愛犬の去勢、

  • しないほうが長生きする
  • するほうが長生きする

どちらがいいと思いますか?

 

この答えはズバリ!

その時の状況次第で去勢するほうが長生きする」だと僕は思います。

 

と言っても僕、以前は愛犬の去勢頑固反対!の立場でしたけど…(苦笑)

それなら、どうして今は去勢をするの立場になったの?

ここではそれを含め、犬の去勢をする/しないどちらが長生きするのかについて話をしていきたいと思います。

Sponsored Link

犬の去勢はしないほうがいいの?

実は僕、以前は「犬の去勢って必要なの?」と思っていました。

だって結局去勢は、人間が勝手に決めて、勝手に人間がをすることじゃないですか。

でも、よく考えてください。

 

実際に去勢をするのって、僕たち人間ではなく「犬」ですよね。

僕たちがするわけじゃないから、簡単に「去勢をします」と言えるかもしれないけど…

苦しまなければいけないのは、あなたの愛犬。

そのことを忘れてませんか?、というのが僕の本音でした。

 

ちなみに、僕の愛犬サムです↓

 

犬の去勢をするメリットとして、

  • 愛犬が長生きできる
  • 病気の心配がなくなる

など、とにかく良いように言われて…

 

ぶっちゃけ「犬の去勢をしろよ!」と言われているように感じます。

ま、これは僕が思ったことなのであまり気にする必要ありませんが(笑)

当然、この話を聞いて「間違ってるぞ」と思った人もいるかもしれませんが、あくまでも僕の考えですから。

 

どちらの考えがあってもいいと思います。

結論をいうと、「犬の去勢はしなくていい」と昔は思ってました。

それなら、どうして今と昔で考えが変わってしまったの?

そんな疑問が出てきませんか。

 

 犬については、

こちらも良かったら、参考にしてください。

愛犬の去勢で悩んだ末に出した答え、長生きの道を選んだ僕の思い

僕のうちには先ほど、チラッと登場した愛犬サムがいます。

犬種がジャックラッセルテリアで、現在10歳の元気いっぱいの男の子。

10歳なので詳しく言うと、「おじちゃん」ですね(笑)

 

その愛犬サムにある日異変が起こりました。

それは「散歩中の血尿

見ただけで分かるくらいの血が尿に混じっていました。

 

そのせいか、体の調子が思わしくないサム。

大好きな散歩も全くやる気がありません。

心配になり、動物病院で診察を受けてみることにしました。

 

「何も異常が見つかりませんように…」

そのことだけを思って、診察の結果を待っていると、診断の結果…

 

愛犬(サム)は前立腺肥大という病気になっている可能性が非常に高いです

そう獣医さんから告げられました。

「前立腺肥大」という病気は、膀胱の真下にある前立腺が腫れることで尿道や直腸が圧迫され、体に異常が起こる病気のようです。

 

そして、「愛犬は去勢をしたほうがいいかもしれません」

こんなことも獣医さんから言われました。

この時、ただただ驚きというか、呆然とした気持ちで…

 

「今まで元気だったサムが病気!?」という気持ちがありました。

何たって、これまで10年間生きてきて愛犬が病気になったことは一度もありませんでしたから。

病気に気付いてあげれなかった自分に対して怒りも感じました。

 

そのときは、去勢をするかしないかの判断をすることができなくて。

とりあえず、薬をもらって一週間様子を見ることに。

 

1週間経つころにはだいぶ血尿の回数が落ち着いてて、

「今の調子だったら去勢をしなくてもいいんじゃないの?」

そんなことを思ったりもしました。

 

前々から「前立腺肥大」のことが気になってた僕は、病気について詳しく調べてみることにしました。

するとそこには、「病気の原因:ホルモンバランスの乱れ」と書かれてました。

また、治療方法としても去勢/投薬などがあることが分かって。

 

愛犬に出来る限り苦しい思いをさせたくなかった僕は、一番苦しませない方法だと思った「投薬」での治療が希望してました。

でも、投薬の治療には「完全に完治しない」というデメリットがあったので断念。

 

結果、一週間経ち、病気の様子を見てもらうために再び病院に行きました。

そして検査の結果、血尿は治まっているけど、前立腺は腫れているらしく…

やっぱり去勢をしたほうがいいですね。サム(犬)くんのためにも…」と獣医さんから言われました。

 

その瞬間、心に穴があいたような気持ちになり、

  • 去勢をするべきかしないべきか
  • 愛犬には長生きしてもらいけど、辛い思いもさせたくない

など、いろんなことを思いました。

 

が、悩みや疑問があれば獣医さんが答えてくれると言うことだったので、思い切って自分の気持ちや質問をすべて言ってみました。

ひとつひとつ丁寧に答えてくれて、自分の中の去勢への悩みが少しずつなくなっていくのが分かりました。

そしてこの時、「犬の去勢」についての考えが変わった瞬間なのです。

 

獣医さんからは「愛犬は急いで去勢をしなければいけない状態ではない。飼い主が納得するまで考えてください」とも言われました。

たくさん悩んだ結果、愛犬の去勢をすることに。

不安はありましたが、やはり愛犬には長生きをしてもらいたいですから

その思いから、去勢をすることにしました。

 

 こちらには去勢で僕が悩んだこと、実際の体験を書いています。

良かったら参考にしてください。

 

長くなりましたが…

これが僕の考えが「去勢をしない」から「去勢をする」に変わった理由です。

Sponsored Link

愛犬の去勢は状況次第って?

悩んで悩んで、「去勢をする」ということにしたのですが…

僕自身もやはり、愛犬に対して申し訳ない気持ちはありました。

でも、僕たち飼い主の願いはたったひとつ。

「長生きをしてもらいたい!」、これですからね。

 

犬の去勢と言っても、

  • するほうが長生きすると思っている人
  • しないほうが長生きすると思っている人

たくさんの考え方があります。

しかし、どちらの考えがあっても僕はいいと思います。

 

なぜなら今回愛犬のことがあり、去勢をするかしないかはその時の状況しだいという風に感じましたから。

去勢のする/しないの状況になって、そのことに初めて気付きました。

 

もし、あなたの愛犬が去勢をしないといけない危険な状況なら、去勢に反対していたとしても去勢をさせますよね?

逆に、愛犬の去勢をしないでも大丈夫な状態だったら、去勢はさせませんよね?

これが「その時の状況次第」ということ。

 

僕も、愛犬が病気(前立腺肥大)になるまでは「反対」でした。

なので、犬の去勢はその時の状況次第だと思います。

いろいろ悩むことはあるかもしれません。

それでいいのです、たくさん悩みがあって。

 

そして、少しでも愛犬の去勢で疑問があるなら獣医さんに相談してみてください。

抱える悩みすべてをなくしたほうが後悔しませんから。

納得した上で飼い主であるあなたが最後は判断をしてください。

 

去勢をすることにしても、しないことにしても、その時は決断を愛犬に伝えてあげてくださいね。

去勢については、

こちらも良かったら参考にしてください。

Sponsored Link