猫のマーキング対策に興味ありますか?

猫がマーキング(スプレー)をやめてくれません!

そんな悩みを持った猫の飼い主さんがたくさんいると思います。

 

猫も本能的にやってしまう行動だから、マーキングを簡単にはやめることができないんですよね。

ということで今回は、猫のマーキング対策について詳しく書いて行きたいと思います。

Sponsored Link

猫マーキングの対策を発表!!

まずは、ここで紹介するすべての対策を発表します!

猫がマーキングをする前に出来ることは、

  • 去勢/避妊の手術をする
  • シートをかける
  • 猫が嫌うにおいを付ける

この3つがあります。

 

そして、猫がマーキングをしてしまった後に出来ることは、

  • 匂いを残さない
  • ストレスを解消してあげる
  • ペットシーツを貼る

この3つ。

 

両方とも3つずつ対策があるので、これから僕の体験を交えながら説明していきますね。

猫がマーキングをする前に「去勢/避妊」を!

まず、猫がマーキングをする前に出来る対策について。

 

1つ目は「去勢/避妊の手術をする

一般的に、尾部を高く上げて尿を出す”スプレー”と呼ばれるマーキングは、オス猫に多く見られる行動です。

もちろん、オスに限らずメスにも見られますがね。

マーキングをすることで、自分の匂いを付け、「ここは俺の縄張りだぞ!」って他の猫に知らせるは働きがあるそうなのですよ。

 

また、スプレーを始める時期としては、だいたい「生後8カ月」あたりから、個人差がありますが…(苦笑)

あなたの気持ちが整えば、生後8カ月までに去勢/避妊は終わらせておいたほうが無難です。

しかし、去勢/避妊の手術ができるのは、生後6か月から。

病院に行って、獣医さんにオッケーをもらえば、手術をしても問題ありませんよ。

 

一方で、「もうすでにスプレーによるマーキングを始めちゃってるけど…」

なんて思っている方、きっといますよね。

正直にいうと、治らない場合のほうが多いです。

猫の生殖機能が出来上がった状態だと、やめるにはやめれるみたいだけど結構時間がかかります。

 

でも、去勢/避妊をしてあげたほうが、将来的にはいいんじゃないかなと、僕は思います。

メリットが多いですからね^^

Sponsored Link

猫のマーキング対策は「シート」が一番!

2つ目の対策は「シートをかける

僕の経験上、猫は家の中にある、ありとあらゆる物に”マーキング”をします。

中でも一番多いのが、「」!

 

愛猫ジェリーの場合だと、コレが一番多いですね、おそらく。

「棚」と言っても、本棚、食器棚、テレビの台、すべてをまとめましたけど…(苦笑)

棚の角で、顔か首元をスリスリして、もの凄く気持ちよさそうな雰囲気のまま、そのまま、尾部をプルプルさせてマーキング。

だいたい、こんな流れでするときがほとんどですね(笑)

 

猫のマーキングについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

もし、大切な家具・大切な書類が入っている棚なら、今すぐにでも「シート」をかけたほうがいいかなと。

大切なものが多いのなら一気に全部と言うわけにはいかないので、順位を決めて大切なものから「シート」を被せてください。

 

僕からのアドバイスとして、シートは「布」でもいいかもしれませんが、僕は”プラスチック“をおすすめします。

布であったら、一度マーキングされると匂いが残るし、毎回洗濯をしないといけないから、正直にいって大変です。

 

おまけにもう一つ言うと…(笑)

僕はこれまで、いろんな対策を試行錯誤(しこうさくご)でしてきました。

 

そして、その結果、「シートをかける」と言うことが一番いい!

あくまでも、僕はそう感じました(笑)

これも愛猫ジェリーのおかげかな!?

猫が嫌いな匂いでマーキングもなくなる!?

3つ目の対策は「猫が嫌うにおいを付ける

スプレータイプや塗るタイプのものがあり、おそらく、猫のマーキングを防ぐことができますよ。

鼻のいい猫は、嫌いな匂いがあると近寄ってきませんからね^^

マーキングをされそうな場所に、あらかじめ付けておくといいでしょう。

 

ひとつ注意があります。

家の中でこの対策をする場合は、あまりに付けすぎると愛猫の鼻がおかしくなってしまいます。

ほどほどに…

猫は匂いが残るとマーキングを繰り返す!

次は、猫がマーキングをしてしまった後に出来る対策について話をしていきますね。

「前」じゃなくて、「後(あと)」ですよ!

 

1つ目は「匂いを残さない

猫がマーキングをした場所をそのままにしておくと、どうなると思いますか?

実は、意外にも、時間が経つにつれて匂いは消えていくんです

でも…、猫は定期的に見回りをしているため、自分の匂いが消えかかっている場所を見つけると、マーキングで匂いを付けます。

 

そうさせないためには、きれいに拭いて、匂いが残らないようにするしかありません。

僕が家でやっている方法は、ウエットティッシュで大まかにふき取り、それから、消臭剤を付け、そのあと「酢」を吹きかけていますよ

ちなみに、猫の尿には酢などの「酸」がイイみたいです。

「ウエットティッシュ」と「消臭剤」と「酢」のトリプルコンボが僕の対処法!^^

猫のマーキングの原因は「ストレス」!?

2つ目の対策は「ストレスを解消してあげる

実はですね、マーキングはストレスでも始めることがあるのです。

 

原因はさまざまですが、例えば、

  • トイレが汚い
  • 愛情が少ない
  • 長期の留守番が多い
  • 新入りの猫がやってきた

などがあります。

 

猫のトイレについて、

こちらも良かったら、見てください。

 

見た目によらず、猫には繊細な一面があるので、注意をしてみてください。

もし心当たりがあれば、まずはそれを”改善”することから始めましょう!

少し一緒に遊んであげるだけでも、全然違うと思いますよ。

 

猫ちゃんと楽しく遊ぶ方法について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

ちなみに、愛猫ジェリーのマーキングは、新入りの猫ちゃんが来たことで余計に悪化しましたね、おそらく。


(愛猫ジェリー)

 

新入りの猫ちゃんがやって来る前にも、マーキングはしていたんですが、回数はそうでもなかった。

やっぱり、慣れないうちは「俺の縄張りに入ってくるな!」と思っているのだと思いますよ。

愛くるしい一面もあるけど、意外に嫉妬深く、繊細なのかもしれません、愛猫は(笑)

半年たった今は、前よりかは回数も減っています^^

「ペットシーツ」で猫のマーキングを解決!

3つ目は「ペットシーツを貼る

一度マーキングをされた場所は、頑張ってきれいにしても、匂いは必ず残っています。

僕たちには分からない匂いかもしれないけど、「猫」には分かるんですよ。

 

猫の嗅覚について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

 

うわべだけ消臭剤でごまかしても、猫をごまかすことは出来ず、結果としてマーキングを繰り返します。

だからこそ、「ペットシーツ」を貼ってみてください。

※ ペットシーツとは、壁や床に貼れる防水のシートのこと

 

猫のマーキングが臭い理由について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

そうすれば、匂いの心配はなくなるかと。

だって、シートだから簡単に拭くことができるし、壁や床に直接じゃないから匂いも残りにくいでしょ!

「かかってこいや!」と言うドッシリとした気持ちで過ごすことができますよ、おそらく^^

Sponsored Link

猫のマーキングで苦しむあなたに

愛猫がマーキングをする前後の対策、分かってもらえましたか??

実際、僕も愛猫ジェリーのマーキングに苦しんでいる飼い主の一人なので、あなたの気持ちは痛いほど分かります。

何度も何度も繰り返すから、「怒り」を通り越し、ため息ばかり出てしまいますよね。

 

かと言って、諦めてはいけません。

猫が繰り返すなら、僕たちは逆に、繰り返さないための対策をすればいいのです。

 

それが今回紹介した、

  • 匂いを残さない
  • ストレスを解消してあげる
  • ペットシーツを貼る

この3つです!

 

もし、まだ一度もマーキングをしていないようであれば、

  • 去勢/避妊の手術をする
  • シートをかける
  • 猫が嫌うにおいを付ける

この3つの対策をしてみてくださいね。

愛猫のマーキングで困った時に考えてほしいこと

最初に言ったことですが、猫にとってマーキングは生活の一部なのですよ。

猫の日常とでも言っておきましょうか(笑)

正直言って、怒ったって何も変わりません、猫の日常だから。

 

でも、だからこそ、一度考え直して見てください。

猫がそういう生き物だってことを受け入れるか、もしくは、がむしゃらに対策をするか。

このどっちかなと思います。

 

あなたはどちらを選びますか?

僕なら、受け入れるほうを選びますね。

猫側にも原因があるかもしれませんが、自分が原因を作っていないか、まずは考えるかなと。

あくまでも、僕は(笑)

 

どちらの場合にしても、最後にこれだけは覚えていてくださいね。

“猫を変える前に、まずはあなたが変わる”

あなたが変われば、きっと愛猫も変わってくれますから^^

Sponsored Link