マンチカンは病気になりにくい?結果は…

最愛のマンチカンには、元気に過ごしてもらいたい

そういう願い、飼い主さんなら一度は思ったことありませんか?

 

これからも元気な姿を見ていたいし、逆に、愛猫が苦しむ姿をこれからも見たくないですもんね。

僕も愛猫2人の保護者として、常にその思いは持っています。

それに病気になる前に、自分にできことがあれば、出来る限りのことはしてあげたいなぁとも思ってますし。

 

ですが、僕たちにできることには限界が…

そうなると猫選びのとき、病気にかかりにくいネコちゃんを選んでおくと安心じゃないですか?

 

というわけで今回はマンチカンが病気になりにくいのかについて詳しく見ていきます。

最初に答えをいいますけど、マンチカンは猫の中でも「丈夫」と言われているのですよ。

Sponsored Link

マンチカンが病気にかかりにくい理由とは!?

きっと、驚いたでしょ!(笑)

「マンチカンは病気になりにくい」ってことを知って…

なら、どうしてそんな風に言われているのか、気になりませんか?

 

 

理由を一言で言ったら、マンチカンはいろいろなネコちゃんとの交配もされているから

 

だから丈夫なんですよ!

詳しく説明してすると…

 

ずっとマンチカン同士で交配していくと、どうしても同じような遺伝子を持ったマンチカンが増えてしまうことになります。

そうなると、あるマンチカンで病気が起こった場合、他のマンチカンもその病気になる確率が高くなってしまいます。

 

同じような遺伝子を持っているから、自然とそういう感じに。

「絶対になる」というわけじゃないけど、リスクは相当高くなると思いますよ。

 

逆に違う種類のネコちゃんとの交配だと、そういうことも起こらず、丈夫なマンチカンになります。

マンチカンが持つ遺伝子が薄くなって、病気のリスクも少なくなるから。

だから、マンチカンは「病気にかかりにくい」と言われているんです!!

 

僕の説明しっかり伝わりましたか?(汗)

分かりずらかったら、ごめんなさい…。

よく分からなかったという方は、こちらにも詳しくまとめた記事を載せておきましたから参考にどうぞ。

 

マンチカンが病気にかかりにくい理由について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

マンチカンは病気にならない!?実は、かかりやすい病気があった!

とは言ったものの、100パーセント病気にかからないわけではありません。

当然、マンチカンも病気にかかることだってある。

あっ!さっきの説明で言い忘れたことがありました。

 

マンチカンには、おなじみの「短足」の子と、足の長い「足長」の子がいるのですけど…

交配するとき、「短足」同士での交配は推奨されていません。

 

もちろん、病気のリスクが高くなるのが理由。

あくまでも「推奨されていない」なので、悪いブリーダーのなかには、リスクも考えずに交配する人だっています。

許せませんよね。

 

しかし、マンチカンのなかでも足の長い「足長」同士なら、交配しても問題はないそうなんです。

 

マンチカンの短足・足長について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

話を戻しますが、マンチカンだって病気にかかることがあります。

重大だったり、軽い病気だったり…

その中でもかかりやすい病気があるので、2つ紹介していきます。

マンチカンがかかりやすい病気を2つ紹介!!

まず、かかりやすいのが「椎間板ヘルニア」。

おもに足の短い「短足」のマンチカンに起こりやすい病気です。

 

「短足で胴長」と言ったら、何か思い出しませんか?

そう、ワンちゃんの「ダックスフンド」!

ダックスフンドもマンチカンと同じように「椎間板ヘルニア」にかかりやすいんですよ。

 

マンチカンの場合、「胴長」までとはいきませんが、短足のため、動くときに背中にそうとう負担がかかってしまいます。

そうなると、腰辺りにある背骨と背骨の間にあるクッション(椎間板)が変形して、神経に「圧」を加えてしまう。これが「椎間板ヘルニア」」です。

 

治療方法としては、まずは安静にさせておくこと、それから、症状がひどい場合には外科手術が必要になってきます。

 

飼い主として、愛猫に「手術」だけはさせたくないですよね。

僕も同じ気持ちです。

でも、最悪の場合なら仕方ありません。

 

次にかかりやすいのが「毛球病」。

これはおもに、「長毛」のマンチカンに多い病気です。

自分の体をグルーミング(毛づくろい)している時に、無意識に入った毛が絡まり合って「毛玉」を作ります。

 

その毛玉が、おなかの中にたまったままになって、便秘・吐き気などが起こるようになるのが「毛球症」。

「長毛」のマンチカンだけじゃなくて、短毛の場合も起こることがあるみたいなので、気を付けてくださいね。

 

治療方法は、「毛玉除去剤」を服用する。

「下剤」と同じような感じと思ってもらえばいいかな。

症状がひどいときは手術をしないといけない場合もあるので、日ごろからの予防が大事になってきます。

Sponsored Link

最後に「椎間板ヘルニア」や「毛玉症」にならないためにも、日ごろからできる予防についてまとめてみました。

 

「椎間板ヘルニア」の予防としては、

  • 太らせない
  • 高いところからのジャンプを避けさせる

 

背中に負担をかけないようにするのがポイントです!

家具やキャットタワーの高さも低くしたほうがいいのかな。

 

「毛球症」の予防としては、

  • 長毛、短毛にかぎらずブラッシングを心がける
  • 精神的不安を和らげるための行動(カーミングシグナル)でも、毛づくろいをするのでストレスをためないようにさせる

 

僕のうちの愛猫にも「ブラッシング」は欠かせません。

短毛ではあるんですけど、やっぱり抜け毛が多い時期とかもあるので、たまにしてあげています。

 

マンチカンの飼い方で注意することについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

マンチカンは一般的に「病気にかかりにくい」とは言われていますが、それが「絶対」と言うわけではありません。

かかりやすいマンチカン、かかりにくいマンチカンだって当然いるはず。

まして、病気がいつ起こるかなんて、誰にも予測できませんよね。

 

だからこそ、日ごろからの予防が大切です

「マンチカンが病気にかかりにくい」と思うのではなく、「かかるかもしれない」と思うようにしましょう。

ようするに、「意識することが大事」ってこと^^

Sponsored Link