猫に噛まれたら大変!噛まれて気付く

「猫に噛まれたって、別に平気!」

飼い猫「ジェリー」に噛まれる前までは、そんな軽い気持ちだった。

 

しかし、

 

いざ手の甲を噛まれると、一日も経たないうちに、みるみる腫れていき、自分の手じゃないような気がして、気味が悪かった(汗)

 


(愛猫ジェリーに噛まれた僕の手)

 

実を言うと…

僕が飼い猫(ジェリー)に噛まれたのは、今回が初めてのことではありません。

前にも、何度か噛まれたことがあって、その時は腫れたりすることもなく、2~3日で傷は治ったような気が…。

 

そんなこともあって、僕は「猫に噛まれたって、平気!」と思い込んでいました(笑)

 

でも、

今回のことがあり、「猫に噛まれたら大変なことになる」と言うことを実感しました。

僕自身、初めてのことだったから、とりあえず「病院」に行くことに。

 

語りみたいな話し方は、ここまでにして…(笑)

病院選びから、病院での処置までを、僕が体験したまま話していこうと思います。

ジェリーが「飼い猫」ってことを、忘れないでくださいね。

Sponsored Link

猫に噛まれた!病院は大きい・小さいどっちがいいの?

僕は飼い猫(ジェリー)に噛まれて、とりあえず「病院」に行くことにしました。

でも…

 

大きな病院に行こうか、それとも、小さな病院に行こうか、迷いました。

 

なぜなら、

 

「猫に噛まれたくらい、大したことないんじゃない!」と言う自分。

 

「猫だけど、万が一のことを考えれば、心配…」と言う自分がいたから。

 

だから、なおさら悩んだわけ。

そして、しばらく考え…

悩んだ結果、「大きな病院」に行くことに!

 

やっぱり、大したことじゃなくても、もしも何かあったら怖いし、自分の気持ちも安心できるのかなと思って僕は選びました。

 

それに、

精密検査をすることになっても、そのままできる。

「猫に噛まれたくらい」とは思わずに、ちゃんと診察してもらったほうがいいと思います。

 

そういうわけで、病院選びで悩んだ時は、大きなところで診てもらう

いろんな考えがあると思いますが、僕は体験してみてそう思いました。

 

猫に噛まれたことについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

猫に噛まれたけど、何科に行けばいいの?答えは早かった!

「猫に噛まれた!」

「病院に行こう!」

 

そう思っても、何科で診てもらえばいいのか分からない。

実際に、僕も悩みました。

 

ホントに何も分からなかったから、飼い猫に噛まれて、病院に行こうと思っても、どうしようもない感じだったかな。

 

だからこそ!とまではいかないんですが…

総合病院」に行きました。

一日経たないうちに、手がパンパンに腫れていたから、心配で(苦笑)

 

とりあえず、診察をしてもらおうと、受付の方に、飼い猫に噛まれたことを話すと…

どんな言葉が返ってきたと思いますか?

 

速攻で、こう返事が…

 

「猫に噛まれたなら、外科です!」

 

あまりの返事の速さに、驚いてしまいました。

僕の事情を話すと、すぐに「外科です!」って返ってきたから。

 

もし、何科なのかで悩んでいるなら、「外科」に行ってみてください。

僕の経験では「外科」でしたから(笑)

飼い猫でも、野良猫の場合でも同じことだと思いますよ。

Sponsored Link

猫に噛まれた!病院でのリアルな処置!?

猫に噛まれた!

 

そう思って、病院に行っても、どんな処置をしてもらうか分からないと「不安」になりませんか?

 

と言うわけで…

僕の場合の「処置」について、話をしていこうと思います。

お医者さんによっても、猫に噛まれたケガの具合によっても、多少は違ってくると思いますが、参考になればいいかな(笑)

 

ではでは、早速…

僕は飼い猫(ジェリー)に噛まれて、病院に行ったわけなんですが。

 

まず最初にしたことは、ケガの様子を問診表に書く。

飼い猫に噛まれたことや、怪我の状態を書いたかな。

 

そして、診察をしてもらう前に、看護師さんから、問診表に書いたことについて、詳しく聞かれました。

今まで起こったことを、とにかく全部、話したほうがいいのかなと僕は思います。

 

それが終わると、お医者さんに傷の様子を見てもらいうことに。

ここでは、「消毒」と「」を塗ってもらいました。

 

そしてなんと…!!

この後に…!

 

点滴」をすることになったんです。

針を刺して、透明な液を入れる、あの「点滴」を!

いやぁ正直、驚きましたね。

 

「飼い猫に噛まれただけだから、飲み薬をもらっておしまいかな」

 

なんて、思ってましたから(笑)

 

「点滴」をした後は、薬局で「抗生剤」をもらい、その日の処置は終わり。

でも、これから何日かは「消毒」をしに来ないといけません。

 

あっ!

言い忘れていたのですが、僕が飼い猫に噛まれたのは2日前の話。

なので、現に今も、病院には行っています。

 

「消毒」と「薬」を塗ってもらいに。

そして、「点滴」も…(苦笑)

 

僕の場合は、こんな感じかな。

処置の仕方も、人それぞれだと思うから、参考として見てください。

リアルな様子だったでしょ!(笑)

Sponsored Link

猫に噛まれた!病院で聞いておきたい5つのことは!?

最後に、猫に噛まれて病院に行って時、「これは聞いてたほうがいい!」ということを5つまとめました。

 

僕の経験から言うと、動揺していて、何も聞けなかった(笑)

だから、僕自身があとあと聞きたかったことを書いてみました。

 

猫に噛まれた傷は、治るまでにどのくらい時間がかかるのか

 

自分の傷の状態は、ひどいのか

 

飼い猫、もしくは野良猫に噛まれたけど、病気の心配はないのか

 

これから、どんな処置をしていくのか

 

この傷だったら、水で濡らしても大丈夫なのか

 

聞いておきたいことは、このくらいかな。

お医者さんによっても、丁寧に説明してくれる先生やそうでない先生がいるので、あとは、その場の雰囲気しだいかなと思います。

 

ネコちゃんについて、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

猫に噛まれたときって、「どうしよう」と思う気持ちが強くあると思いますが…

焦ってどうしようもない時には、とりあえず、「病院に行く」ということが無難かな。

僕の経験を見て、少しでも気持ちが楽になれば、幸いです。

Sponsored Link