マンチカンの毛色の種類って、どのくらい?

マンチカンを新しい家族を迎える前、やたら迷いませんか?

どんな迷いかって…

 

どの毛色の子にしようかなぁ、あの子もいいし、いやぁ~あの子もいいなぁ、もう決めきれない

 

「マンチカン」と言っても、めっちゃたくさん毛色があるから選ぶのにも迷いますよね。

早速ですが、こんなこと思っていませんか?

マンチカンって、どのくらいの毛色があるの?」と…。

 

答えは、

 

正直に言って僕にも分かりません(笑)

ただ、たくさんの毛色があることだけは最初に言っておきます。

 

この中から自分に合ったマンチカンを選ぶのって、ホントに至難の技。

見ているうちに、みんな可愛くて思えてきて、結局、選べなくなる。

誰もが経験したことのある、マンチカン選びのあるある(笑)

 

種類がとにかく多いマンチカンの毛色について、ここでは話をしていこうと思います。

選びの後押しになればいいかなと(笑)

Sponsored Link

マンチカンの毛色が多い理由とは…

最初、簡単に、どうしてマンチカンの毛色が多いのかその理由を話していきます。

一言で理由をいうと、

 

 

いろいろなネコちゃんと交配されているから

 

 

マンチカンの特徴ともいえる「短足」は突然変異によるものなのですが、遺伝子疾患のリスクを小さくするためにも他のネコちゃんとの交配が行われてきました。

 

マンチカンのリスクについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

意外にもマンチカンの歴史は短く、正式に猫種として認められてから20年くらいしか経っていないんですよ。

昔からいるようなイメージがあるけど、意外に最近の新猫。

 

たった20年の間に、リスクを小さくするため違う種類の猫との交配が行われ、マンチカンの毛色はめちゃめちゃ多くなりました。

 

簡単だったけど、理由は分かってもらえましたか?^^

 

もし、分からなかったら、こちらも読んでみてください。

マンチカンのほとんどが「ミックス」!?個性がありすぎるわけとは…

きっと参考になりますよ。

 

マンチカンの毛色を少しだけ紹介!!(3種類)

それでは、具体的にどんな色のマンチカンがいるのか、いくつか紹介してきます。

 

最初に紹介するのは「レッドタビー」。

たぶん僕を含めて多くの方が一度は見たことのある、超有名な色。

 

「レッド」というのが茶色に近い赤という意味で、「タビー」っていうのがマーブル状をしている模様って言う意味。

 

合わせると…

「レッドタビー」のマンチカン!!

 

絶対にどこかで見かけたことがあると思いますよ。

そのくらい有名ってこと。

 

次に紹介するのは、「シルバータビー」。

これもまた、「マンチカン」と言われたら多くの方がイメージする毛色。

 

「シルバー」は灰色という意味で、「タビー」は繰り返しになるけどマーブル状をした模様のこと。

「灰色と黒のマンチカン」ってイメージしておくと、いいかもしれませんよ。

 


(シルバータビーのマンチカン)

 

僕のうちにいる愛猫チビは「タビー」みたいな感じです。

ハッキリとした模様までは分からないけど、縞毛様がうっすら入っています。

しぐさが可愛くてかわいくて…(笑)

 

最後に紹介するのは、「ブルー」のマンチカン。

「ブルー」と言われて、「青」をイメージするかもしれないけど、違いますよ!

実際は、「灰色」っぽい感じ。

 


(毛色が「ブルー」のネコちゃん)

 

ホントにうっすら青が見えるか見えないかくらいで、人によっては「青」に見えるかもしれませんが…。

ちなみに僕は、灰色にしか見えませんでした(笑)

この系のマンチカンもけっこう見かけるかなと。

 

紹介したマンチカンの毛色はこのくらいでしたが、まだまだたくさん種類があります。

クリーム、ホワイト、ブラックなど…

 

マンチカンの毛色で、僕のおすすめはコレッ!

マンチカンの色を紹介してきましたが…

とは言っても、たくさんの毛色がありすぎて、選べない

そう感じていませんか?

 

と言うわけで、ここではオススメの色を紹介していきます。

あくまでも僕のおすすめなので、自分で選びたいという方は選んじゃってくださいね(笑)

 

それでは早速ですが…

オススメするマンチカンを発表します!!

 

なんだかんだ言って、

僕のおすすめは「レッドタビー」。

 

 


(レッドタビーのマンチカン)

 

なんだかんだ言って、人気のあるオーソドックスな色なのですが、やっぱりこのマンチカンが一番かなと個人的には思います。

 

もちろん、どのマンチカンも可愛いのですが、直観でレッドタビーにしました。

僕自身、「マンチカン」と言われて、「レッドタビー」のマンチカンの印象が頭に染み付いちゃっていることもオススメにした一つの理由です。

 

人気のある色なので、選んで間違いはないかと思います。

まぁ、あなたが気に入ったならの話ですが…(笑)

Sponsored Link

マンチカン 毛色以外でも悩む!?

「毛色」選びでも迷っちゃいますが、実は、他にもいくつか迷ってしまうことがあるんですよ。

 

1つ目は「」。

マンチカンは、他の猫ちゃんと交配されていることもあって、柄の種類も豊富です。

 

毛色で紹介した「タビー」もその一つ。

他にも、斑点(はんてん)模様の「スポッテッド」、ホワイト地の2色「バイカラー」、2色の「キャリコ」などがあります。

マンチカンだからこそ、こんなに柄も多い。

普通ならここまで迷うことはありませんから…(笑)

 

2つ目は「毛の長さ」。

マンチカンの毛の長さには、短い「短毛」と長い「長毛」があります。

 

マンチカンの毛の長さについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

毛の長さによっても、手入れのしやすさや、抜け毛の量が変わるので、ここでも迷うかなと。

「短毛」だとブラッシングは1日1回、「長毛」だと1日2回は必要です。

抜け毛が多くなる季節は、それ以上。

 

この2つが色以外に迷ってしまうこと。

 

マンチカンについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

迷うことは大事だと思いますが、迷いすぎには注意してください。

たくさんの毛色から選ぶのはホントに大変。

 

でも、どんなネコちゃんだとしても家族に迎え入れたら可愛くなります。ホントに。

Sponsored Link