「メインクーンの寿命は散歩で延ばせる」

これを見て、どんなことを感じましたか?

 

  • メインクーンの寿命が延びるなら、さっそく散歩に連れていこう!
  • 散歩に連れているだけで寿命が延びるはずなんてない…

 

このどちらかを感じたのではないでしょうか。

もしこれがホントなら、今からでも実践したくなりませんか?

愛猫の長生きのためなら、何のこれしきって感じですから(笑)

 

というわけで今回は、「メインクーンの寿命が散歩で延びるのか」、この疑問について詳しく説明していきます。

また、メインクーンではありませんが、僕の愛猫ジェリーの散歩の話もしていきます。

Sponsored Link

メインクーンの寿命は散歩で延ばせるのか!?

ここではまず、「メインクーンの寿命は散歩で延びるのか」、この疑問を解決します。

衝撃の答えを知ることになるか、それとも、単にガッカリするか、運命が決まりますね。

 

結論から言うと、メインクーンの寿命が散歩で延びることはありません

期待を裏切るようですが、今のところはこれが事実なのです。

 

だってよく考えてください。

今まで生きてきて、「散歩をしただけで寿命が延びた」なんて話を聞いたことありますか?

少なくとも僕はありませんね。

 

とにかく、ここで言いたいのは「メインクーンの寿命が散歩で延びることはない」。

Sponsored Link

メインクーンの寿命と散歩は関係ある!

先ほどの結論では「メインクーンの寿命は散歩で延ばすことができない」と言うことでした。

でも、個人的には「延ばすことができない」とは思いません。

なぜって、散歩がストレス発散になるうるからです。

 

やはり、室内で飼われているメインクーンも外の空気を吸いたいはず。

現に、窓から外を見つめることありませんか?

メインクーンにとっては、見つめているだけで気持ちが「スッキリ」するのです。

 

だとすれば、散歩に連れて行ってあげると、もっとストレス発散になると思いませんか?

ストレスは人も場合もですが、あまりにも溜まってしまうと体に悪い影響を与えることに。

逆に言えば、ストレスがかからなければ体に良い影響なのですよ。

 

と言うことはつまり、散歩に連れていくことでメインクーンの寿命も延ばすことが出来るのではないでしょうか。

ま、あくまでも僕の考えですが…(苦笑)

 

「散歩に行くとメインクーンの寿命が延びるなら、今日から散歩に連れていく!」という方がいるかもしれないので、ひとつ注意事項を言っておきますね。

 

子どものときから室内で飼っているメインクーンであれば、おそらく散歩に連れていく必要はないかと。

外の世界を知らない訳だから、散歩に連れていくことで逆にそれがストレスに感じてしまうかもしれませんから。

 

それに、散歩に行きたがらないメインクーンの場合も同じ。

行きたくないのに無理や連れて行くとストレスがかかってしまいます。

 

ここでのポイント「ストレス」をかけないためにも、紹介したような場合は散歩に連れて行かないようにしましょう。

それを見極めることが大切です。

「メインクーンの散歩」、これっておかしいの?

もし、愛猫メインクーンを散歩に連れて行くとしますね。

するとおそらく、

周りには猫の散歩をしている人なんていない…猫の散歩っておかしいことなの?

あなたはこんなことを感じると思うのです。

 

それもそのはず…

室外飼いの猫であれば散歩は自分でしますが、室内飼いの猫であれば外に行く機会なんてありませんから。

そして、メインクーンは「家猫」のイメージが強いため、余計そんなことを思うのかな。

 

でも、ここではっきり言っておきますが、猫がリードを付けて散歩をするのはおかしなことではありません

なぜって、僕の愛猫はリードを付けて家の周りを散歩しているから。

近所の人たちからは愛猫ジェリーは「かわいい」と人気です^^

メインクーンが散歩するのは変じゃない!愛猫は散歩をします

愛猫ジェリーはメインクーンではありませんが、「散歩をする猫」の代表として話をしていきます!(笑)

 

愛猫ジェリーが散歩をするようになったのは”生後7ヶ月”あたり。

散歩をするきっかけはというと…

うちにいる愛犬サムと「一緒に散歩してもらいたい」、その思いが僕にあったからなのです。

 

だって、考えてみてください。

犬と猫が一緒に散歩するのって、どう考えてもあり得ないことじゃないですか。

だからこそ、「犬と猫が一緒に散歩をする姿」を見てみたかったわけです。

これが愛猫ジェリーを散歩に連れていくことにしたきっかけです。

 

初めて散歩に連れて行ったときは、全然歩いてくれなくて…

それもそうですよね、慣れてないのですから(苦笑)

家の周りでさえ、ほとんど「抱っこ」と言う感じがしばらくの間続きました。

 

そして2~3か月たった頃ついに、愛猫ジェリー(猫)が自分の足で道路を歩くようになりました!

この時はホントにうれしくて、「歩いた!」そんなやり切った感がありました。

 

でも、ここでひとつ問題が…

歩くスピードが半端なく遅い

歩いては後ろを振り返り、歩いては後ろを振り返り…その食い返しで。

 

イメージしていた散歩とかなりかけ離れてましたね。

僕の中では、愛犬サムと愛猫ジェリーが一緒になって歩く姿をイメージしていたので。

そんなこともあり、今は愛犬と愛猫の散歩を別々にしています。

そのほうが効率的がいいですから^^

 

愛猫ジェリーの散歩についての話をこんな感じです。

つまり何が言いたいのかというと…

メインクーンがリード付けて散歩をしていてもおかしいことではありません!

 

実際、僕の愛猫ジェリーのようにリードを付けて散歩をする猫はいるわけですから。

周りに猫の散歩している人がいないから「変」でなく、日本を探せば、もっというと世界を探せば猫を散歩させている飼い主さんはたくさんいます。

自身をもって、愛猫メインクーンの散歩をしてみてくださいね^^

 

愛猫ジェリーの散歩についてはこちらにまとめているので参考にしてください。

愛猫との散歩方法を暴露!!

メインクーンの寿命は散歩で延びるのか、その答えとは!?

メインクーンの散歩が寿命を延ばすことになるのか、その疑問についての答えは…

寿命が延びることはありません

 

ただ僕は、絶対に延びないとは思いません。

散歩がメインクーンにとってストレス発散を場所になるのなら、体に良い影響を与えてくれると思うからです。

しかし、「ストレス発散」といって無理やり散歩に連れて行くのはやめましょう。

 

  • 子どもと時から室内飼いのメインクーン
  • 散歩に行きたがらないメインクーン

このような場合は散歩に連れて行かないのが無難。

メインクーンの好き嫌いを見極めることが重要です

 

また、もしメインクーンを散歩に連れて行くのなら、愛猫メインクーンにあった散歩を心がけてみてください。

僕としては散歩で寿命を延ばすのは不可能なことではないと思ってますから。

 

長生きのためには「散歩」は欠かせない、そう思うくらいです。

愛猫メインクーンの状況次第で、散歩に挑戦してみてはどうでしょうか!?

もちろん、嫌がっているならやめましょう。

 

メインクーンについては、

こちらも良かったら読んでみてください^^

こちらの記事も人気です。

Sponsored Link