突然ですが、あなたに質問です。

 

「ペットショップで販売されている犬や猫たち、

もし新しい飼い主が現れず、売れ残ってしまった場合、

その後、どうなると思いますか?」

 

人それぞれ考えは違っていると思いますが、

おそらく多くの方が、保健所たっだり実験だったり

悪い末路をイメージしたのではないでしょうか。

 

僕もそういう質問をされれば、まず良いイメージを考えることはありませんね。

だって、実際に日本には、1年間だけで苦しみながら最後を迎えている犬や猫たちがたくさんいるのですから。

 

そういう事実を知っている人は、おそらく

ペットショップで売れ残りになった犬や猫たちにも

あまり良い印象を持たないはずです。

 

しかし、実際のところ、

ペットショップで売れ残った犬や猫にも

悪い末路だけが残されているわけではありません。

 

そのまま残ってお店の看板犬になったり、

里親さんに引き取ってもらったり…

幸せな犬生を送っている子たちもいるのです。

 

そして、それを支えているのが

「苦しむ犬ちゃん猫ちゃんを助けたい!」

という思いで必死になって活動している団体や個人、

ボランティアさんたちのおかげでもあります。

 

今回はそれを知ってもらいたくて

ペットショップで売れ残りになった犬のその後、

また、わんちゃんたちの里親制度について、

僕の考えを交えながら詳しく話していきたいと思います。

Sponsored Link

ペットショップで売れ残りになった犬はその後どうなるの?

売れ残ってしまった犬も、

すぐに里親さんや保健所のほうに預けられるのかというと、

そうではありません。

 

ペットショップ側も「商売」として

犬や猫の販売をしていますから、

なんとしてでも、売ってしまいたい気持ちがあります。

 

なので、まずは、

最初につけられた値段から徐々に値引きが行われ、

最終的にはありえないような値段で売られたりもします。

 

もしかすると、ペットショップで

「大特価」や「値引きしました!」のような文字を見かけた事があるかもしれませんが、

まさしくあれがそういう事ですね。

 

大幅な値引きをしてもダメだった場合。

それでも売れ残ってしまった犬というのは、

次の末路を辿ることになります。

 

ペットショップによっては生涯そのまま飼われ、

お店の「看板犬」としてお客さんのお出迎えをしたりする子。

 

別の格安ペットショップに移される子、

生まれ故郷のブリーダーさんの元に帰る子、

里親さんや保護団体さんに引き取られたりする子もいます。

 

それでも残ってしまった犬たちは、

保健所に預けられることも。

 

ただ誤解されないように言いますが、

保健所でも、一定の期間内はちゃんと新しい飼い主さんを探してくれます。

 

現在では保健所の多くが

ペットショップからの犬や猫の受け取りを断っている所が多く

売れ残っても保健所に預けられることは少なくなっているようですが…

 

ここまでの末路であれば、売れ残りの犬たちにもまだ、

「新しい飼い主さんとの出会い」が残されています。

運が良ければ、生涯のパートナーにも出会えますからね。

 

でも、残念ながら、すべての売れ残りの犬たちに

そういう明るい未来が残されているわけではないのです。

 

研究用の犬として、大学や医療機関に引き取られたり…

悪いペットショップだと、悪徳業者に有料で引き取らせたりもしています。

 

これが今、あなたの目の前で起こっている現実です。

これが今の日本の現実なんです。

 

おそらく、これを読んで

「なんてひどいことをしてるんだよ!」って思いましたよね。

怒りと悲しみ、僕もあなたと全く同じ気持ちです。

 

でも、何よりも、もどかしいのが、

そういう事が起こっているのにも関わらず何もできない自分の無力さ。

人としての恥ずかしさのほうが大きいです、僕は。

 

この現実を知ってても行動できない自分。

だからこそ、せめてこの記事を通して、

今の現実を伝えられたらなと思っています。

Sponsored Link

ペットショップで売れ残った犬たちの里親になるための条件とは

さっきの話の中で「里親」という言葉が

ちらっと登場したと思いますが…

この制度、知っていましたか?

 

「当たり前でしょ!」

そう感じている人がほとんどだと思います、すいません。

 

実は、この里親制度のおかげで毎年

ペットショップで売れ残りになった犬たちのたくさんの命が救われているんです!

 

保護団体さんに引き取られた犬たちは、

団体を通してペットを探している方、つまり「里親」探し、

そして新しい飼い主さんに引き取られていく、というイメージですね。

 

でも、誰でも簡単に里親さんになれる

というわけではないのが、この制度の欠点です。

犬を預かる団体ごとにある、一定の条件を満たしてないと

引き渡しが出来ないこともありますから。

 

「引き取るのにどうしてそんな事をする必要があるの?」と思った人もいるかもしれません。

 

その理由としては、保護団体に引き取られた多くの犬や猫というのは

山あり谷ありの人生を送っているから。

それぞれに心の闇を抱えながら生きてきたからなんですね。

 

里親さんに会うまで、苦難の連続で生きてきて、

明るい明日も見えず不安な気持ちで一杯の日々。

 

ペットショップで一人寂しく売れ残りになったり、

飼い主さんに見捨てられたりと、この子たちなりの辛い過去があります。

 

だからこそ、ペットショップのように

簡単には引き取りを許可してもらえません。

里親さんになるための条件の一部を紹介すると、

 

  • 犬たちを本当に幸せにしてくれる人なのか
  • 経済的にゆとりがあって、ご飯や用品に苦労しないか
  • 毎日しっかりお世話をしてくれるのか
  • 途切れることのない愛情を与えてくれるのか
  • 犬生の終わりまで付き添ってくれるのか

などなど…

 

色んなことを総合的に判断して、

「よし、この人なら大丈夫!」

という部分まで来て、初めて犬の引き渡しが行われるのです。

 

つまり、里親さんになるためには

大きな「自覚」と「責任」が求められます。

 

犬は商品ではありません。

人間と同じ価値を持った「かけがえのない命」です。

大切な命を扱うためにはやはり、それなりの準備と覚悟が必要です。

 

それに、飼い主になる僕たちは犬を選べますけど、

犬は飼い主を選ぶことが出来ません。

だからこそ、逆にわんちゃんたちには、僕たちが幸せにしてあげる義務があります。

 

これからもし、「犬の里親になろう」って考えているなら、

もう一度、本当の「里親」の意味というものを考えてみてくださいね。

そうすればきっと、あなたも愛犬も幸せになれると思います。

ペットショップで売れ残りになった犬たちに今僕たちができること

今の僕たちが、ペットショップで売れ残りになった犬たちに出来ることは何か。

 

この事について、考えれば考えるほど

分からなくなってしまいますよね。

できる事と言っても、自分でやれる事は限られてきますし…

 

実際、僕も「何とかしてあげたい!」

という気持ちは人一倍の自信がありますよ。

でも、心のどこかで「所詮一人だし…」という思いがあって、

いまだに行動することが出来ていません。

 

何度も言いますが、

「ペットたちを助けてあげたい!」

そういう気持ちは自慢じゃないけど、めちゃくちゃ強いです。

 

でも、一人で何かをしようとなると、

思いはあっても、結局何もできないままでいる自分。

あなたにもそういう経験ありませんか?

 

それなら、一人の力ではなくて、みんなで協力して何かをすれば良いのではないでしょうか!

 

海外、ヨーロッパのほうでは、

犬や猫を保護するための「シェルター」を個人や団体が作っているようなので。

しかも、その数といったら数えきれないくらいあるそうです。

 

でも…、自分ひとりで、

シェルターのような、こんな大がかりな事はできませんよね。

 

だからこそ、僕たちひとりひとりが

「今の現実を知っておくこと」が大事になってくると思うんです。

 

ペットショップで起こっている現実を知ってもらい、

そして、売れ残りになる犬たちの存在も知ってもらう。

要するに、意識することが大切なんです!

 

そう言うわけで、もし

わんちゃんを幸せにする自信があれば、

里親の制度を利用してみてください。

 

それから、里親になる前には、

犬とあなたとの相性もありますし、

一度実際にわんちゃんと触れ合うことをおすすめします。

 

里親の見学ができるイベントについて、

こちらも良かったら、参考にしてみてください。

 

そして、犬たちの飼い主になるなら、

「責任」と「自覚」をもって最後まで家族に迎えてあげてくださいね。

 

「里親になってあげたいけど…現実的にムリ」と思っているなら、

本当に身近なことではありますが、

TwitterやInstagramなどでつぶやくだけでも多くの人に知ってもらえると思います。

 

わんちゃんは、モノ(商品)ではありません。

僕たち人間にとって、大切な心の支えであり、

かけがえのない家族の一員ですから。

 

そのことは決して忘れないでくださいね。

 

個人の意見が多い記事になりましたが、

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました。

Sponsored Link