愛犬の下痢が続いても、その悩み抱え込まないで!

「最近、続いているなぁ、下痢が…(汗)」

 

愛犬の下痢が続いたり、止まらなかったりすると、どうしようもなく心配になりますよね。

 

 

もしかしたら危ないのかもって…。

 

 

そんな気がして、どうにもできない不安に襲われる。

 

 

「一体どうすればいいの!?」

 

 

しかし、このような悩みを抱えているのはあなただけではありません。

だからこそ一人で抱え込まず、みんなで助け合うことが大事

 

ここでは犬の下痢が続く/止まらない場合について

  • この先どうなるのか
  • 下痢の原因と対処法
  • 考えられる病気

この3つを紹介していきます。

困った時はお互い様です^^

Sponsored Link

愛犬の下痢が続くとしたら、最初に起こることは…

「もしもこのまま、下痢が続いたり止まらなかったら、愛犬はどうなってしまうのだろう…

そんな不安に襲われることありませんか??

 

想像したくないけど、やっぱりこれからのこと、気になりますよね。

と言うわけで、耳をふさぎたい気持ちを我慢して、この話を聞いてください。

 

 

もし、これからずっと下痢が続く/止まらないとしたら、おそらく最初に、愛犬の体重が減っていきます

 

だって、食べた以上のモノはカラダの外に出ていくわけですから、当然ですよね。

それから…

下痢といっしょに“嘔吐”もするようになるかもしれません。

 

あり取らゆるものが出て行って、愛犬の体重がどんどん減っていって…。

下痢と嘔吐のせいで、食道があれると”血便”も起こり始めます。

 

 

実際に僕の愛犬も血便をしたことがあって、メチャメチャ心配になりました。

 

ワンちゃんの血便について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

愛犬の体験が少しでも役に立てれば幸いです。

 

 

黒い血だと、血が出てから時間だ経っているため、肛門から遠い場所が起こっていると推測できる。

逆に、赤い血(鮮血)の場合だと、血が出て時間が経っていないため、肛門に近い場所で起こっていると考えられます。

 

最終的には、

力が出せなくなり、歩くことさえままならない状態になり、ついには寝たきりに…。

 

 

愛犬の下痢が続けば、おそらく、こんな感じになるのかなと。

想像しただけでも、ぞっとしませんか?

そうならないためにも、早い段階での”対策”を心がけてくださいね!

 

愛犬の下痢が続く原因とは!?愛犬に当てはまるのはどれ?

犬の「下痢」の脅威(きょうい)、知ってもらうことできました?

放っておくと大変なことになるので、まずは”対策”が重要。

と言うわけで…

 

最初に、下痢が続く/止まらないときの原因から見ていきましょう!

 

これから”6つ”の原因を紹介するので、愛犬に当てはまるものがないがチェックしてみてください。

 

 

①食事を食べ過ぎていないか

②クーラーなどによる冷えはないか

③体に合わないものを食べたていないか

④ストレスが溜まっていないか

⑤お水の飲みすぎ、取りすぎていないか

⑥普段とは違うエサをあげてないか

 

 

愛犬に当てはまっている原因はありませんでしたか?

もしですよ、万が一、当てはまっているようなら、その原因を改善することから始めましょう。

 

ちなみに…

 

食べ過ぎで下痢が続く場合は、症状の改善が見られるかもしれないので、2~3日は様子を見たほうがいいかもしれません。

数日たっても改善しなかったら、別の原因を疑ってください。

 

そして、

 

「6つにも当てはまっていない!!」

こんな風に思った方もいるのではないでしょうか。

 

そのとき、考えられる原因としては、愛犬のおなかに寄生虫がいたり、伝染病、あるいは病気。

それを判断するのは難しいので、まずは病院に連れていくことをおすすめします、僕は。

Sponsored Link

愛犬の下痢が続くときの「対処法」はあるの?

それでは次に、さっき紹介した6つの原因について、どのような対処をしていけばいいのか簡単に説明していきますね。

①食事の食べ過ぎ

まずは食べる量を減らしてください。

下痢が続く/止まらない場合なら、1食分を絶食してもいいかなと。

②クーラーなどによる冷え

愛犬にしてあげることはありません。

単純にクーラーの「設定温度」を上げてください。

お腹が冷えないくらいの温度がちょうどいいと思いますよ。

自分のことだけじゃなくて、愛犬を思いやる気持ちを忘れずに^^

③体に合わないものを食べた

前の食事で食べた料理のなかで、愛犬のカラダにあっていない食材がないかどうか探して見てください。

原因が発見できたなら、今後その食材はあげないほうが無難。

「下痢」ってことは、体に合わないと言うことですから。

④ストレス

ストレスの原因を見つけましょう。

例としては、引っ越し、愛情不足、夫婦のケンカ、怪我、病気、生活環境が悪いなど…があります。

見つけるのは簡単じゃないかもしれませんが、思い当たるものから一つずつ探している方法が、きっと、一番の近道ですよ。

⑤お水の飲みすぎ、取りすぎ

あまりにも水を飲みすぎている場合、もしかすると…

糖尿病、腎不全など…の病気の疑いがあるかもしれません。

はやめに病院に連れていき、検査をしてもらいましょう。

⑥普段とは違うエサをあげた

エサ自体が愛犬のカラダに合っていないのかもしれません。

食べさせないことが無難ですが、病院から処方されているエサなどは必ず食べさせないといけませんよね?

そのときは、毎日少しずつ「エサ」の量を増やしてみてください。

絶対とは限らないけど、カラダが慣れて、下痢をしなくなるかもしれませんよ^^

また、愛犬の食事で悩みを抱えているのなら、

ナチュロル購入|お試し価格のメリットとデメリットは!?

ワンちゃんのドッグフードについて書いているので、参考にしてみてください。

 


 

簡単に対処法は紹介しましたが、少しでも心の中に不安・心配と言う気持ちがあるのなら、まずは「病院」。

それが一番です!

 

犬の下痢が続く場合に考えられる病気

6つの原因に対する対処法を紹介してみましたが、やっぱり、こんなことを思いませんでしたか?

「6つの中にも愛犬の原因がなかったら、どうすればいいの??」と…。

 

 

その場合は、おそらくですが何かしらの病気になっている可能性が。

 

考えられる病気としては、

  • 回虫(かいちゅう)がいる
  • 犬コロナウイルス
  • 糖尿病
  • 敗血症

などがあります。

 

前半の2つは”急性”の下痢の場合、後半の2つは”慢性”の下痢の場合に参考にしてください。

ちなみに…

「急性」はいきなりってことで、「慢性」は続いていると言うこと。

 

下痢が2~3日で治まるならいいのですが、下痢が続くようなら見た目は元気だとしても、カラダの中に異常があるかもしれません。

一度、病院で検査を受けることを本当にオススメします、僕は。

 

 

「異常なんてない!」と自分で決めつけるのだけは絶対にやめてください!

あなたにとっても、愛犬にとっても辛い結果になりますから、ガチで。

 

愛犬の下痢が続くなら、念のために病院へ!

仮に、愛犬の下痢が続くとしましょう。

その場合、体重が減っていき、時間の経過とともにどんどん悪化していって、最後は歩けない状態になってしまうかもしれません。

 

 

とにかく、下痢が続く場合は、症状としてはまず「体重の減少」が起こります

 

 

余談ですが…

「犬」のことで、こんなことを言われているのですよ。

「愛犬に病気の症状が出たときには、もうすでに相当病気が進行している」と…。

 

だからぶっちゃけ言うと、下痢が続くのなら、けっこう危ない状態。

個人的にはすぐにでも病院に行ってほしい気持ちもありますが、まずは落ち着くことが先。

そのあとは、僕が紹介した6つの原因に当てはまっていないかチャックをしてみてください。

 

当てはまる/当てはまらないに関わらず、「念のために病院」という気持ちが大事なんじゃないかな。

と、僕は思います。

Sponsored Link