雄)」と「メス(雌)」どっちがいいの?

新しい家族としてチワワ(ロングコート白色)を迎えるとき、おそらく最初に悩むことは「オス(雄)とメス(雌)どちらを選ぶのか」だと思います。

同じ「チワワ」という犬種だとしても、それぞれの性別で良い部分・悪い部分が異なっているので、最後は自分の好みで選んでもらえればなと思っています

 

基本的に、チワワ(ロングコート白色)の「オス」は、活発でやんちゃな性格の子が多く、一緒になって走り回ったり、一緒に遊びたいと考えている人におすすめです。

しかし、オス(雄)だけあって、室内外を問わず、マーキングには注意してください。

外の散歩中ならいいのですが、家の中でマーキング癖がついてしまうと、止めさせるほうが難しくなっちゃいますから。

元気が良い分、そういう所でも活発な性格が表れてしまうのが、チワワ(ロングコート白色)の「オス」の特徴です。

 

逆に、「メス(雌)」はオスに比べると性格も大人くしくて、しつけの面でも苦労することが減りそうです。

初めて犬を飼う!という人だったり、初めてチワワを飼うっていう人だったりは、性別が「メス」のほうが扱いやすいのかな

オス(雄)のチワワと比べると飼いやすさはあるのですが、ただ、「避妊手術」が大変です。

手術そのものの体へのリスクもありますし、手術費用も高額だったりするので。

 

紹介したように、どちらの性格であってもメリット・デメリットがあるので、自分の好みで選ぶといいと思います。

個人的な意見というと、僕は「チワワ(ロングコート白色)のオス」が好きですね。

というのも、今、飼っている愛犬(ジャックラッセルテリア)が「オス」だからです。下の写真は愛犬です。

 

ジャックラッセルテリアについては、

こちらの記事も読んでみてください。

 

じゃあ、なぜ、今の愛犬がオスなのかというと…

昔からの夢として、わんちゃんと一緒に走ったり、ボールを投げて遊んだりしたかったから。

あまり良い理由になっていないと思いますが、これが僕の本心です(笑)

 

もしも、チワワ(ロングコート白色)の性別の選択で迷っているなら、「将来その愛犬とどんなことをしたいのか」を考えると、多少は選びやすくなるのかなと。

僕のように愛犬と遊びたいと思うなら「オス(雄)」、のんびりゆっくり過ごしたいともうなら「メス(雌)」のように。

どちらにせよ、新しい家族としてチワワ(ロングコート白色)を迎えると、かわいくてたまらなくなりますから。

ある意味、覚悟しておいてくださいね^^(笑)

Sponsored Link

白色のチワワ(ロングコート)は子犬から成犬になるにつれて「クリーム色」の毛色になるってホント?

チワワ(ロングコート)の「白色」を家族に迎える上では、こんな不安もあると思います。

「子犬から成犬になるにつれて、毛の色が「白」から「クリーム色」になるって本当なの?」と。

 

口コミを見てみると、白色のロングコートチワワを家族に迎えた人の中で、「成犬に近づくにつれてクリーム色になってしまった!」という事があったようです。

 

これについては、ハッキリ断言することは出来ませんが…

毛色の白からクリーム色に変わるのは本当にあり得ます!

というより、血統書には「〇色」と書いてあっても、成犬になる毛の色が変わることって結構多いみたいですから。

 

ぶっちゃけ、ブリーダーさんでも、将来チワワがどんな姿になるか予測できない部分もありますので。

毛色が変わるのは仕方ない事だと思います。

ただ、極端な話、「白色」から「黒色」みたいにあまりにも大きく毛色が変わる場合は、もしかすると、両親の色を考えずに偽った書類を書いているかもしれませんので注意が必要です。

 

どちらにしても、成長とともに多少の毛色の変化は付き物だと思っててくださいね。

ひとつの例で言うと、ロングコートチワワでも、犬でもない、我が家の「愛猫」もそうでした。

 

我が家には今、生後4か月の子猫(名前:チビ)がいます。

 

子猫のチビについて記事は、

こちらにも書いているので読んでみてください。

 

上の写真を見る限りでは、「薄い赤茶色」と「灰色」、「黒色」が縞(しま)模様になったような毛色をしていますよね。

この色をよく覚えていてください。

 

で、生後間もない子猫チビはと言うと…

実は、白色よりかは灰色よりで、黒色が少し混じっているような毛色をしていました!

下の写真は生後1ヵ月目くらいの愛猫です。

 

今のような、赤茶色の毛なんてありませんでしたから。

それまでは「この子は灰色と黒の成猫になるんだろうな~」と思っていたくらいなので。

4か月が経って、まさかこのような色になるとは想像もしていませんでした(笑)

 

つまり、猫でも成長するにつれて毛色の変化があるくらいなので、ロングコートチワワでも同じことが起こるってわけです!

 

それに、もともと「チワワ」という犬種は毛の色が多いわんちゃんでもありますから、正直、どんな色になってもおかしくありません。

成犬になったときの姿が、例え最初の白色ではなくても、ロングコートチワワを責めることだけは絶対にしないでください!

色が変わるっていうのは、その子の大切な個性でもありますから。

 

また、別の考え方として、「毛色の変化がチワワを飼う上でのひとつの醍醐味」として思っておくと、少しは気が楽になるかもしれませんよ。

もしも、絶対に譲れない毛色があるのであれば、完全に成長した成犬以上のロングコートチワワを迎えるといいでしょう。

家族に迎えた以上は、家族同様に大切に接していうのが、「飼い主」であり「ひとりの人」としての「筋合い」っていうものではないかと、僕は思います。

 

チワワの毛色については、

こちらの記事も読んでみてください。

ロングコートチワワの白色を迎える前に!ブリーダー選びで必須の4つのポイント

白色のロングコートチワワを飼おうと思うのであれば、ブリーダーさんから迎えなければいけません。

となると、「どんな基準でブリーダーさんを選べばいいの?」という疑問が出てきませんか?

ここでは、良いブリーダーさんと巡り合えるよう、選びのポイントを4つ紹介します。

 

と、その前に、まずは重要なことをお伝えします。

ブリーダーさん選びの手順は、本当に真剣に行ってください!

 

ここを「適当でいいや」という気持ちでしてしまうと、今後のあなたと愛犬との生活に関わる大きな問題になりかねません。

ですから、これから紹介する4つのポイントは「超重要」と思いながら、しっかり見ていきましょう。

 

早速、4つのポイントについて話を進めていきます。

良いブリーダーさんを選ぶために必要なポイントには、

 

1.1~2種類の犬種のみを長く繁殖させている実績があるのか

→たくさんの種類や数を繁殖させているブリーダーには注意!あまりにも種類や数が多いと、そもそも一匹一匹のお世話に手が回らなくなります。そのため、1~2種類の犬種のみを、もしくは、少ない数を繁殖させているブリーダーさんを選ぶようにしましょう。一匹一匹の性格や個性をしっかり把握しているブリーダーさんだと、なお良いですね。

 

2.犬の知識が豊富で育て方など疑問点を聞いても丁寧な答えが返ってるか

→犬の繁殖を行ったり、子犬から老犬までを大切に育てていくのが「ブリーダー」という職業です。この職業をやっている以上は、ある程度の知識は必要不可欠なはず。

しつけや飼い方のことで質問してみたときに、曖昧な答えしか返ってこなかったり、適当な答えしか返ってこなかった時は、ブリーダーの基本的な部分が欠けていることにもなるので注意してください。また、繁殖の際に、遺伝病にも注意して交配させているのかもポイントとなります。

 

3.清潔な飼育環境の中で大切に繁殖犬を育てているか

→「ブリーダー」は大切な命を扱う職業でもあり、犬が成長していくためにも飼育環境が清潔でなければいけません。ロングコートチワワを家族に迎えることを決めているのなら、実際にどのような場所で飼育されていたのが、生の現場を見せてもらってください。

その時、見せるのをためらったり、「ちょっとそれは…」と言うブリーダーさんだと、飼育環境がひどい場合もありますので用心が必要です。また、可能であれば、母犬や引退した犬はどうしているのかも尋ねてみてください。

 

4.チワワを迎えた後も困ったことがあれば相談に乗ってくれるか

ロングコートチワワを家族に迎えた後に、気軽に困ったことを相談できるブリーダーさんを選ぶのも大切です。我が家の愛犬も「子犬」のときブリーダーさんから迎えました。当時の僕は、犬の知識ほとんどゼロの状態だったため、すべてが初めての経験で分からない事だらけ。

ですが、ブリーダーさんがすごく良い人柄の方で、気軽に悩みを相談できる関係に自然となっていました。おかげで、愛犬も良い子に育ち、今では10歳のおじいちゃん犬になりました。

つまり、あなたがイメージする「話しやすい人柄」がブリーダーさんにもあるか、信頼できそうなのかを、話の中で見極めて見てください。ただ、良い人そうな雰囲気を出していても、購入後、ガラッと性格が変わる人もいるので気を付けてください。

 

長くなりましたが、この4つの事を考えながらブリーダーさんを選んでみてくださいね。

今後のあなたと愛犬の人生を決める大切な手順ですから、慌てずゆっくり時間をかけて行いましょう。

 

それから、これは僕自身の経験からですけども…

家族に迎える白色のロングコートチワワは、直接ブリーダーさんに会ってみて、人柄や話を聞いて、購入の決断をしたほうがいいと思います

今の時代、便利な世の中になって、ネットで犬を飼うことも出来るようになりましたよね。

 

でも、改めて考えてください。

これって何かおかしくないですか?

だって、「チワワ」というのは「物」ではなく「命」そのものなんですよ!

 

いくら便利な世の中になったからって、生きた命を相手の顔も見ずに、送り届けするのは違うんじゃないですか。

何度も言いますが、チワワは生きている命。

この世に一つしかない大切な命を、あたかも商品のように扱っている世の中はどうかしています。

 

写真数枚なんかを見て飼うのを決めるよりも、実際にチワワとふれあい、自分との相性を生で確かめてみるのが真実の選び方。

このブログを訪れた心優しい方だけでも、そういう選び方をしてもらえたら、僕は嬉しいです。

Sponsored Link

チワワ(ロングコート)の白色についてのまとめ

それでは最後に、これからチワワを家族に迎えるあなたに、僕からひとつアドバイスをしたいと思います。

 

それは「チワワの見た目にこだわりすぎるな!」という事です。

これがどういう意味かと言うと…

小さい体が人気の小型犬の「チワワ」。

でも実は、カラダのほうに大きな負担がかかっている事をご存知でしょうか?

 

小さな体をしている分、非常にデリケートな部分があって、少しの事ですぐに怪我をしてしまいます。

例えば、「50㎝」くらいの台から飛び降りたとしますね。

他の犬なら何の問題もなさそうですが、チワワの場合は、これだけで大きな衝撃が全身に走り、足を「骨折」という事にもなり兼ねません。

 

また、普段の生活でも、僕たち人間が遅いと感じるスピードで歩いてても、チワワにとっては全速疾走。

ですから、僕たちが早歩きをした時なんて、チワワにとっては、限界の限界を超えたような疲労を感じています。

このような日常生活の少しの積み重ねが、チワワの体にじわじわと負担をかけているんです。

 

「小さくて可愛いよね」とたくさんの人が言っている裏側では、チワワ自身は苦しんでいたりもするわけです。

かと言って、僕は「飼わないでくれ!」と言っているわけではありません。

そのような現実が実際に起こっていることを知った上で、ロングコートチワワを家族として迎えてほしいと思っているのです。

 

毛色が「白」のロングコートチワワを飼ってみたい気持ちは分かりますが…

見た目以上に大事なのは「中身」です!

 

リアルなふれあいを通して、チワワの性格や自分との相性を確かめ、その上で運が良ければ白色のチワワを迎えられる。

そのくらいの気持ちでいてくださいね。

 

人間はチワワを選べますが、チワワは飼い主を選べません。

つまり、あなたがその子をどんな風に扱っていくかで、人生が決まってしまうわけ。

 

お互いに「良い時間を過ごさせてもらったな~」と思えるよう、時間をかけて最愛のチワワを選んでいきましょう。

繰り返しになりますが、家族を迎えることに少しでも不安や悩みがあれば、すべてを解決してから迎えるようにしてくださいね。

チワワに関する悩みや不安については、

こちらの記事でも詳しく紹介しているので読んでみてください。

Sponsored Link