「ペルシャ猫」って、きれいですよね。

ペルシャ猫の美しさと言えば、「長い毛」だと思います。

「毛が長い」だからこそ、ペルシャ猫は美しい!

 

でも、ペルシャ猫の気持ちになって考えてみれば、ペルシャ猫にもそれなりの悩みがあるかもしれません。

例えば、「抜け毛が多い」とか。

というわけで今回は、ペルシャ猫の抜け毛について詳しく調べてみました。

 

猫の抜け毛については、

こちらも良かったら、、参考にしてください。

 

もしかしたら、ペルシャ猫は「毛が長い」ということをうっとうしく思っているかも!

僕はそう思ったんです(笑)

ペルシャ猫自身の悩みには、「抜け毛が多い」ということがあったんですが…

 

どうして、ペルシャ猫は抜け毛が多いと思います?

ペルシャ猫の抜け毛には「祖先」が関係しているんじゃないかなぁーって。

ペルシャ猫にも、いろんな歴史がありますから。

 

歴史の中のある地点で、「抜け毛」が必要になったのかもしれません。

それは分かりませんが、ペルシャ猫の抜け毛には「原産国」が関係しているかもと思ったわけです。

Sponsored Link

ペルシャ猫の「原産国」って、いったいどこ?

「ペルシャ猫の抜け毛には原産国が関係しているのでは!?」と僕は思ったのですが…

ここで気になるのが、ペルシャ猫の原産国。

調べて見ると、原産国は「イングランド」と言うことが分かりました!

 

「あれ?」

どういうことかと言うと、ペルシャ猫の原産国は「イングランド」なんですけど…

ペルシャ猫の「ペルシャ」は、「イングランド」と全く関係ないですよね?

どうして「イングランド」なんでしょう?

 

それなら、ペルシャ猫の「ペルシャ」ってどんな意味があるの?

そう思ったので、またまた調べてみることに…

 

「ペルシャ」っていうのは、現在の「イラン」の昔の名前なんだそうです。

僕も知りませんでした。

そう言われてみれば、「ペルシャ絨毯(じゅうたん)」とかって言いますよね。

 

そもそも「ペルシャ絨毯(じゅうたん)」って中東でした?

僕の記憶ではそうだったような気がする(笑)…

 

「ペルシャ」って昔のイランのことだったんですね!

ペルシャ猫の原産国は「イングランド」です。

だけど実は、発祥した場所は違うそうです!

 

ペルシャ猫の発祥は、「アフガニスタン」とか「中東」とか、言われているんです。

結論を言うと、発祥はよく分かっていない。

 

とにかく、ペルシャ猫の原産国は「イングランド」です。

抜け毛に関係あるのかぁ~。

ちょっと不思議…

Sponsored Link

ペルシャ猫の抜け毛が多いのは、「原産国」が関係してる!?

ここまでペルシャ猫の「抜け毛」と「原産国」の話をしてきました。

ペルシャ猫の抜け毛に、原産国が関係していると思いますか?

 

意見はいろいろあると思いますが…

僕的には、「原産国」じゃなくて「発祥」が関係していると思うんですよね。

 

ペルシャ猫の原産国は「イングランド」でしたが、発祥は違いましたよね?

中東だったりアフガニスタンだったり…

2つの国を見て何か気付きませんか?

 

共通していることは何だと思います?

共通しているのは「暑い」と言うこと!

 

では次に、ペルシャ猫の気持ちになって考えてみましょう。

あなたは「ペルシャ猫」、昔々の中東に住んでいる。

長くて美しい毛を持っている。

 

でも、抜け毛が多いのが問題。

気温は30℃以上。

 

どうです?

ペルシャ猫の気持ちになりきれました?

 

とにかく暑い

毛がじゃま

そんな風に思いませんでした?

 

ペルシャ猫について、

こちらも良かったら、、参考にしてください。

 

人は暑いときには、衣替えをしたり冷たいものを飲んだりできますが、ペルシャ猫はできないですよね!

それならば、どうします?あなたがペルシャ猫なら。

 

「家で飼われているペルシャ猫ならクーラーの部屋に入るのでは!?」

そう思ったかもしれませんが、これはクーラーもなかったころの話なので、そんなことはできません(笑)

 

「抜け毛を増やすかなぁ~。もし抜け毛を増やせるなら(笑)…」

抜け毛を増やしてしまったほうが早い!」って思いますよね!

暑いところで「抜け毛」が増えるのは当たり前。

 

なので、僕は「抜け毛」と「発祥」が関係していると思ったんです。

ここでは、「発祥」と「原産国」は同じだと考えてください。

 

あくまでも僕の考えなので(笑)

「こんな考えもあるんだなぁ~」って思っていてくださいね^^

結論としては、僕自身としては「関係がある」と思います。

Sponsored Link