愛猫のマーキングの中で、特に「スプレー」、これが”臭い”と感じたことありませんか?

尾部を高く上げて、勢いよく尿を飛ばすアレですよ…

外猫なら、何ら問題はないけど、「家猫」となると、家じゅうが臭くてたまりませんよね。

 

独特の苦い感じの匂いが、プーンと鼻の中に漂って、臭さのあまりに気分が悪くなることもしばしば…。

そんな、猫の「マーキング」。

ということで今回は、どうして猫のマーキングが臭いのか?を詳しく解説していきたいと思います。

Sponsored Link

どうして猫のマーキングは臭いの?住む場所が関係してるって!?

あなたもきっと感じていますよね。

猫のマーキングが臭い」ってこと。

それなら、どうしてあんなにも強烈な臭いがするのでしょうか!?

 

実は、猫がむかし住んでいた場所。

そこに”答え“があります。

 

もともと猫は乾燥した地域に住んでいました、めちゃめちゃ前に(笑)

湿度も低く、ほとんど雨も降らない、そんな環境で…。

過酷な環境だからこそ、生きるためには欠かせない”水”はとても貴重で、今日飲んだからと言って、明日も飲めるわけではありません。

だから、体のなかの水分も一滴たりとも無駄には出来なかった。

尿も例外ではなく、水分であることに変わりないため、少したりとも無駄には出来ません。

 

そのため、水分を無駄にしないように、極限まで体の中にため込み、尿を出す。

このような方法へと自然と変わっていきました。

 

ため込む時間が長いため、ふつうよりも濃い尿が出来上がる。

これが、猫の尿が臭いわけ、と言うより「マーキング」が臭い理由。

 

「水を飲むことができなかった」というのが、ここでの”肝”かなと。

むかしむかしのことを今も受け継いでいるってことですね!^^

 

そう考えると、ある意味、深い。

僕はそんな風に感じたところです。

こういう理由があって、猫のマーキングは臭いのです。

 

仕方ないと言えば、仕方ないけど…

とは言っても、あの匂い、どうにかしてほしいですよね(汗)

猫について、

犬と猫の足跡は、違うの?【画像あり】

こちらも良かったら、参考にしてください。

猫のマーキングは種類が豊富!?

猫のマーキングにはいくつか種類があります。

今まで話をしてきたのは、その中の一種で、臭い尿を出す「スプレー」。

そもそも「マーキング」って、どういう意味なのか分かりますか?

 

猫が自分の縄張りを「ココ!」とはっきりさせるために行うニオイ付け」という意味。

スプレーだったり、爪とぎだったり、顔をスリスリしたりすることをまとめて、「マーキング」と言います。

 

あなたに近寄ってきて、足に顔をスリスリすることありませんか??

それも、マーキングかも?

もしくは、単に甘えているだけかもしれませんが…(苦笑)

猫のマーキングの意味とは?

そんな猫のマーキングの一つ、臭い尿を出す「スプレー」。

猫はオスでもメスでも関係なくしますが、圧倒的に多いのは、やはり「オス」!

家猫なら去勢を終えていないオスだと、多くの場合でスプレーをするようになります。

 

メスよりもオスのほうが、「スプレー」の回数も圧倒的に多い。

縄張りのはっきりさせるための意味もありますが、オスの場合は、メスへのアピールも兼ねているのです。

 

あと、家猫が家の中で「スプレー」をする場合は、臭い付けもあるけど、何か不安を抱えているかもしれません。

例えば新しい猫ちゃんがやってきただとか、部屋を模様替えしただとか…

おそらく理由もなく始めることはないと思うので、何かが原因になってますよ。

 

家猫の場合だと、何かが原因で始める場合が多い。

まずは原因を突き止めるほうがよいと思います。

いつするようになったのか大まかな時期が分かれば、その付近で環境の変化がなかったかどうか確認してみてください。

Sponsored Link

猫のマーキングを防ぐには!?実際の対策を2つ発表!

それでも分からなかった場合は、もう諦めましょう。

きっぱり諦めて、次のことを!

原因は分からないかもしれませんが、「対策」なら出来ますから!^^

 

ここでは、猫の臭いマーキングについて、僕が実際にしている対策を簡単に紹介します。

最初に言っておきますが、僕がしている対策は、「スプレー」をさせないようにすることではなく、あくまでも回数を減らすことが目的。

猫自身を変えるのではなく、僕たち飼い主自身が変わります。

匂いを残さない

マーキングをされた場所には臭い匂いが残ります。

そのため、除菌シートやウエットティッシュを使ってしっかりマーキングをふき取ってください。

匂いが残っていると、定期的にマーキングをしますから。

 

スプレーをされない工夫

やっぱり、家の中だとマーキングをしてほしくない場所がありますよね。

料理を作るキッチンだったり、眠る寝室だったり…

欲を言えば、家じゅうですけど…(笑)

 

おそらく、それは不可能なので、少なくともしてほしくない場所だけにはスプレーをされない工夫をしましょう。

例えば、その部屋のドアを閉めたり、シートをかぶせたり、猫が嫌うニオイのモノを置いたり…

僕もいろいろ試しましたが、一番効果があったのは「シートをかぶせる」と言うこと。

マーキングしてほしくない本棚とかに「シート」をかぶせるのは、ホントにおすすめです!

思いつく限りでは、この2つの対策をしています。

マーキングをさせないようにするためには、何かしらの対策が必要ですよ!

猫はマーキングをやめない!自分が変われ!

僕たちにとって問題のある「猫」の行動も、よくよく見るとちゃんとした理由があります。

今回の場合だと、猫のマーキングが臭い理由だったり、スプレーをするのにも意味だったり…

猫ちゃんたちは本能のままにしているので、「やめろっ!」と言っても絶対にやめてくれません。

おそらく、無理…。

 

だからこそ、僕たち飼い主が変わるしかない!

どんな小さなことでもいいので、されないように、させないような対策をすることが大切だと思います。

Sponsored Link