魅力あるマンチカンの「オッドアイ」!!

左目が”青”、右目が”黄色”。

そんなマンチカンを見たことありませんか?

両目の色が違っていて、どこか不思議、一方で、どこかで魅力を感じてしまいますよね

 

ちなみに、このマンチカンのことを「オッドアイ」と言うんですよ!

ちなみに、ちなみに、僕はまだ、オッドアイのマンチカンを実際に見たことがありません(笑)

でも、初めて見たときって、やっぱり驚いちゃいませんでしたか?

 

オッドアイって、病気なの?」って…。

個人的には、病気だとは思いませんね。

むしろ、マンチカンの”個性“なんじゃないかなぁと。

Sponsored Link

マンチカンの「オッドアイ」って何?

それなら、そもそもオッドアイのマンチカンって何なの

根本的なところに戻ってしまいましたが、そう思いませんか?

 

「オッドアイ」は、さっき紹介したように”左右の眼の色が違う“ことを言います。

ネコちゃんだけでなく、人や動物にだって起こることがあるみたいですよ。

 

「オッド」は”奇数・不揃い”と言う意味で、オッドアイで「左右の色が違っている不揃いの眼」となります。

 

医療用語で言えば、「虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)」らしい。

難しいので、ここでは「オッドアイ」でいきますね(笑)

 

オッドアイの原因はというと…

 

 

先天性、後天性の何かの理由で、目の中にある「虹彩」の部分に含まれる「メラニン色素」の量が減って、瞳の色が左右で異なるというもの

 

 

それから、

必ずしも瞳の色が左右で異なるわけではなく、片目の瞳のなかで、色が違うこともあるらしいですよ。

 

それに、オッドアイのマンチカンの場合、「聴力」に異常があることが多いみたいです。

みんなと言うわけじゃなくて、あくまでも”多い”と言うだけですけど…。

 

僕たちが魅力的に感じていたマンチカンだけど、こうやって見てみると、マンチカン自身もいろいろ大変なのですね。

なんか、申し訳ない気持ちでいっぱい…。


Sponsored Link

マンチカンの「オッドアイ」の性格は、どう!?やっぱり違うの?

そんなオッドアイのマンチカンですけど…、

「”性格”は普通のマンチカンと変わらないの?」

やっぱり、コレが気になりませんか?

 

実はですね…

 

 

オッドアイのマンチカンも性格は同じなのですよ!!

 

 

どんな性格かと言うと、

・甘えん坊

・遊びが好き

・社交的である

などがあります。

 

基本的には、穏やかなので、初めてネコちゃんを飼う方でも飼いやすい性格なのかなぁと僕は思います。

まぁ、これはあくまでも目安の性格なので、参考程度に見てくださいね。

 

マンチカンの性格について、

こちらも良かったら、参考にしてみてください。

 

 

頑固な子、遊びが嫌いな子、社交的じゃない子、ホントにいろいろですから。

同じマンチカンでも、ちょっとずつ性格に違いがあることを忘れずに^^

 

他の猫ちゃんと比べて、マンチカン(オッドアイ)の寿命はどう!?

「いつまでもマンチカンと一緒にいたい!」

これは、どの飼い主さんも思っていること。

少しでも長く、愛猫と同じ時間を過ごしたいですよね。

 

と言うことで…

オッドアイのマンチカンの”寿命“について話していこうと思います。

 

まずは、マンチカンの寿命から。

平均して「11~13歳」だと言われています。

家猫の平均が「16歳」と言われているので、そう考えると少し寿命は短めかなと。

 

マンチカンの寿命について、

こちらも良かったら、参考にしてみてください。

 

オッドアイの場合はと言うと、実は…

寿命が短い」と言う風に言われています。

 

確かに、体が弱いことはホントなのですが、僕たちが一緒なら、極端に短くなったりすることはないと思いますよ。

 

言うのが遅くれましたが…

オッドアイのマンチカンは、ほとんどが白い毛色をしたネコちゃん。

 

 

そのため、野生で暮らしていこうと思うと、その”色”がハンデになってしまいます。

例えば、白色であるため敵から見つかりやすく、獲物をとるときにも不利だったり、白の毛色と聴覚に異常があることで、自分を襲う敵の発見も遅れてしまったりします。

 

 

いろいろなハンデがあるから、結果として寿命が短くなってしまう。

そのため、オッドアイのマンチカンは「野生の場合」では不利なのですよ。

 

しかし、それは「野生」の場合での話。

僕たちと一緒なら、「家猫」として飼われるので、そんな心配は少なくなります。

 

もともと体は弱いのですが、いくつかのことを気を付ければ、十分に平均寿命”11~13歳”くらいまで長生きすることはできると思います、僕は。

 

マンチカン(白)について、

こちらも良かったら、参考にしてみてください。

 

マンチカン オッドアイを飼うときの工夫って?気を付けるポイントは!?

そう言うわけで、最後に…

オッドアイのマンチカンの飼い方で”気を付けること“を僕なりにアドバイスしていきます。

 

 

まず気を付けてほしいことは、「あなたの声にも一度では反応してくれない」と言うこと。

 

 

オッドアイのマンチカンは聴覚に異常があるため、飼い主である「あなた」の声にも答えてくれないことがあります。

例えばですけど…

「しつけ」をするときにも、「ダメ!」と言っても、分かってもらえないかもしれない。

 

一回じゃダメなら、2~3回言ってみてください。

間違っても、たたいたりすることがないように!!

それをしてしまったら、あなたはもうおしまい、飼い主として”失格“ですよ。

 

なので、まずは「オッドアイのマンチカンは聴覚に異常がある」と言うことを頭に入れておいてくださいね。

それが一番かなと僕は思います^^

 

 

それからもう一つ。

 

マンチカンはもともと体が丈夫なほうですけど、オッドアイのマンチカンとなると、そうはいきません。

やっぱり、体の弱い面があるので、あなた自身が健康管理をしてあげる必要が。

 

食事、運動、温度など…いろいろありますが、全部するとなると相当大変ですよね。

ぶっちゃけ言って、僕も無理だと思います…(苦笑)

 

 

なのでまずは、年に一回、必ず、「健康診断」に行くことをおすすめします!

 

 

10歳以上になると、半年に一回のペースが理想ですよ。

体が弱いため、病気にかかるリスクも高くなったり、ケガをするリスクも高くなります。

いち早く気付くということも考えて、”健康診断”は必須ですよ!!

 

 

紹介した2つに気を付けておいてください。

 

マンチカンの飼い方について、

こちらも良かったら、参考にしてみてください。

 

 

あとは、十分に”愛情“をかけて育てる!!

 

 

長生きすることも「夢」の話じゃないですよ、ホントに。

飼い方に気を付けて、マンチカンを幸せにしてあげてください^^

Sponsored Link