「もし愛犬が前立腺肥大になってしまったら…」

そんなことを考えたことありますか?

 

実はこの病気、「めったに起こらない」と言うわけでもありません。

だから、いつ愛犬が前立腺肥大になってもおかしく状況です。

 

もしも愛犬が「前立腺肥大」になったら、治療の方法を最終的に決めるのは飼い主さんの役目。

おそらくそのとき、かなり悩むと思うのです。

 

  • 愛犬のために手術をしてあげたほうがいいのだろうか…
  • 手術が失敗してしまったらどうしよう…
  • 愛犬にはいつまでも長生きさせたい!
  • 愛犬に痛い思いをさせたくない…

 

こんなことを思ってしまい、愛犬の前立腺肥大の手術をためらってしまう。

今まで体験したこともない大きな手術だからなおさら…

もし、前立腺肥大になってしまうと多くの場合で獣医さんからは「去勢手術」がすすめられます。

でも、本当に治療の手段として「去勢」しかないのでしょうか?

 

ここでは犬の前立腺肥大について去勢手術以外の治療法を紹介します。

また、僕の体験談も話していきます。

Sponsored Link

愛犬が前立腺肥大の診断を受けました

実を言うと、つい最近、僕の愛犬サムが前立腺肥大の診断を受けました。

診断を聞いた時、「まさかサムが…」という気持ちでいっぱいで、驚きというか、だたただ呆然としてました。

そして今、獣医さんからは「去勢手術」をすすめられてて、どんな決断をすればよいのかで悩んでいるところです。

 

愛犬サムは「ジャックラッセルテリア」という犬種の10歳のオス犬です。

見た目はまだまだ若いですが、体のほうが老いてきてて。

 

そんなサムに異変が起こったのはある日の朝でした。

起きるとサムの寝ていた場所に血のようなシミが。

これが病気の前兆というか、始まりでした。

その時の話はこちらに詳しくまとめてみました。

犬の尿に「血」が!この時考えられる病気とは…

 

そんなこともあり、心配になり病院に連れていくことに。

診断の結果、「前立腺肥大」という病気になっていることが分かりました。

そして、獣医さんから「去勢をしたほうがいい」と指摘を受け、今にどのような決断をするべきか迷っています。

獣医さんから去勢を進められましたが、「絶対に去勢をしなければいけない」という状況ではないそうです。

ただ、去勢をすれば「前立腺肥大が治りやすくなる」と言われました。

 

愛犬が苦しむ姿をこれ以上見たくない僕からすれば、去勢をさせたい気持ちはやまやまですが…

でも、去勢をしたことで別の病気が起こるかもしれない恐怖心もあります。

そうなってしまうと、さらに愛犬を苦しめることになりますから。

 

となれば、やはり去勢はさせないほうがいいのかも

そんな風に僕は思ってます。

だけど、実際まだはっきりとした決断はできずに今も悩んでます。

Sponsored Link

犬の前立腺肥大は去勢手術以外にも治療法があった!

愛犬の去勢をするべきかしないべきか、僕は今ものすごく悩んでいます。

でもある時、

「去勢手術以外にも治療法はあるはず!」

こう思ったのです。

 

僕なりにいろいろ調べてみたところ、

  • ホルモンを整える
  • 食事

この2つでの治療法を発見しました。

ここではその2つについて詳しく紹介していきます。

犬の前立腺肥大の治療は、ホルモンを整える治療法も!

犬の「前立腺肥大」は去勢手術以外の治療法として「ホルモンを整えてあげる」があります。

いきなりそう言われても分からないと思うので、まずは前立腺肥大の原因について簡単に説明します。

 

前立腺肥大の原因で広く考えられているのは「ホルモンのバランスの乱れ」です。

ホルモンは年を取るにつれて乱れやすくなるため、高齢犬になるにつれて発病のリスクも高くなっています。

しかし、あくまでもそう考えられているだけで、実際まだはっきりとした原因は見つかっていません。

 

もしも、ホルモンの乱れが原因なら、ホルモンのバランスを整えればいいのです。

そうすることで、病気の症状も治まりやすくなります。

前立腺肥大はオス犬しか起こらない病気なので、男性ホルモンを抑えることが前提です。

ホルモンを抑える薬を飲めば、肥大を抑えることができるのですが、これにはひとつ欠点が…

それは「毎日薬を飲み続けないといけない」というデメリットがあります。

 

ホルモンを抑える薬なので、毎日飲まないと効果が薄れてしまいますから。

もし飲み忘れたり、飲まない日が続くと「前立腺肥大」が再発してしまうかも。

言い方が悪いですが、言ってみれば、その場しのぎみたいな感じですね。

 

また、この治療法は「前立腺肥大が完璧に治る」という保証はどこにもありません。

あくまでもホルモンを抑えるだけなので。

根本的な問題は変わりません。

 

「愛犬に手術をさせたくない…」と考えるなら、ホルモンを整える薬で愛犬の治療をしてあげる方法もあります。

自分で判断して薬を飲ませたりするのは危険なので絶対にやめましょう。

まずは獣医さんに相談し、そのあと飼い主であるあなたが決断をしてください。

Sponsored Link

犬の「前立腺肥大」は、「食事」で治ることもある!?

もうひとつの治療法として「食事」があります。

「食事で愛犬の前立腺肥大が治せるの」、そう思いませんでしたか?

 

だけど実は、治すことができるのです!

ただ、前立腺肥大が初期段階だった場合にのみ治すことができます。

とは言っても、初期段階の発見はかなり難しいみたいです。

 

症状がほとんど現れず、僕たちも犬も気付かないくらいらしい。

そのため、食事で治すのは初期段階しか無理です。

あくまでも、「食事」による治療は日ごろからの予防という意味で覚えておいてくださいね。

 

食事での予防なら、犬の体に負担の少ない餌にするといいですよ。

僕がおすすめなのは「プレミアプドッグフード」というもので、栄養バランスから素材まで愛犬のことだけを考えて作られています。

 

愛犬の将来を思うと、出来るだけ早いうちに予防を始めましょう。

愛犬の食事については、こちらを参考にしてください。

 

そして、少しでも愛犬に症状が表れたら病院に連れていきましょう。

しっかり検査をしてもらうことが大切です。

犬の病気については、

こちらにも良かったら参考にしてみてください。

犬の前立腺肥大のまとめ

僕の愛犬サムは「前立腺肥大」になってしまい、今本当にどうしようか迷っています。

でも今回、治療法が「去勢手術だけではない」ということが分かったので、選択肢の幅も広がりました。

 

  • ホルモンの乱れを整える薬
  • 食事

なども参考にしながら、最終的な判断をしていこうと思います。

あなたも僕と同じように悩んでいる、もしくは悩むことになるかもしれません。

 

そのときのアドバイスとして一言。

一番大事なのは「愛犬の気持ちを考える」ということです。

真剣に真剣に悩んで出した答えなら、絶対に後悔はありませんから。

 

愛犬の気持ちを思いながら、治療法を選んでみてくださいね。

僕の体験が役に立てていれば、うれしく思います^^

こちらにも僕の体験を書いています。

参考にしてみてください。

Sponsored Link