愛犬ダックスフンドを見てて、

「あれっ?今日は何か様子が変だぞ!」

と、歩き方やしぐさで違和感を感じたことありませんか?

 

愛犬(ダックスフンド)に少し違和感を感じたけど、一つの動きがおかしいだけでそれ以外は普段通り、しかも、すぐに治ってしまった。

だから、「別にいいや」、そんな風に思いがちになると思うんです。

 

けど、実はダックスフンドがなりやすい「ヘルニア」の症状なのかもしれません!

胴が長い犬種のダックスフンドは特にそんな風に言われることが多いですから。

ここでは、早い段階で愛犬の異変に気付き、早期発見するために、普段の生活でヘルニアが疑われる症状と、逆に、実際のヘルニアの症状を紹介していきます。

Sponsored Link

ダックスフンドのヘルニアには前兆がある!?その症状とは

ダックスフンドの「ヘルニア」は、いつどんな時に起こるのか、まったく予想できないんです、もちろん僕にも。

かと言って、「予想できないのか」と言われると、そういうわけでもありません。

 

「は?」という気持ちで、いっぱいなはず。

実は…、予想することは出来ないのですが、「予測」することなら誰にでも出来るんです!

 

ほとんどの場合、愛犬ダックスフンドがヘルニアになるとき、足が動かなくなるなどの大きな症状が表れます。

その症状が現れて、飼い主さんは初めて愛犬がヘルニアになっていることに気付きます。

でも実は、それ以前に”前兆”的なことが起こるのです。

 

どんなことかと言うと、代表的なのが、

  • 散歩をトボトボと面倒くさそうに歩く
  • ソファの上り下りができなくなる
  • 震えが起こる
  • 抱っこをすると急に嫌がる
  • 散歩に行きたがらない

などのようなことが起こります。

 

もし、ここ1週間・1か月の間にこんな感じの愛犬ダックスフンドの変わった行動を見たのなら、ヘルニアの症状が表れる前兆(ぜんちょう)なのかもしれません。

  • しばらくは注意しながら見ておく
  • 早めに病院に連れて行って診察をしてもらう

このどちらかがいいのかなと、僕は思っています。

 

症状が軽かった場合、病院に行っても「ヘルニア」とは言われないかもしれませんが、そのあとも引き続き、注意が必要です。

あっ!それから、ここで紹介したことは、あくまでも前兆(ぜんちょう)なので、これが絶対に起こるとは限りません。

そこだけは間違えないでくださいね。

 

ダックスフンド|実際のヘルニアの症状

次は、実際、ヘルニアになるとどんな症状が出るのか紹介します。

ダックスフンドがヘルニアになる場合、症状としては「突然・急に歩けなくなる」ということが一番多いみたいです。

言い換えれば「下半身麻痺」の状態です。

 

激しく動いたり、ジャンプしたり、特に変わったことをしていたわけでなく、ホントにいきなり!

さっきまで愛犬(ダックスフンド)は元気に走り回ってたのに、今はもう足が動かない…、なんてこともあるのだそう。

 

そのほかにも、ダックスフンドを抱っこをしたときに短く強く鳴いたり、明らかに歩き方がおかしい場合もヘルニアの症状を疑ってください。

 

まとめると、

  • 突然歩けない
  • 抱っこをしたとき短く強く鳴く
  • 明らかに歩き方がおかしい

こんな感じが実際ヘルニアになったときに起こる症状です。

何度も言ってることですが、ヘルニアはいきなり起こるので、あなた自身も愛犬(ダックスフンド)も驚いてしまうと思います。

Sponsored Link

ダックスフンドがヘルニアになる原因は?

予想ができる症状と、実際に起こる症状についてはこんな感じです。

ダックスフンドはヘルニアになりやすい犬種ではありますが、そもそもどうして、ヘルニアになるのだと思いますか?

 

実は…、一言で「ダックフンドのヘルニア」といっても、原因は”2つ”に分けることが出来ます!

一つ目が「病気」で、二つ目が「ケガ」。

その1.病気

病気でヘルニアになってしまうなんて、ちょっと意外だと感じませんでしたか?

その病名は、ダックスフンドの遺伝的な病気である「軟骨異栄養症(なんこついえいようしょう)」。

軟骨が作られる過程が不十分で、完全に骨が発育しないという遺伝的な病気です。

 

ダックスフンドがなりやすい病気については、こちらにも詳しくまとめています。

ミニチュアダックスフンド圧倒的に多い病気とは!?症状/予防/治療法は?

 

ほぼすべてのダックスフンドが、この病気なる可能性があるといっても過言ではありません。

2~5歳のダックスフンドが一番可能性が高く、「危ない!」と言われているくらいですから。

病気の早期発見のためにも、カラダに異常がないか検査してもらうことが一番だと思います。

年に一回は「健康診断」を受けさせてくださいね。

その2.ケガ

遺伝的な病気でなければ、「ケガ」によってヘルニアになってしまう場合が多いです。

例えば、

  • 階段の上り下りを頻繁にする
  • 長い距離を走る
  • 高いところから飛び降りることが多い

 

など…いろいろありますが、この全部がダックスフンドのケガの原因となります。

一回のダメージは小さいかもしれないけど、何度も何度も繰り返されることで、結果として「ヘルニア」になってしまいます。

 

紹介したようなことを、日ごろからさせないことが大事なのかなと。

ダックスフンドの運動は大切ですが、ほどほどにしておきましょうね!

どんなことも、「適度」と「ほどほど」が一番ですよ!^^

 


 

この2つのことが原因で、愛犬ダックスフンドはヘルニアになってしまうかもしれません。

おそらく、ダックスフンドの場合は「遺伝的な病気」が原因であることが多いですよ。

 

ダックスフンド|今日から出来るヘルニア予防

ちなみに、うちの愛犬サムも足のケガをしたことあります。

ダックスフンドでも、「ヘルニア」になったわけでもありませんが…(苦笑)

愛犬サムの場合、階段を勢い余って5段目くらいから飛んでしまって、ジャンプの衝撃で後ろ足を痛めてしました。

 

その瞬間を僕はたまたま見ていたんですけど、「あっ!」と言ったときには、大ジャンプ!

 

もう、手遅れでした…(苦笑)

そのあとに、「ゴトン」という感じのスゴい音がして、後ろ足を引きずる愛犬の姿がありました。

 

痛々しかったですね、あのときは。

いままでにも何度がそういうことあったんですけど、ケガをしたのは初めてで…

おそらく、今までの積み重なりと、10歳の高齢犬ということが関係しているんじゃないかなと思ってます。

 

5か月くらいたったいまも、完全には治ってません。

というか、ぶっちゃけ治るまでにそうとう時間がかかりそうです。

 

愛犬の話が長くなってしまいましたが、ここからが”ポイント”です!

ケガをしたときから、僕は”ある予防”を始めました。

 

それは…

“散歩のとき、上り坂を歩かせにないようにする”

 

このことは愛犬サムを病院に連れて行ったとき、獣医さんから言われたことで。

「足への負担も考えると、平らな道なら問題ないけど、坂を歩かせるのはやめたほうがいい」という風に言われました。

 

そういうわけで、愛犬サムには「坂道ウォーク注意報」が出ています。

そのとき以降、坂道は抱っこをしたまま歩かせないようにしていますよ。

とは言っても、ときどきに忘れることがありますけどね(笑)

 

そのおかげか、ほんとに少しずつですけど、足がよくなってるのを実感しています!^^

散歩の距離も増えて、昔みたいな元気も戻ってきてますから。

僕の言いたいこと伝わりましたか?

 

つまり、愛犬(ダックスフンド)にも「上り坂を歩かせない」ということです!

ヘルニア予防としてはオススメの方法だと、僕は思いますよ。

 

ヘルニアの予防については、こちらでも詳しく書いているので参考にしてください。

愛するわが子(ダックスフンド)のために「ヘルニア予防6選」!

 

それから、もうひとつアドバイスがあって、

「上り坂」もなのですけど、出来れば「下り坂」も歩かせないでください。

 

愛犬サムの場合は、上り坂限定でしてますけど、下り坂もしてあげると、もっと質の高い予防になります。

「坂道を歩かせない」だけの簡単な予防なので、今日の散歩から始めてみてくださいね^^

 

ダックスフンドのヘルニアをいち早く見つけるには

愛犬ダックスフンドが見せる、何気ないしぐさや行動にも、きっと何か意味があるはずです。

ここで言ったら…

  • ソファの上り下りができない
  • 散歩に行きたがらない

など…

 

このような症状が現れるのは、もしかするとヘルニアの前兆なのかもしれません!

こういうことって、いつもとは違う行動だけど、軽視(けいし)しがちな行動です。

でも、こういうことこそ、気を付けるべきなんじゃないかなって思います、僕は。

 

愛犬(ダックスフンド)のヘルニアをいち早く見つけるためにも、普段と違う行動には十分に注意してください

ヘルニアになってしまったら、いろいろ大変ですから。

 

もしも、ヘルニアになった場合については

ダックスフンド|ヘルニアの治療方法と実際の治療費とは!?

こちらも良かったら、参考にしてみいてください。

 

毎年の健康診断も積極的に受けましょうね^^

Sponsored Link