新しく韓国の大統領に就任した文大統領(ムン)。

実は最近、文大統領のこんなことが話題になっているのです!

その話題とは、「文大統領が捨て犬の里親になった」

 

捨て犬を引き取った文大統領。

きっといい人なんだろうなぁ~。

僕はそう思います。

と言うことで、今回は文大統領と捨て犬の里親について僕の率直な感想を詳しく書いていきたいと思います。

Sponsored Link

文大統領が捨て犬の里親に!?

7月26日に韓国の文大統領は、動物保護団体から引き取った捨て犬の里親となることになりました。

つまり、「ファーストドッグ」と言うこと!

ファーストドッグ…もともとはアメリカ大統領の飼い犬のこと。

 

文大統領は捨て犬の里親となったのですが…

実は、文大統領は選挙戦の公約の中でこんなことを言っていたんです。

当選したら、捨て犬を育てます!」と。

そして、見事当選。

と言うわけで、捨て犬の里親になったというわけなのです。

 

文大統領のファーストドッグとなった捨て犬の名前は、「トリ」

4歳の雑種らしい。

ちなみに「トリ」の意味は、栗の実のようにカワイイということらしいです。

 

捨て犬だった「トリ」は、2年前に保護団体に保護され、飼い主を探していた。

そして最近文大統領と運命の出会いを果たしました。

 

きっと文大統領はいい人ですよぉ~。

次は、僕自身の率直な感想を書いていきたいと思います。

Sponsored Link

文大統領が捨て犬を保護!僕の率直な感想その①

文大統領が捨て犬の里親になったということは、メッチャスゴいことだと思います。

 

「大統領」っていうのは、その国の一番偉い人のことをいいますよね。多分…

言い方が悪いんですけど…やっぱりそれに似合った「犬」を飼っていませんか?大統領は…

(あくまでもイメージですよ)

 

でも、文大統領は違いました!

動物保護団体から捨て犬を引き取って「里親」なることを決意。

僕がこの記事を知った時は、なんか犬の歴史が変わったように感じました。

 

「捨て犬」を育てるという大統領なんて僕の中では一度も見たことなかったから…

だってあの大統領が捨て犬の里親になったんですよ!

今までなら、絶対にありえなかったことでしたからね!

文大統領はそういう面からもスゴい人だと僕は思いました。

Sponsored Link

文大統領が捨て犬を保護!僕の率直な感想その②

文大統領が里親になったということは、もっともっと多くの人に「捨て犬」について考えてもらう機会が増えたということ。

国の一番偉い人(ここでは文大統領)が捨て犬の里親になったんだから、多くの人が文大統領を見るわけじゃないですか。

 

と言うことは…

「捨て犬」について知ってもらう大チャンス!

僕はそんな風に思います。

 

今や世界中で「捨て犬」は問題になっています。

もちろん日本でも同じ。

飼い主さんの無責任な飼い方のせいで、多くのワンちゃんたちが苦しんでいます。

 

「かわいくないから、もういい!」

そう思って平気でワンちゃんを…する人も実際にいるのです。

 

多くの「捨て犬」が日本にもいるんですが、毎年少しずつ減っているのです。

それはどうしてだと思います?

これ以上増やしたくない

そう思って努力している人たちが大勢いるからなのです。

 

そのような人たちがいる中で、一方では増やしている人も…

今のところは減っている感じなんですが、まだまだ「ゼロ」と言うわけではありません。

これが今の状況なのです。

 

これからは本当にこのことについて社会全体で考えないといけないと僕は思うんですよね。

ワンちゃんたちのためにも、それに僕たち「人」のためにも…

 

犬について、

犬と猫の足跡は、違うの?【画像あり】

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

 

僕個人の考えなんですが、「人」ってとりあえず自分たちが豊かになることだけを考えていると思うんですよ。

「人」が長生きできるように、「人」の生活が便利になるように…とかいうことだけを考えている。

 

でも、何か大切なことを忘れてませんか?

僕が思うに、「人」と一緒に生きている犬のことを忘れていると思うんですよ。

一番身近にいる動物なのに、今まであんまり見られていなかった。

 

文大統領のおかげで「捨て犬」が見直される機会になると僕は思っています。

文大統領を通して、もっともっと多くの人に今の現状を知ってほしいと言うのが僕個人の願いです。

きっとそんなことを文大統領も思っていると思いますよ。

 

文大統領くらいになれば、何かやろうと思えばいくらでもできるんですが…

僕が何かやろうとしても無理なので、とりあえず今、愛犬に精一杯の愛情を注ごうと心に誓いました。

 

そして、何かのボランティアにも参加してみようと思ったところでした。

 

最後に一言だけ。

愛犬を飼ったなら、一生の家族として一緒に過ごしてあげて下さい。

Sponsored Link