「ドッグフードの”ナチュロル”って、どんなところがいいの?」

つくづく、そんなことを感じませんか?

 

最高級プレミアムドッグフードとは言われてはいるものの、ぶっちゃけ普通のドッグフードとの違いって、よく分かりませんよね。

「グレインフリーが体にイイ」とか、「ヒューマングレード」だとか、いろいろ言われてるみたいだけど、正直分からない…

だからこそ、ナチュロルについて分かりやすく知りたくないですか?

 

そこでこの記事では、

  • ナチュロルと他のドッグフードとの違い
  • 成分
  • 原材料

この3つを分かりやすく紹介していきます。

これを読んだあなたはおそらく、ナチュロルの公式サイトを見ても「知らない言葉はない」、そんな感じになると思います。

ナチュロルと普通のドッグフードとの違いは

ナチュロルは「プレミアムドッグフード」と呼ばれていますが…

普通のドッグフードとどこが違うのか、分かりますか?

 

正直なところ、「プレミアム」が付いているかいないかくらいしか分かりませんよね。

見た目にもそこまで大きな違いはありませんし…

それなら、実際どんなところが違うのでしょうか。

 

ナチュロルと普通のドッグフードとの違いは、

  • AAFCO(米国飼料検査官協会)のマークの有無
  • グレインフリー
  • グルテンフリー
  • 原材料へのこだわりの有無
  • 添加物を最小限に抑えているかいないか
  • ヒューマングレード

などなど…、主にこの6つです。

ナチュロルの中にある見慣れない言葉の意味

とは言っても、見慣れない言葉がたくさんありませんでしたか?

「AAFCO」だとか、「グレインフリー」だとか…

と言うわけで言葉の意味を紹介しつつ、6つを簡単に説明していきます。

「AAFCO(米国飼料検査官協会)」

「AAFCO」は「アフコ」と呼びます。

ドッグフードを製造するためには栄養の最低限の基準があるのですけど、「アフコ」はその中でも特に基準が厳しく、選び抜かれたドッグフードしか、そのマークをつけることが出来ません。

ナチュロルはその基準をクリアした数少ないドッグフードの一つです。

「グレインフリー」

トウモロコシやコメなどの穀物を一切使っていないという意味。

穀物はワンちゃんにとって消化しにくいもので、たくさん取りすぎてしまうと、消化不良や肥満、アレルギーの原因になってしまいます。

ドッグフードの製造にも量のかさましのために使われることがあり、ぶっちゃけあまりいいことではありません。

出来れば、ドッグフードを選ぶときにも、ナチュロルのような”グレインフリー”をオススメします。

「グルテンフリー」

グレインフリーと同じかなと思っちゃうんですけど、ちょっと違いが。

「グルテンフリー」は、穀物そのものではなく、穀物から作られたタンパク質を使っていないという意味があります。

分かりにくいかもしれませんが、穀物そのものか、そうじゃないかくらいの違いですよ。

「原材料へのこだわり」

ナチュロルは原材料にこだわりがあり、お肉とそのほかの素材を厳選して選んでいます。

「添加物を最小限に抑える」

基本的に添加物は「カラダに良い」と言われるものはなく、少なければ少ないほどいいのですが、使わないとどうしても見た目が悪くなったり、保存期間が短くなったりしてしまいます。

しかし、

ナチュロルの場合、開封後の保存方法を工夫することで、添加物を減らしても期間が長くなるような工夫がされています。

「ヒューマングレード」

人間(ヒューマン)が食べれる材料を使って製造したドッグフードのこと。

人が食べれるくらいだから、ワンちゃんにも安心して与えることが出来ますよ^^

 

見慣れない言葉の意味を分かってもらえましたか?

ちなみに、紹介した6つを含むすべての条件をクリアしているドッグフードこそ「プレミアムドッグフード」。

と言うわけで、ナチュロルと普通のドッグフードの違いを一言で表すなら、「プレミアムドッグフードの有無」です!

ナチュロルの成分は、理想のドッグフード並み!?

それなら、ナチュロルの成分を見てみましょう。

実際に「ナチュロルの成分」を写真で撮ってみました↓


※ 赤線で囲ってるところが成分です。

 

ナチュロルの成分は…

粗タンパク質:23~27%、粗脂肪:7~9%、粗繊維:2~4%、水分:9%以下、安定・持続型ビタミンC:1000mg/㎏、天然バイオフラボノイド:200mg/㎏

このようになっています。

安定・持続型ビタミンCとは、ビタミンの一種で、体をみずみずしい状態に保つのをサポート

天然バイオフラボノイドとは、天然成分でビタミンCの吸収をサポート

 

ワンちゃんにとって欠かすことが出来ないタンパク質が豊富に入っていて、なおかつ、脂肪の量もバッチリ!

これだったら愛犬にも安心して食べさせることが出来ますね。

でも…、「数字だけ見ても、いまいち分からないんだよなぁ」と感じてはいませんか?

そう言うわけで、「ナチュロルの成分」と「理想とされるドッグフードの成分」を比較してみました。

 

理想のドッグフードの成分は、

粗タンパク質:25~30以上、粗脂肪:10%程度、粗繊維:4%以下、水分:10%以下

このようになっています。

 

粗タンパク質を比べてみると、理想が「25~30%以上」で、ナチュロルが「23~27%」。

粗脂肪だと、理想が「10%程度」で、ナチュロルが「7~9%」…

 

って、ほとんど理想のドッグフードじゃないですか

 

こんな食事が毎日なら、きっとワンちゃんも元気になってくれるはずですよ^^

元気に走り回ったり、いつまでも一緒に過ごすことだって出来ますね。

 

ナチュロルについては、

こちらも良かったら、参考にしてみてください。

 

成分の話はこのくらいにして…

「原材料」はどうなのでしょうか!?

ナチュロルの原材料はぶっちゃけ良い?悪い?

実際にナチュロルの原材料を写真で撮ってみました↓


※ 赤線で囲っているところが原材料です。

 

ナチュロルの原材料は、

新鮮牛生肉、新鮮鶏生肉、新鮮馬生肉、新鮮魚生肉、タピオカ、魚粉、紫さつまいも、チーズ、ココナッツ、リンゴ繊維、鶏粉末、胡麻、ひまわり油、乳清、安定・持続型ビタミンC、天然バイオフラボノイド、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌

こんな感じなっています。

 

原材料を見てみたところ、すべて人が食べれる原材料で作られていて(ヒューマングレード)、消化しにくい穀物は入っていませんでした(グレインフリー)。

穀物アレルギーのワンちゃんでも安心して食べることが出来ます。

 

それから、ワンちゃんの生活には欠かせないタンパク質も豊富に含まれていました。

新鮮な牛肉、鶏肉、馬肉、魚肉の4種類がバランスよく入っているため、一食の食事の中できちんと栄養を取ることが出来ます。

ナチュロルの原材料を良いか悪いかで言ったら、“イイ”

ナチュロル 成分とすべての原材料を使って「手づくり」すると…

原材料もそうですし、成分もそうですし、これだけのものが全部一袋の中に詰まっているわけです。

考えてみたら、凄いことだと思いませんか!?

 

だって愛犬の健康を考えて毎日これだけの食材を集めてご飯を作ると、どれだけの時間と体力がかかることやら…

  • すべての原材料を集める
  • 使う材料の量を決める
  • 具材を切る
  • 料理する…

 

しかも、一日だけじゃなくて毎日ですから、朝と夜の!

忙しい朝にコレを作ろうと思ったら、時間がなくて絶対無理。

時間がある夜でも疲れているから、なんとなくやる気がおこらない…

 

おそらく、「今日から作るぞ!」と気合を入れたとしても、1日作るのが限界…

かなりも時間と体力が必要です

一言で言ってしまえば、やっぱり「手づくり」って面倒くさい!

 

そう考えると、「原材料」と「成分」がバランスよく入っていて、愛犬目線で作られている「ナチュロル」はスゴいのですよ!

ナチュロルの特徴をまとめてみた

ナチュロルの特徴をまとめると、

  • グレインフリー/グルテンフリー
  • ヒューマングレード
  • 理想のドッグフードに近い
  • AAFCOの基準を満たしている
  • 原材料にこだわっている
  • 時間と体力がかからない

こんな感じかなと。

 

普通のドッグフードと大きく違うところは、やはり、「プレミアムドッグフード」という部分。

もちろん、これまで通りの食事を続けても問題はありません。

 

しかし、

  • 愛犬ともっと一緒にいたい
  • いつまでも元気でいてほしい
  • 食事から気を使いたい

この3つのどれかにひとつにでも当てはまるなら、ナチュロルはおすすめです。

 

何度も言うように、今まで通りの食事でも問題はありません。

だたそれ以上に愛犬の健康・将来のことを考えるなら、ワンちゃんのことを第一に考えたドッグフード「ナチュロル」に変えみるといいかもしれません。

愛犬のこれからに関わってきますから。

 

ナチュロルには2種類のコースがあって、

  • 定期コース
  • 100円モニターコース

このうち、100円モニターコースなら「100円」でナチュロルを試すことができます。

 

  • ナチュロルのことを信用しきれていない
  • 愛犬がしっかり食べてくれるか不安
  • 食べさせてあげたいけど定期は…

このような方は「100円モニターコース」が向いています。

僕自身もまずは100円モニターから試してみました。

値段も手軽ですし、気軽に試せるっていうのがいいですよ^^

ナチュロルを詳しく見てみる

また、ナチュロルのことで悩んでいるなら、

合わせてこちらの記事も参考にしてみてください。

きっと役に立ちますから。