「ジャックラッセルテリアは初心者にあまり向いていない」という事を頻繁に耳にしませんか?

ですが、個人的にはそうは思いません

 

実際、我が家にはジャックラッセルテリアの愛犬(サム)がいますが、これまで一緒に生活していてそう感じました。

確かに、飼い方と言うか、扱い方には少し気を付けないことはありますけど、初心者でも飼えないわけではないと思うんです。

 

そこで今回は、ジャックラッセルテリアの飼い方で初心者が注意することをまとめました。僕が「飼えないことは」と思った理由についても話していきますね。

Sponsored Link

ジャックラッセルテリアは、しつけにくい!!

「ジャックラッセルテリアが初心者に向いていない」と言われる理由として、一番多いのが…

 

しつけにくい!!

 

おそらく、これだと思うんですよ。

ジャックラッセルテリアはもともと猟犬だったこともあって、賢く、物覚えも早い。

しかし、逆にそのことが裏目に出てしまい、賢さを悪知恵に使ったり、いたずらをしてみたりすることがあります。

 

 

せっかく、スゴい能力を持っているのに、悪いほうに使ってしまうと飼い方が扱いにくくなる。

そうなると、初心者ではと言うより、僕でさえも、どうしようもありません。

 

コレがしつけにくい理由かと。

そんな風に言われているものの、実際のところ、どうなのか気になりますよね?

ジャックラッセルテリア 飼い方には根気が大事!

愛犬サム(ジャックラッセルテリア)の場合、しつけにくいと感じたことはありません

 

オテとか、マテとか、オスワリは普通に出来ますよ、そうしないといけないわけじゃないですけど…(苦笑)

 

まぁ、確かに小さい頃1~4歳くらいまでは、”マテ”ができなくて、やんちゃでした(笑)

一瞬の「マテ」だったら全然問題なくできるけど、長い「マテ」になると…って感じで、その頃は…

 

けど、飼い方でしつけにくいとは思ったことはありませんね、僕は。

ちゃんと言うことも聞いてくれるし、逆に「すごいなぁ~」と感心させられることが多くて。

サムなしでの生活は考えられない、今ではそんな存在です!^^

 

そう言うわけで、ぶっちゃけ、個人的には「しつけにくい」と感じたことはありません。

もし、ジャックラッセルテリアに「しつけ」をしないといけない状況になったら、力ずくで教えるのだけは絶対にやめてください。

しつけどころか、あなたとの関係自体が壊れてしまいますから。

 

ジャックラッセルテリアのしつけについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

その時には、気を長くして、しつけをするようにしてください。

一回で出来るようになるジャックラッセルテリアなんて居ませんから^^

 

根気と何度も繰り返すことが大切です!

その気持ちがあれば、初心者でも問題ないと思いますよ、僕は。

ジャックラッセルテリアは「抜け毛」が○○!

それから、

ジャックラッセルテリアが初心者に向いていないと言われる理由として「抜け毛」もあります。

 

「えっ!ただの抜け毛、大丈夫じゃん!」と思ったかもしれません。

けど、ジャックラッセルテリアの抜け毛はただの抜け毛ではないのです。

 

ぶっちゃけ言うと…

半端なく多い!

 

もっと言うと…

年中多い!!

 

だからこそ、初心者が飼うとなると、抜け毛の量に驚くと思うし、どんな飼い方をすればいいのか分からないから、なおさら困ってしまうと思います。

これが向いていないと言われる理由かなと。

 

ちなみに、ジャックラッセルテリアには「スムース」「ブロークン」「ラフ」の3種類がいます。

毛の短い”スムース“、毛の長い”ラフ“、短い毛と長い毛をもった”ブロークン“というような感じで。

 

ついでに言うと…

特に抜け毛が多いのは「スムース」なのですよ^^

理由は長くなるので、ここではやめておきますが…(笑)

理由が気になるよう方は、こちらを参考にしてください。

 

ジャックラッセルテリアの抜け毛の理由について、

ジャックラッセルテリア 実際の抜け毛は?対策は?

愛犬サムは「ブロークン」なのですけど、やはり、抜け毛は半端ない

 


(愛犬サム)

 

たとえ、掃除をきれいにしたとしても、数分で毛がちらほら見え始め、1時間経つと、なんと…

掃除前の状態に元通り!!

 

「大げさだな、あり得ないでしょ!」と思うかもしれませんが、これはガチです。

実際に僕が体験していますから^^

 

汚れるのがきらい、毛を落としたくないと思っている初心者の方には、絶対にジャックラッセルテリアは飼えません。

というより、そもそも、そんな人に向いてませんよ、ジャックラッセルテリアは。

 

とは言っても、少しでいいから”抜け毛”を減らしたいと思いませんでしたか??

 

そこで、実際に僕がしている飼い方の対策を紹介します。

 


 

■ブラッシング

 

毛が長いジャックラッセルテリアほど、回数を増やしてあげたほうがいいかと。

ちなみに、僕は2日に1回か、そのくらいのペースですよ^^

ブラッシングをしてあげると、毛並みを整えれるのと同時に「ダニ」の捕獲もできます。

生活のなかに潜むダニについてまとめてみたので、参考にしてみてください。

犬にダニがついたら危険!身近なダニ5種類と正しい駆除の方法

 


 

■カット

 

ペットサロンで毛を短くしてもらうことで、抜け毛はだいぶ減りますよ。

おそらくこれが一番いい対策なんじゃないかなと、個人的には思ってます。

 


 

■シャンプー

 

抜け毛も減らすことができるし、それに体の匂いや汚れも落とすことが出来ます。

一石三鳥かなと(笑)

僕は家でしていますが、「無理!」と言う方はペットサロンでも頼むことができます。

 


 

この3つの対策をしていますが、それでもやはり、毛は落ちます。

でもまぁ、そのくらいは気にしない気にしない(笑)

すべて落とさないってことは、おそらく無理ですから^^

ジャックラッセルテリアの飼い方では、諦めも重要ですよ!

Sponsored Link

ジャックラッセルテリアの運動量はヤバい!

あと、もう一つ初心者に向いていないと言われる理由が、それは…

 

運動の量

 

ジャックラッセルテリアは「底なしの体力」と言っていいほど、運動を良くします。

小型犬なのに、大型犬なみの運動量なんですよ。

 

そう考えるとすごいでしょ!

それなら、なぜジャックラッセルテリアはこんなにも運動量が多いのでしょうか!?

実は…

 

これにも「元猟犬」が関係していると、僕は思うんですよね。

ジャックラッセルテリアは、昔々、狩りをするために改良されたワンちゃん。

そんなこともあって、「運動量」が半端ないのかなと。

 

ちなみに…

元猟犬はジャックラッセルテリア以外にもダックスフンドもいるのですよ。

 

ダックスフンドについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

ジャックラッセルテリアを満足させるには、とにかく運動の多い飼い方が必要です。

散歩もたくさん行かないと行けないし、それから、普段の遊びもしないといけない。

運動が好きな方なら、一緒に走ったりできていいかもしれませんが、ふつうに考えて、難しいですよね。

始めてワンちゃんを飼うという「初心者」なら、なおさら、そう感じるのかなと。

 

ジャックラッセルテリアの飼い方には”運動”が欠かせない

愛犬サムの散歩はと言うと…

朝のが20分くらい、夕が50分くらい、晩が1~2分くらい。

10歳のおじいちゃん犬とは言え、それでもバリバリ元気(笑)

 

愛犬サムの散歩については、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 


(愛犬サムの散歩)

 

でも、若い頃は、もう少しだけ運動量が多かった気が…。

こんな感じの散歩を10年間ほぼ毎日続けています。

若い頃は散歩以外にも、家中を走り回ったり、ボールで遊んであげたりしてました。

 

これを聞くと、

 

「えっ!こんなに運動をさせないといけないの!?」

 

そんなことを思ってしまいますが、僕くらいじゃなくても”運動”は必須ですよ。

運動をさせてあげないと、ジャックラッセルテリアにとって「ストレス」に。

むしゃくしゃして、家のなかで大暴れして、モノを壊したり、モノを噛んだり、そんなことになるかもしれません。

 

一日のうちにせめて1回は長めの散歩に行くようにしてください。

そして、時間があるときはおもちゃで遊んであげてくださいね。

 

ジャックラッセルテリアの運動について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

と言うわけで…

初心者でもジャックラッセルテリアを飼うことはできます。

毎日運動の多い飼い方をしてあげれば、何の問題もありませんよ、おそらく。

 

ジャックラッセルテリアの飼い方は初心者も出来る!

いろいろ初心者に向いていないと言われる理由がありましたが、個人的にはそうだとは思いません。

 

しつけにくいのなら、しつけ方を学んで、根気強くやる。

抜け毛が多いのなら、ブラッシング、カット、シャンプー、それから掃除をしっかりする。

運動量が多いのなら、時間と距離を考えながら散歩をする。

 

このようなことができれば、”初心者”であってもジャックラッセルテリアの飼い方には問題ありませんよ!

 

でも、最初から手順よく出来るわけではないので、まずはジャックラッセルテリアのことを知り、深く理解することが大事だと思います。

愛情をかけてあげるのを忘れずに^^

Sponsored Link