ここ20~30年の間に、犬の寿命は急激に延びました!

今は、なんと…

 

14歳!

 

これが犬全体の平均なのです。

 

犬の寿命については、

こちらの記事も詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

 

でも、まぁ、「14歳が平均寿命」と言われても、そこまで驚きませんでしたよね。

だって、最近であれば、このくらい長生きしている犬はたくさん見かけますから。

もちろん、犬の寿命が延びたってことは、チワワの寿命も延びています。

 

その理由として、

  • 生活環境が良くなったから
  • 医療技術が向上したから

など、いろいろな要因が考えられます。

 

僕自身も近頃、頻繁に見るからに長生きしている「チワワ」を見かけることあるんですね。

愛犬の散歩の途中とか、どこかにお出かけしたりするときに。

そんなチワワですけども…

 

「チワワの寿命が性格によって変わる」

そんな事を言われたら、あなたは信じますか?

信じる・信じないは別として、僕の考えとしては、それはホントだと思いますね。

Sponsored Link

チワワの寿命はどのくらい?

それではまず、チワワの寿命から見ていきます。

 

チワワの平均寿命は、「10~16歳」が平均となっています!

 

チワワの寿命について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

う~ん、なんとも言えない数字ですね…(苦笑)

犬全体の平均が「14歳」だったから、平均よりは少し良いくらい。

小型犬のチワワだから、もう少しだけ寿命が長くなるのかなって思っていたんですが…。

 

ちなみに、我が家の愛犬は、今年で「11歳」になるジャックラッセルテリアの雄。

チワワと同じ小型犬です。

 

ジャックラッセルテリアについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

平均寿命まで、あと3年と言うところまで迫っています。

でも、僕が目指しているのは、あと3年どころではありませんから!

 

愛犬の目標は、「20歳」です!

できることなら、少しでも一緒に過ごしたいですからね。

 

話がそれているので、戻しますね(笑)

チワワの寿命は「10~16歳」でした。

これはあくまでも目安。

 

飼い主さんの飼い方次第で、どんなふうにでも変えられます!

 

散歩の仕方、ご飯のあげ方を意識するだけでも、変わってくると思いますよ。

それでは次は、チワワの性格を見ていきましょう。

チワワの性格って、どんな感じ?

チワワの性格は大きく分けて6つあります。

 

  • 遊ぶことが好き
  • 注意深い
  • おっとりしている
  • 怖がり
  • 穏やか
  • 自己主張が強い

 

チワワの性格について、

こちらの記事にも詳しく書いているので、参考に読んでみてください。

 

全体的にチワワの性格を見ると、意外にも怖がりであるのが分かるはずです!

もし、チワワが怖くて震えている時には、近くに行って、寄り添ってあげてください。

気持ちが落ち着いて、寝てしまう事もありますから。

 

我が家の愛犬も、チワワと同じく、見かけよりも怖がりで、「風」でドアが閉まるの見るとガタガタ震えだします。

その時、近くに行って寄り添ってあげると、リラックスして寝てしまいます。

きっと、安心するのだと思いますよ。

 

愛犬が怖がっている時こそ、飼い主さんのカッコよい姿を見せる絶好のチャンス!

「きずな」を深めるチャンスだと思ってくださいね。

 

と言うことで、チワワの性格については以上です。

寿命も性格についても話し終えたことですし…

そろそろ、「チワワの寿命が性格で変わる」という事を僕なりに話をしていうと思います。

Sponsored Link

チワワの寿命は性格が違っていたら、延びていた!?

チワワの寿命は、性格で変わる

そう思ったのには、理由があって…

 

「人」の場合でも、このようなことを言われているから。

 

頑固な人は、楽天的な人よりも、寿命が短くなる」と言う感じで。

 

そんなことを、どこかで聞いたことがありませんか?

 

だから、チワワの場合も同じ!

個人的にはホントなんじゃないかなと思っているところです。

 

チワワの寿命を見てみると、「10~16歳」と少し差はあるものの、犬全体と比べるとちょっとだけ長生き。

あと、さっき、言い忘れていたのですが…

小型犬の平均は「12~15歳」!

 

小型犬の寿命について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

チワワは小型犬なので、平均的な寿命なのかな。

それなら、どうしてチワワの寿命は平均的なのでしょうか?

 

もちろん、決まっていることだから、何を言っても仕方ないのですが…(苦笑)

でも、個人的には、もう少し長生きできたんじゃないかなって思うんですよ。

カギを握るのは、「チワワの性格」です!

チワワの寿命は性格で変わると思ったわけとは…

さっき紹介したチワワの性格の中に、「頑固」と言うものありましたよね。

ここで、突然ですが…

あなたから見た、「頑固な人」ってどんなイメージがありますか?

 

眉間(みけん)にしわを寄せて、腕を組んで、怒っている。

こんな具合じゃないでしょうか。

僕のイメージでは、こんな感じ(笑)

 

何が言いたいのかと言うと…

つまり、「頑固」だと「ストレス」がたまってしまう。

 

そう思いませんか?

僕だったら、眉間(みけん)にしわを寄せているだけでも「ストレス」がたまりそう(笑)

これは人の場合なんですが、「ストレス」を感じている時って、「緊張」をしているのと同じことらしい。

 

だとすると、常に「緊張」していることになります。

チワワにも、同じことが当てはまるとすれば、常に緊張している。

 

つまり、チワワの性格にもあるような「注意深さ」が表れます。

緊張すること自体は、からだにとって悪いことではありません。

 

でも、限度を超えると、逆に悪影響!!

 

その影響が、結果として、チワワの寿命を縮めているのではないでしょうか。

そういうわけで、「チワワの寿命は性格で変わる」と僕は思ったわけです。

 

長くなりましたが、これが「考え」です^^

これはあくまでも、僕の考えなので…

 

チワワについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

個人的には、チワワの寿命が性格で変わるのはホントだと思います。

でも、忘れてほしくないのは、「性格だけがすべてじゃない」と言うこと。

あなたの飼い方次第で、チワワの寿命は延ばすことができます!

Sponsored Link