愛猫の去勢をされた方、お疲れさまでした!

いろいろな不安があったと思いますが、無事に終わって良かったですね。

 

と、言いたいところですが…

愛猫の去勢後、数日たってから、

愛猫が去勢後に吐くようになった…

こんな不安を感じていませんか?

 

  • ご飯を食べたあとに…
  • 何も食べていないのに…

こんな感じで、お腹を大きく動かし、いきなり吐きませんでしたか?

 

去勢が終わって、やっと不安から解放されたばかりなのに吐くようになってしまって…

実は、うちの愛猫たちも、先日去勢の手術を終えたばかり。

 

そのうちの1人、愛猫チビが去勢後に吐くようになり、めっちゃ心配で…

今回は、そんな僕の体験を話しながら、吐くようになった原因や考えられる病気、対処法について紹介していきます。

Sponsored Link

愛猫が去勢後に吐く!吐く前から異変はあった

愛猫チビが吐いたのは、去勢後2日目の夕方

それまでは変わった様子もなく、いつもどうりご飯を食べ、いつもどうり遊んで、吐くような気配は一切ありませんでした。

 

あなたの愛猫も、まさにこんな感じじゃなかったですか?

うちの愛猫チビが吐くようになった去勢後2日目の夕方ですが…

 

その日は、朝からいつもと様子が少し違っていたのです。

愛猫チビは毎朝5時に鳴いて起こしてくれるのですが…

その日だけは鳴き声に元気なくて、少し声が小さく、どこか悲しそうに「ニャ~」という感じで。

 

(愛猫チビ)

 

そして、朝ご飯をあげても食欲がなく、いつもの6割くらいしかご飯を食べてくれませんでした。

多少の不安はあったんですけど、「朝だけかな」と思って、とりあえず様子を見てみることに。

 

夕方、たぶん午後3時くらいだったかな。

愛猫チビがいきなり吐きました。

胃液が混じっていて、量的にはそんなに多くなかったのですが…

 

でも、1回じゃなくて、30分後にもう一回。

合計2回、夕方は吐きました。

Sponsored Link

愛猫が去勢後に吐いた原因は「痛み止め」

恐る恐る愛猫に、夜のご飯をあげてみると…

クンクン匂いを嗅ぐだけ。

まったくご飯を口にする様子はなく、結局一口も食べてくれません。

 

朝も夜もご飯を食べてないから、「大丈夫だろうか…」と焦って、不安で不安で…

しかも、ご飯を食べてくれないうえに、夕方から夜にかけて、合わせて6回また吐いています。

 

その6回は、

  • 何も食べてないのに吐く
  • ちょっと水を飲んだだけで吐く

こんなことの繰り返し。

 

僕にはどうも、愛猫チビのカラダが食べ物を拒否しているようにしか思えませんでした。

だって、ご飯も食べてもないのに何回も吐くなんて…

絶対におかしいですから。

 

不安な気持ちのまま、とりあえず僕は眠ることに。

次の日(去勢後3日目)、今日もやはり朝ご飯をまともに食べてくれません。

 

やっぱり一度見てもらったほうがいいかなと思い、朝一番でかかりつけの動物病院に行きました。

動物病院の先生と話をしていく中で、原因らしきことが分かりました。

 

愛猫チビの去勢では少し切除した部分があったので、その部分の痛みを抑えるために痛み止めを出してもらっていました。

獣医さんいわく、「去勢後に服薬した痛み止めの影響だろう」とのこと。

 

ちなみに、痛み止めは、固形かジェル状を選べたんですけど、愛猫チビには「ジェル状」を出してもらいました。

シリンジに薬が入った状態でした。

シリンジとは写真のように注射器のように感じるますが、針がない注射器です

 

病院での治療として、胃液を抑える薬と、ほとんどご飯を食べていないこともあったため、皮下点滴を行いました。

皮下点滴とは、皮膚の下に点滴液をいれることで、おもに脱水症状を防ぐことが目的の治療法

 

猫の去勢後に吐く!考えられる病気は3つ

愛猫チビは注射が嫌いで、皮下点滴をするとき針を刺すんですが…

めちゃ怖がってて、飼い主として申し訳ない気持ちでいっぱいでした、正直。

 

病院にいったその日は朝から愛猫チビに元気はなく、病院から帰ってきた後も、足がフラフラした様子。

一日中、ずっとおとなしかったのです。

愛猫だけど、愛猫じゃない気がして、本当に心配でした。

 

その日の夜(去勢後3日目)、吐くことはなかったものの…

やっぱり、ご飯を食べてくれません。

朝一番で皮下点滴をしてもらっているから、ご飯を食べなくても大丈夫だとは思いますが…

なんか心配。

 

そんな気持ちがあったので、少し「猫が去勢後に吐く」ということについて調べて見ました。

愛猫チビの場合は、

  • 頻繁に吐く
  • 元気がない

この2つの症状があったので、それを踏まえて調べた結果、考えらえることとしていくつかの病気があったんです。

 

  • 肝不全(かんふぜん)

→吐き気や食欲不振などが症状としてあり、ホルモンの異常で起こったりすることがあって、肝臓本来の働きができなくなる病気

 

  • 腎臓病(じんそうびょう)

→嘔吐や食欲不振、元気がなくなるなどの症状があり、老廃物の処理をしている腎臓が機能しなくなる病気

 

  • 胃炎(いえん)

→嘔吐や吐き気、食欲不振などの症状があり、薬が原因で起こったりすることがあって、胃に炎症が起きる病気

この3つがありました。

 

どの病気もけっこう深刻なものばかり。

「なったら危ない」ということを多く目にしました。

 

あくまでも僕が調べた結果なので、ひとつの参考ですけど…

調べてみて、ますます不安が膨らむ一方。

これ以上は怖くて調べることが出来ず、その日の夜は、明日の朝の回復を願って眠りました。

 

一時は止まった愛猫の吐く行為が、再び…

翌朝(去勢後4日目)、ドキドキした気持ちで愛猫チビにご飯をあげてみると…

なんと、少しだけ食べてくれました!

 

いつもの2~3割くらいですが…

食べてくれただけ、こんなにうれしさを感じたのは初めて。

 

いつも愛猫にはお皿でご飯をあげるのですが、それだと食べてくれませんでした。

なので、今日は僕の手で一粒一粒キャットフードを食べさせてみたんです。

それが良かったんじゃないかなと、僕は思っています。

 

一応、ご飯は食べてくれたものの、やっぱり元気・食欲はありません。

吐くこともなく症状が悪化しているわけでもないのですが…

心配だったので、その日も朝一番で病院に連れていきました。

 

昨日と同じで、薬と皮下点滴の治療を。

治療が終わってから、愛猫は夕方までは吐くこともなかったけど、その夜、再び吐きました。

しかも、3回!

 

食欲もあまりないし、吐くし、僕の気持ちもめちゃめちゃブルーに。

「どうにかしてあげたい!」

そう強く思ってはいたけど、正直、もうどうしていいのか分かなかった…

Sponsored Link

愛猫を連れて、セカンドオピニオン

次の日(去勢後5日目)、吐くことも食欲不振も相変わらずの様子。

そんな状態だったので、他の獣医さんの意見を聞くために「セカンドオピニオン」をしました。

セカンドオピニオンとは、患者さん(ここでは愛猫チビ)が納得できる治療法を選べるように、現在のお医者さんとは別のお医者さんに見てもらうこと

 

セカンドオピニオンをした病院で、去勢後に吐くようになった経緯を話し、診察をしてもらいました。

それから、「猫が去勢後に吐く」ということについて調べてたとき、肝臓の病気が気になっていたので…

「血液検査」もしてもらいました。

 

検査の結果…

愛猫チビの体に異常はなし。

 

そのほかにも、「白血病」と「FIV」の検査をしてもらったんですが、両方とも異常なし。

今まで感じたことないくらい、ホッとしました、ホントに。

白血病(FeLV)とは、猫白血病ウイルスを持った猫が他猫とのけんかなどによって、ケガを負わせた場合に愛猫の猫に移り、食欲不振、体重が減るなどの症状が現れる病気

FIV(猫免疫不全ウイルス)とは、感染すると免疫力が低下させる病気

 

診察の結果をみて、吐く原因については獣医さんからこんなことを言われました。

断定はできませんが、去勢手術に大きなストレスを感じていたのかも。それに、チビちゃんの場合、子どもの頃、頭に怪我をしていたということだったので、脳に負担がかかっていたのかもしれませんね

実と言うと、愛猫チビは、小さな子猫のころに道路でカラスにつつかれているところを偶然発見し、保護をした猫なのです。

Sponsored Link

愛猫の過去が去勢後の「吐く」原因に!?

たしかあのときは、うちのもう一人の愛猫(ジェリー)と愛犬(サム)を連れて、車で散歩に行こうとしていたときの出来事。

家を出発して、2分もかからない所で、道路の隅でカラスが群がっているのを見つけました。

そして、良く見てみると、その中心には小さな小さな子猫が…

その子猫が、今の愛猫チビ。

 

※ この時の様子は、

こちらに詳しく書いているのは、良かったら見てください。

 

保護した子猫をみると、運よく外傷はありませんでしたが、頭をカラスにつつかれたらしく、ケガを負っていました。

病院に連れて行くと、ぶっちゃけ「もう無理かもしれません…」という風に獣医さんに言われたくらい…

 

(保護をした直後の愛猫チビ)

 

だけど、獣医さんたちの熱心な治療のおかげもあり、何とか元気になることができました。

6ヶ月経った今も、若干もうひとりの愛猫と違っている部分はあるけど、全然普通に生活できています。

 

(今の愛猫チビ)

 

そんな大変な過去をもつ愛猫チビなので、昔のケガが原因で、去勢後の「吐く」ということになったのかもしれません。

おまけに、つつかれた場所が「頭」だったから、なおさら去勢後の負担が大きかったのかな。

 

飼い主として、愛猫チビのその部分に気付けてあげなかったことは、本当に後悔しています。

絶対に昔のケガが影響しているとは限りませんが、少なくとも可能性としては「ゼロ」ではないと思います。

 

猫が去勢後に吐くのは、今も続いているの?

今のところ、まだはっきりとした原因は分かっていません。

でも、愛猫チビの去勢後8日目の今は、吐くこともなくなり食欲も少しずつ戻ってきました。

少しずつ少しずつ、去勢前の愛猫チビに戻ってきています^^

 

去勢後の痛み止めが原因なのか、去勢手術のストレスなのか、過去の頭のケガが原因なのか、そこは分かりません。

だた、愛猫チビが元気になってくれることだけが、僕の願いだったので、本当に良かったと思っています。

 

まとめ【猫の去勢後に吐くことについて】

長い話になってしまいました。

最後に、吐くようになった原因、考えられる病気、吐くときの対処法をまとめてみます。

 

■原因

  • 去勢後の「痛み止め」の影響
  • 去勢手術のストレス
  • 愛猫チビの場合は、子猫の頃のケガの影響

 

■考えられる病気

  • 肝不全
  • 腎臓病
  • 胃炎

 

■対処法

  • 去勢後に病院で診察してもらう
  • セカンドオピニオンをしてみる
  • 水を半日あたえない
  • 優しくなでてあげる

 

対処法のなかに、話の中では紹介していないことが2つあるので、補足として説明します。

「水を半日あたえない」というのは、基本的に猫が吐くときは「おなかの中にモノを入れないでくれ」の合図。

 

そのため、朝のご飯をあげた後は、夕方になるまで水をあげないようにしてください。

日中、水をあたえないと、半日絶食の状態になるため、おなかの調子が戻ってくるかもしれません。

 

「優しくなでる」というのは、猫の習性として体に異変を感じたとき、隅っこで小さくなるんですよ。

もちろん、吐いた時も。

なので、最も猫が信頼しているあなたに撫でてもらうことで、猫自身の不安や恐怖を和らげることができます。

 

その時、うれしいかうれしくないはしっぽを見れば分かります。

こちらも参考にしてください。

 

吐いたときには、優しい気持ちをもって愛猫に接してください。

以上が補足です。

 

愛猫の去勢後の吐く行動を見たら、最初にすべきことは

去勢後に愛猫が吐くようになると、もの凄く心配になると思います。

実際、うちの愛猫も去勢後3日目から吐き出して、それから3~4日は食欲も元気もありませんでしたから。

 

四六時中(しろくじちゅう)愛猫のことしか考えてないくらい、ホントに心配で…

心配だったからこそ、いろいろ悩んでその結果、病院に行くことが最善の策であると思い、何度も病院に行きました。

 

もし、あなたも愛猫の去勢後、愛猫のことで少しでも悩みや不安があれば、かかりつけの病院、もしくは、近くの病院に相談しに行ってください。

どうしても「自分一人で解決しなきゃ」と思ってしまうかもしれません。

自分出来る対処法はありますが、あくまでもそれは応急処置みたいなもの。

表面上の問題は解決するかもしれませんが、表面下にある問題は解決できません。

 

となると、病院に連れて行って、専門の先生や獣医さんの力を借りるのが一番

今回まさに僕が、去勢を終えた愛猫チビを見てそう思いましたから。

 

■去勢の記事まとめ

猫の去勢はしない?「する」という決断をした僕の本音話

猫の去勢後の餌、選ぶときの5つポイント!

愛猫の体験から語る「去勢時期」のタイミングとは!?

 

Sponsored Link