愛犬の「去勢」で悩んでいませんか?

正直なところ、僕も愛犬のことで悩みがあります。

 

おそらく、あなたが抱える悩みと僕が抱える悩みは同じで。

去勢をすると愛犬の性格は大人しくなるの?」ということだと思います。

大事な愛犬を思っているからこその悩み。

 

ここでは「本当に去勢で犬の性格が大人しくなるのか」、その真相に迫っていきます。

僕と一緒にこの悩みをなくしていきましょう。

Sponsored Link

去勢をすれば「犬」はおとなしくなるの?その真相は

「去勢をすると犬の性格はおとなしくなるのか」

このことについて結論から言うと、ほとんどの犬が大人しくなります

だた、これにはひとつ条件が。

 

それは、去勢をした時期が「子犬」だった場合。

この時に去勢を終えた犬ならば、比較的おとなしくなりやすい傾向にあります。

また、去勢をした犬がみんな大人しくなる訳ではなく…

 

中には、

  • 甘えん坊になった
  • 攻撃的になった

という犬たちもいました。

いろんな犬がいるので、少しづつ違うのは当たり前です。

 

それなら、どうして子犬の時に去勢をすると大人しくなりやすいのでしょうか?

実は、子犬と時期は成犬と違って生殖機能が十分に発達していません。

 

なので、成犬になると必ず起こる「発情期」と呼ばれる時期も起こりにくくなります。

そのため、子犬のうちに去勢をしておけば、体のホルモンバランスも安定し、結果的に性格も穏やかになりやすくなるのです。

発情期とは、別名「ヒート」ともいわれ、生殖ができる期間のことを言います。

 

「子犬のときに去勢をすれば性格も大人くなりやすい」といわれていますが、実際のところ僕もはっきり言い切ることができない状況です。

なぜなら、うちの愛犬サムは去勢をしてませんから。

 

子犬の時期に去勢をしなかった理由として、

  • 単純に痛い思いをさせたくなったから
  • 去勢をしたせいで病気になってしまうのが怖かったから

この2つがあります。

 

かと言って、今から去勢をさせるとなると、愛犬サムは10歳の高齢犬なので体への負担が心配…

出来ることなら、これからも去勢はさせたくないと思ってます。

そのこともあり、「去勢をするとおとなしくなる」と堂々と言える立場ではありません。

 

もし、本気で愛犬の去勢について考えているなら、愛犬のように高齢、もしくは成犬になる前に済ませておくことを僕はおすすめします

性格が大人しくなりやすい子犬の頃に。

 

【追記】

愛犬の去勢をこれからもさせたいと言っていた僕でしたが。

先日、愛犬が「前立腺肥大」という病気になってしまい、病気を治すために去勢をさせました。

その時のことを含め、去勢後の様子についてまとめました。

良かったら参考にしてください。

去勢で愛犬に起こる変化ってあるの?

去勢をすると犬に起こる変化としては、「性格が大人しくなりやすい」ということがありました。

それなら、他に変化は起こるのでしょうか?

ここでは、性格の変化以外で、去勢後に起こる変化を簡単に紹介します。

 

去勢後起こる変化としては、

  • 愛犬の見た目
  • マウンティングをしなくなる
  • 少し子どもっぽくなる

このようなことが。

 

去勢と言ってもいろいろな変化が起こるのです。

もしかすると、去勢をしたことで全く別の犬に…なんてこともあるのかもしれませんね。

去勢をする前に愛犬と飼い主さんに伝えたいこと

ここまで「去勢をすると性格が変わるのか」について話してきました。

一言でまとめると、去勢をすると犬がおとなしくなるのはホント

 

でも、すべての犬がそうなるってことではなく。

小さき時に去勢をしたら、大人しくなりやすい。

 

ここで間違ってほしくないので、「愛犬をおとなしくさせるための手段として去勢をさせる」というのは絶対やったらダメ!

もし、しょうもないそれだけの理由で愛犬の去勢をさせてしまったら、苦しむことになるのは愛犬。

 

あなたではなく、愛犬ですから。

それだけは頭に入れておきましょう。

Sponsored Link

最後に一言

愛犬の去勢の決断は、ものすごく悩みます。

でも、冷静になって考えてください。

悩んでいるのは、それだけ愛犬のことを真剣に考えている証拠です。

 

思う気持ちがあれば、例えあなたがどんな決断をしたとしても愛犬は納得してくれます。

去勢をさせようかさせないか迷ったときは、まずは「愛犬の気持ち」になって考えてみてください。

きっと答えが見えてくるはずですから^^

犬の去勢については、こちらにもまとめています。

Sponsored Link