• 優しい目をしている
  • 誰にでもフレンドリー

「柴犬」 をみると、一見そんな風に見えます。

 

しかし、見た目のギャップと違って、柴犬は恐れ知らずな性格とも言われることがあるのです。

とは言っても、いきなりそんなことに言われても全然納得いきませんよね、おそらく。

 

ここでは、柴犬の「恐れ知らずな性格」について、ホントなのを僕なりに考えてみたので、その結果を暴露したいと思います。

そして、柴犬が自信満々な理由についても紹介していきます。

Sponsored Link

柴犬の性格は恐れ知らず?考えた結果は…

柴犬の人気は今や、日本にかぎらず世界中でその名が知られるようになっています。

世界共通として、柴犬は「shibainu」として呼ばれているほどの有名ぶりなのですよ。

 

その人気にも理由があって、

  • 飼い主以外のひとには見向きもしない

そんな柴犬の忠実な精神が多くの人のハートをつかんでいます。

 

柴犬と言えば、昔から僕たちの生活にめちゃめちゃ身近な存在のワンちゃんですよね。

今はあまりないかもしれませんが、昔は番犬として「柴犬」を飼っている方が多くいました

 

もしかするとこれも、

  • 柴犬が身近な存在であったこと
  • 「恐れ知らず」の性格であったこと

この2つが関係しているのかもしれません。

 

それに、もともと柴犬は寒い地域に住んでいたこともあり寒さにもめっぽう強く、番犬としては最適だったのだと思います。

こんな感じで、僕なりに柴犬の「恐れ知らずな性格」について考えた結果、その性格が「ホント」ではないかと思います

 

柴犬の性格が恐れ知らず(自信満々)であるもう一つの理由

「恐れ知らず」の性格がホントだと思った理由をもう一つ追加しますね。

さっきは「番犬だったことが、恐れ知らずな性格の理由なのかも」という風に紹介しましたが、もう一つ心当たりがあって。

 

実は大昔から柴犬は、僕たち人間の狩りの手伝いをする「猟犬」として活躍してきました。

「猟犬」と言うことは、小さな動物だったり、場合によっては自分よりの大きな体をした動物にも会うわけです。

狩りの手伝いをする限りは、どんな場合であろうと、相手に立ち向かっていかなければいけません。

 

だとすれば、出会った相手を「怖い」と思う暇はありませんよね。

どんな相手にも立ち向かわないといけないので、「怖い」という気持ちがあったら狩りの手伝いはできまりませんから。

あくまでも僕の推測ですが、このことが柴犬を「恐れ知らずな性格」にさせたのだと思います。

 

させたというか、もともと柴犬自体がそんな性格だったから、猟犬に向いていたのかと。

それに、柴犬は運動神経もいいため、動物を捕まえるのも上手なのです!

このことも柴犬の自信満々さの表れなのではないでしょうか。

 

柴犬の性格は「恐れ知らず」とは限らない!

「柴犬は恐れ知らずな性格をしている」

僕の話を聞いて、そんな風に感じたかもしれません。

しかし、柴犬みんながそういう性格をしているわけではないのです。

 

恐れ知らずな性格の柴犬もいれば、逆に、臆病な性格の柴犬もいます。

言ってみれば、犬それぞれ。

だけど、一般的に柴犬は「恐れ知らず」と言われることが多いみたいですけど…

 

それなら、「臆病な性格の柴犬なんていないんじゃないの?」と思いませんでしたか?

しかし、絶対にいないと言い切ることはできません

 

柴犬が臆病な性格になる理由としてはいろいろありますが、

  • 社会性が足りていない
  • もともとの性格

特にこの2つがあります。

 

子犬は親や兄弟と過ごす時間の中で”社会性”を身に付けるのですが、悪いブリーダーさんだと小さいうちに親や兄弟から子犬を引き離してしまいます。

なぜかというと、ワンちゃんは小さければ小さいほど人気があるから。

 

その理由で親や兄弟から引き離してしまうのですけど、生まれてすぐは社会性を身に付けるのめっちゃ大切な時間です。

そんな時間をなくしてしまうと、社会性が不足し、他の犬との接し方が分からず、柴犬は臆病な性格になってしまうのです。

 

最近は、柴犬の人気が高くなってきているため、お金目当ての悪いブリーダーさんもいます。

家族に迎えい入れるときには、柴犬が生後何ヶ月目なのかを十分に確認しましょう。

Sponsored Link

柴犬は恐れ知らず以外の性格は?

柴犬の性格には「恐れ知らず」というもののほかにも、いくつか性格があるので紹介します。

誠実(せいじつ)

柴犬の性格と言えば、やはり”誠実”ということです。

昔話や有名な映画のなかでも柴犬はたびたび登場し、飼い主さんの指示をよく聞いて、忠実な姿を見せています。

世界からも柴犬の誠実さに注目が集まっていて、多くの方から愛される存在です。

鋭敏(えいびん)

もともと、狩りの手伝いをする「猟犬」だけあって、利口なわんちゃん。

狩りをするときには、自分で考え行動することが多いため、素早い判断が必要となってきます。

柴犬は利口なわんちゃんなので、そういう面でも猟犬として向いているように感じました。

鋭敏とは、判断力がすばやいことや頭がイイことをいいます。

活発(かっぱつ)

柴犬は大きさで言うと、ダックスフンドやチワワなどの「小型犬」のグループに入っています。

しかし、運動量の多さで言うと「中型犬」のグループとほぼ同じ。 運動量が少ないとストレスが溜まってしまうかもしれません。

そうならないためにも、散歩は出来る限り長めに行ってくださいね。

 

恐れ知らずな性格以外にも、このような性格を柴犬はもっています。

良い関係を作っていくためにも、恐れ知らずな性格以外も知っておいたほうが得ですよ^^

柴犬の性格については、こちらも参考になると思います。

柴犬の「毛色」って何種類?色によって性格は変わるの!?

柴犬の性格(恐れ知らず)で注意するポイント

そんな恐れ知らずな柴犬ですが… 良い関係をつくっていくためにはいくつかのポイントに注意しなければいけません。

 

まず一つ目のポイントは「柴犬をリードしてあげる」ということ。

柴犬は恐れ知らずな性格をしているため、飼い主であるあなたを守るためなら、自分より大きなわんちゃんでも立ち向かっていくはずです。

 

しかし、実際にそんなことをしてしまうと柴犬自身がケガをしてしまうかもしれません。

そのため、柴犬から守ってもらう立場ではなく、あなたが柴犬をリードする立場になりましょう!

そうすれば、柴犬も他の犬に立ち向かっていく必要はありませんから。

 

二つ目のポイントは「他のわんちゃんとのケンカ」。

さっきも紹介したように、柴犬はとても勇敢で大きなわんちゃんでも関係なしに立ち向かっていきます。

たとえ愛犬柴犬はケンカする気がなくても、他の犬が吠えてくれば、ケンカになり兼ねません。

 

ケンカにならないためにも外にお出かけするときは、遠くから愛犬柴犬に吠えてくる犬がいれば、

  • その道を避けて通る
  • 犬が通り過ぎるのを待つ
  • おやつで気とそらす

 

このようなことをしてみてください。

恐れ知らずな性格なので、きっと吠えられたら吠え返しますから。

 

三つ目のポイントは「愛情をたくさん注ぐ」ということ。

飼う主さん思いで、常に忠実な柴犬。 恐れ知らずな性格から、ひとりでお留守番しても平気なわんちゃんなのです。

しかし、あまりにも長い時間一人でお留守番をさせてしまうと、さすがの柴犬も寂しい気持ちになってしまいます。

 

もし、日中仕事で家を空けるなら、せめて夜は愛犬と触れ合うようにしてくださいね。

逆に、夜中に家を空ける場合も同じです。

愛情をたくさん注げば、愛犬もそれに応えてもっともっとあなたに忠実になってくれずはずですから。

 

  • 撫でてあげる
  • 散歩に行く
  • ご飯をあげる

毎日の何気ない行動が、あなたと柴犬の距離を縮めてくれます^^

 

柴犬の性格「恐れ知らず」ってホントなの?

それでは最後にまとめをします。

柴犬の「恐れ知らずな性格」がホントなのかというと、ホントです

 

僕がそう思った理由として、

  • 番犬だったこと
  • 昔から猟犬として活躍していたこと

この2つがあったからです。

 

番犬でも、猟犬でも、普通のわんちゃんならそう簡単になれるものではありません。

その面からも、柴犬の自信満々さを感じることができますね^^

 

性格が恐れ知らずなこともあるので、柴犬と外にでるときは他の犬との触れ合い方に十分注意してください。

柴犬については、

こちらにもまとめているので、参考にしてみてくださいね。

おすすめ記事