チワワは飼いたいけど…

  • オスとメス、どっちがいいのか
  • 大人になると白色が「クリーム色」になるってホントなのか
  • ブリーダーさんは適当選んでも大丈夫か

 

など、ロングコートチワワ(白色)の悩みは尽きることがありません。

 

新しい家族になるのだから、「不安」や「悩み」があって当然です。

でも、不安や悩みをそのままにしておくのは厳禁

 

解決して、スッキリした状態でロングコートチワワを家族に迎え入れることが一番ですから。

悩みを解決しつつ、チワワを飼う前に「これだけは知ってほしい!」と言うことを集めたので、参考になればうれしいです。

Sponsored Link

チワワ(ロングコート)の白 「オス」「メス」、どっち??

まず最初は、「チワワ(ロングコート)はオスとメス、どちらがいいのか」についての不安・悩み。

このことから解決していきます。

オスもメスも、それぞれにいい所を持っています。

 

「オス」は活発でやんちゃな性格で、思いっきり走り回ったり、一緒に遊びたいという方にはおすすめ。

だけど、マーキングには注意が必要かと。

家のなかで一度やってしまうと、匂いが残ってしまうから何回も繰り返してしまうかもしれませんから。

 

「メス」はオスに比べて大人しく、しつけもしやすい。

初めて白色のロングコートチワワを飼うという方は、メスのほうがいいのかなと。

オスに比べて飼いやすさはありますが、「避妊手術」が少し大変です。

リスクもあり、去勢手術よりも値段が高めです。

 

チワワの性格については、こちらも良かったら参考にしてください。

 

個人的な意見を言うと、僕は「オス」のほうがいいと思います。

理由は、愛犬サムもジャックラッセルテリアの「オス」だから。

 


(愛犬サム)

 

うまい理由になっていませんが、これが僕の本音です(笑)

個人的に一緒に遊びたいというのも理由ですから。

ボールを投げて遊んだり、一緒に走ったり…

こういうことをしたいですからね!

 

チワワの「オス」「メス」の選択で迷っているなら、将来どんなことを一緒にしたいのか考えるといいですよ。

僕みたいに活発に遊びたいと思っているなら「オス」、ゆっくり読書しながら過ごしたいと思っているなら「メス」、みたいな感じで…

 

こんな風に考えていくと、オスかメスで迷うのは少しはなくなると思います。

どちらにせよ、オスでもメスでも、家族に迎えたら可愛くてどうしようもないですよ^^

Sponsored Link

チワワ(ロングコート)の白 大人になると色が変わる!?

次の不安・悩みは、「大人になると白色が”クリーム色”になるってホントなのか」について。

やっぱり、不安がありますよね。

 

「ロングコートチワワの白が好きで、家族に迎え入れたのに、大人になると”クリーム色”になってしまった!」

なんてことがあったら。

 

ハッキリと断言はできないのですが、これはホントです

「血統書」には「白」と書いてあっても、大人になると「クリーム色」になることは、けっこう多いみたいですから。

 

チワワの毛色について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

僕の体験 チワワ(ロングコート)の白じゃないけど…(笑)

少しだけ、僕の話をします。

ロングコートチワワでも、ワンちゃんでもない「猫」の話になるのですが…(苦笑)

関係のある話なので、「えっ!」と思わないで聞いてください。

 

僕の家には子猫のチビがいます。

家に来て、はや4ヶ月。

毎日成長しています。


(子猫チビ)

 

そんなチビは、薄い赤茶色、灰色、黒がしま模様になった感じの毛色をしています。

でも、4か月前は違った色をしていました。

 

以前は白よりの灰色が強めで、黒が少し混じっているくらいで、赤茶色なんか全く想像していませんでした。

灰色と黒のネコちゃんになるんだろうなぁと思っていたくらい。

4か月目になって、ようやくホントの毛色が表れたという感じです。

 

「ロングコートチワワと猫なら、全く違うでしょ!」

そう思うかもしれませんが、大人になると毛の色が変わるというのは、ワンちゃんもネコちゃんも同じことなのです。

 

なので、例え愛犬チワワが白色じゃなくても、絶対にチワワを責めないでください!

チワワはもともと毛色の多い犬種だから、どんな色になってもおかしくありませんから

色が変わるのは、チワワの「個性」です。

 

「飼ううえでの一つの楽しみ」と思うと、少しは気が楽になりますよ。

もし、本当に「コレがいい」という色があるなら、色が決めった後の成犬を家族に迎えるもの一つの方法です。

チワワ(ロングコート)の白 ブリーダーさん選びって重要?選ぶポイントは?

次の不安・悩みは「ブリーダーさんは適当選んでも大丈夫か」について解決していきましょう。

まずは、結論から言います。

ブリーダーさんを選ぶときは、適当じゃなくて真剣に選ぶ!

 

もっと言うと、実際に会って話を聞いてみたほうがいいと思います。

ブリーダーさんを選ぶときのポイントとして、

 

・チワワについての知識が豊富である

→質問をしてもあいまいな答えしか返ってこないときは、注意したほうがいいかもしれません。

 

・飼育環境が整っている

→一番いいのは、実際に飼育している場所を見せてもらうことです。尋ねにくいかもしれませんが、勇気を出して聞いてみてください。

 

・ロングコートチワワ(白)を飼った後も相談にのってくれる

→飼ったあとに「さようなら」じゃなくて、飼った後もしっかり相談や質問に答えてくれる。

 

この3つをを参考にしてみてください。

愛犬サムは、ブリーダーさんから家族に迎え入れました。

子犬から飼うっていうのは、初めての経験だったのでいろいろ悩みました。

 

  • トイレの仕方
  • ご飯のあげ方

いろんな不安や悩みがありましたが、ブリーダーさんがしっかりアドバイスをくれました。

おかげですくすく成長し、今はもう10歳の高齢犬に…(笑)

 

ホントに感謝の気持ちでいっぱいです。

信頼できるブリーダーさんを見つけることが何よりも大事だと、僕は感じています。

 

愛犬(ジャックラッセルテリア)については、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

そのためにも、直接ブリーダーさんに会い、話を聞いて、チワワを飼う決断をしたほうがいいと思います。

ネットで飼える時代になっていますが、チワワは「モノ」ではなく「命」なのです!

 

「送ってもらっておしまい」というなら、「モノ」と同じ。

実際に触れ合わないと分からないことだって、たくさんあるはずです。

自分との相性もあるだろうし、ネット上に書いてある情報だけでは分からないことも、触れ合うことで発見できますから。

 

ロングコートチワワはこれから一緒に生活していく家族!

そういうことも考えると、ブリーダーさん選びは真剣にやってください。

念を押しますが、もう一度。

ブリーダーさん選びは適当ではダメ、真剣にしましょう。

 

チワワ(ロングコート)の白 見た目だけで決めるのは良くない!?

最後に不安・悩みとは違いますが、僕からひとつアドバイスがあります。

それは、ロングコートチワワの見た目にこだわりすぎない。

 

小ささが人気のロングコートチワワですが、実は、カラダに相当の負担がかかっています。

骨折をしやすいのも、そのためなのです。

 

また、「小さいほうがいい!」と言うことにこだわり過ぎて、「極小チワワの白」を飼う人もいます。

個人的には「極小チワワ」は、おすすめ出来ません。

 

理由としては、体に負担がかかっているというのが一番です。

その他にも、無理やりその大きさにしているかもしれませんから。

ブリーダーさんによっては「小さければいい」という理由だけで、体を大きくさせないために食事制限をしたりすることもあるみたいです。

 

子犬の時に食事制限をするのは、ホントに危険!

一番栄養が必要な時期に、ご飯を制限してしまうと、病気のリスクも高くなりますから。

こういうこともあって、個人的には「極小チワワ」はおすすめしません。

 

話を戻すと…

チワワを選ぶときに大事なのは、「見た目」じゃなくて「中身」!

「白色のロングコートチワワ」と言うことは、選ぶ側にとっては大事なことかもしれません。

しかし、それ以上に実際に触れ合って、そのチワワがどんなワンちゃんで、どんな性格をしているのかを感じとるほうが大切だと思います。

 

言い方は悪いかもしれませんが、実際飼うのはどんなチワワでもいいのです!

見た目や性格関係なしに、家族に迎え入れたら、本当にかわいく思えるものですから^^

「自分が守らないと!」っていう使命感も出てきますよ。

 

 

チワワを選ぶときは見た目も大事ですが、「中身」も大事にしてください。

ここでは3つのことを紹介しましたが、まだまだ不安・悩みがあるはずです。

すべての悩みが解決してから、チワワを家族に迎えるようにしましょう

ロングコートチワワについては、

こちらも良ければ、見てください^^

Sponsored Link