「飼い主は必ずチワワよりも強くないといけない」

そんなことを思っていませんか?

実はそれ、チワワの子犬のしつけ方としては「逆効果」です!

 

チワワ(子犬)の間違ったしつけをして、愛犬との絆を壊さないためにも、正しいしつけ方を身に付けましょう。

ここでは、チワワ(子犬)のしつけ方について詳しく話をしていきます。

初めにいっておきますが、基本的にチワワはしつけにくい犬種です。

Sponsored Link

チワワ(子犬)の正しいしつけ方

まず、チワワの子犬の正しいしつけ方を紹介します。

しつけ方のポイントが3つあるので、それについて詳しく説明します。

愛情

しつけでのポイントは「愛情」です。

飼い主さんがいつもやってあげている、ご飯・散歩・一緒に遊びなど…全部が子犬のチワワへの「愛情」になります。

どんなものが愛情なのか分からなければ、まずはチワワ(子犬)との生活一つ一つを丁寧してみてください。

 

例えば、公園へ散歩に行くときなら、

  • 声をかけながら散歩してあげる
  • 自分の歩くペースじゃなくてチワワ(子犬)の歩くペースに合わせてあげる
  • チワワを気にしながら歩いてあげる

これが愛情です。

 

チワワが気付かないような小さなことですが、この小さなことがやがて大きな愛情になるのです。

しつけのときも「愛情」を持つことを忘れないようにしましょう。

メリハリをつけた態度

しつけ方のポイントは「メリハリを付けた態度」です。

分かりやすく言うと、チワワの子犬をしつけるときに怒り方に差があってはいけません

もの凄く怒るときもあれば、全く怒らないときもある。

 

このような怒り方では全くチワワのしつけになってません!

チワワ(子犬)に悪いことは悪いと、はっきり分かってもらうためにも、怒り方に差がないようにしましょう。

このことは、しつけでホントに重要なポイントです。

とにかく褒める

しつけのポイント、最後は「とにかく褒める」です。

誤解があったらいけないので説明を入れておきますね。

「とにかく褒める」と書いてますが、いつでも褒めればいいというわけではありません。

 

褒めてもいいのは、チワワ(子犬)がいいことをしたときだけ

そのときは、本気で褒めてあげましょう。

あと、褒めるときには精一杯の気持ちを込めてください。

 

褒めてもらう時に、気持ちがこもってなかったら嫌ですから。

そうすれば、お互いにきっと良いことがあります!

 

この3つが正しいしつけのポイントです。

しつけがしにくいと言われてますが、めげないようにしてくださいね。

チワワの甘噛みについては、

こちらも良かったら、参考にしてください。

Sponsored Link

知っておかないと怖い!チワワ(子犬)の間違ったしつけ方

先ほどは「チワワの正しいしつけ方」を紹介しました。

次は逆に、チワワの間違ったしつけ方を紹介します。

毎日している行動が意外にチワワとの絆を壊しているかも…

力ずくでチワワを服従させる

間違ったしつけ方、一つ目は「力ずくで服従させる」です。

間違ったことをしている人に限って、「しつけ」という名目でチワワを服従させようとしています。

「犬は人よりも下」という古くからの考えがあるせいで。

 

しかし、この考えを完全に否定しているわけではありません。

「犬は人よりも下」という考えはあっていいと思いますが、この考えもとで間違った方法を続けているとチワワとの絆が完全に崩壊します

二度と戻らない大きな溝ができてしまいますよ。

 

実際、「チワワを服従」という考えでしつけをしても全く意味がありません。

それどころか、しつけ方としては逆効果!

 

  • チワワのストレスがたまる
  • あなたの言うことを聞いてくれなくなる
  • 触るだけで噛む

悪循環なことしかありません。

なので、「チワワの子犬を服従させる」という考えは絶対にやめてください。

恐怖心を与える

2つ目の間違ったしつけ方は「恐怖心を与えるしつけ」です。

  • やめろ!
  • コラッ!

こんな怒り方では全くダメ。

 

大声を出しているだけでしつけの意味が全然ありません。

どうしてだと思いますか?

 

それは、チワワ(子犬)自身がどうして怒られているのか分かっていない点にあります。

大きな声で怒られても、怒られる理由が分からなければ、反省のしようがありませんから。

 

おそらく、この怒り方だとチワワの子犬も同じことを繰り返してしまうはずです。

それに、恐怖心を与えるだけのしつけはあなたとの「絆」も壊してしまいます。

このような考えはしないでくださいね。

 犬がストレスを感じることについては、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

この2つがチワワの子犬に対する悪いしつけ方です。

「絆」を壊すことなくしつけができれば、僕たち飼い主にとっては何より最高ですよね。

間違ったしつけをせず、正しいしつけでチワワの子犬に接しましょう。

チワワ(子犬)にしつけは必要?不必要?

チワワ(子犬)のしつけについて話をしてきました。

しかし、そもそもチワワにしつけは必要なのでしょうか?

僕なりに考えがあるので紹介します。

 

結論をいうと僕は「チワワにしつけは必要ない」と思ってます。

「しつけ」といっても、結局のところは「服従」みたいなもの。

最終的にはチワワをを自分のいいように操るってことですから。

 

例えば、

  • お座り
  • お手
  • マテ

とか…

 

僕の目線からは人間がチワワ(子犬)を自分たちの良いように操っている風に見えてしまいます。

なので、チワワにはしつけが必要ないのかなと。

そうはいっても、今の時代には「しつけ」は必要です。

チワワと人間が暮らしていくためには欠かせませんから。

 

時代が変化して、町には車が溢れかえったり、犬だけのルールができたり…

「しつけ」をしないといけない状況になりました。

そうしないと、普通に散歩したり一緒にお店の中でご飯を食べたりできませんから。

 

個人的には「しつけは必要ない」と思いますが、今の時代がしつけを求めているからせざる負えません。

やはり、チワワ(子犬)が楽しく過ごせるためは「しつけ」は必要なことです

あなたは「しつけ」に対してどのような考えを持っていますか?

チワワ(子犬)のしつけ方のまとめ

チワワの子犬の良いしつけ方としては、

  • 愛情
  • メリハリを付けた態度
  • とにかく褒める

この3つが大事になってきます。

 

逆に、悪いしつけ方としては、

  • 力ずくで服従させる
  • 恐怖心を与える

がありました。

もしこのようなしつけ方でチワワと接しているなら、今すぐにでも考えを見直してください。

精神的に幼い子犬のチワワに恐怖心を与えてしまうと、心に傷を負ってしまいますから。

 

正しいポイントを押さえてしつけをすれば、チワワとの関係を壊すことはありません。

上手な関係で、チワワ(子犬)と楽しく生活ができることを願っています^^

チワワのしつけの悩みについては、

こちらでも詳しく書いているので、良かったら参考にしてください。

Sponsored Link