シーズーを英語で書くと?英語表記が難しい?

犬の名前「シーズー

目がクリクリしていてカワイイですよね。

このシーズーを英語で表記するとどうなると思います?

 

どうなのか聞くこと自体質問的におかしいですが…(笑)

それなら聞かなくてもいいかもしれないっ!

自分で言って完結しました(笑)

 

それでは気を取り直して、シーズーの英語表記を発表します。

どんなふうなのかと言うと…

 

shih-tzu」って書くんです!

 

へ―そうなんですね。言われてみれば確かに「シーズー」ってなってますね。

僕が初めてシーズーの英語表記を見たときは、どこか覚えにくい感じがあったんですけど…

 

そんな感じなかったですか?

「ない!」っていう声が聞こえてきます(笑)

僕だけだったんですかね…

 

ここでのまとめをすると…

シーズーを英語表記でかくと「shih-tzu」!

 

シーズーについて、

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

 

ついでなので「発音」も書いておきますね。

だいたい予想は着くと思いますが…

Sponsored Link

シーズーの英語の発音は「シーズー」?

「シーズーは英語表記だと「shih-tzu」、それなら「発音」は?」

そんなことを思いませんでした?

 

だいだい予想は着くと思うんですが、発音も発表します。

それでは…

 

発音の仕方は「シーズー」です!

 

そのままでしたね(笑)

ちなみになんですけど…

「シーズー」っていうときにも、「語尾を上げる人」と「語尾を下げる人」の2パターンがあるそうなんですよ。

 

 

全然気にしたことなかったので、この話を聞いた時は驚きでしたね。

実際に今やってみたんですが、僕は「上げるパターンの人」でした。

あなたはどっちだったでしょうか?

 

と言うことで、「発音」については終わりです。

「シーズー」って英語で「shih-tzu」と書きますが…

 

どうして「シーズー」なんでしょうか?

不思議だなぁ~って思いません?

思わないかもしれませんが…このことについて僕なりに少し考えてみたんですよ。

 

その結果、どうも「歴史」が関係しているのではないかと個人的には思っています。

あっているかどうかは分かりませんが(笑)

とにかく英語と関係ありそうな歴史について話をしていきますね。

Sponsored Link

シーズーの英語と歴史の関係はある?それともない?

「シーズー」は英語で「shih-tzu」でした。

ところで…「英語」ってどこの国の言葉だと思います?

 

「アメリカと言いたいところだけど、「イギリス」だよね!」

そうなんです。英語は「イギリス」の言葉なんですよ。

と言うことは…「シーズー」と「イギリス」ってきっと何か関係ありますよね?

 

そう思って僕は調べることにしました。

すると…!

本当に関係があることが分かったんです!

 

1935年にイギリスで「シーズークラブ」というものができて、そこで正式に犬種になったらしいですよ。

ちゃんと関係があって、内心少し「ホッ」としています(笑)

「これで終わり」と言いたいところなんですが…

 

実は、歴史はこれで終わりじゃない!

 

歴史について順番に説明していきます。

もともとシーズーは「イギリス」じゃなくて、「中国」にいたそうなんですよ。

その起源は、チベットにいる「ラサアプソ」と中国いる「ペキニーズ」の混血だと言われているんです。

 


このワンちゃんが「ペキニーズ」!

 

名前は、中国では神聖な動物とされている「獅子狗(シー・ズ・クウ)」が由来。

どうして由来が「獅子狗」なのか気になりません?

 

気になりますよね。

それでは、まず自分なりに獅子のイメージをしてみてください。

しました?

 

たぶんイメージでいくと、「ライオン」に近い感じじゃなかったですか?

もしかすると、他のイメージもあるかもしれませんが…(笑)

ここでは「ライオン」と言うことにしてくださいね。

 

では次は「シーズー」のイメージを。

どうです?この2つどこか似ていませんか?

「ん~」と思うかもしれませんが、これが名前の由来なんです!

 

そんなシーズーなんですが、一度は絶滅しそうになったことがあるんですよ。

中国国内で2度の事件が起こり、本当に危険な状況にまで追い込まれたらしい。

 

そんな中で、数少ないシーズーたちがヨーロッパに渡って…

ヨーロッパ全土に渡ったんですが、その中でも特に渡った数が多かったのが「イギリス」なんです!

 

もともとは「シー・ズ・クウ」だったんですが、このころに「シーズー」になったそうですよ。

やっと「シーズー」と「イギリス」がつながりましたね!(笑)

だけど、もう少しだけ話を…

 

「イギリス」に渡ったんですが、ここでもある問題が!

実は…

 

すでにイギリスでは、シーズーの起源である「ラサアプソ」がいたため、2つの見分けがつかなくなったらしいです。

 

そこで、始めのほうで言った「シーズークラブ」ができて、正式に犬種となったらしいですよ。

長くなったんですが、これが歴史です。

 

他のワンちゃんの歴史について、

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

 

こう言うことで、僕なりに考えた結果…

英語と関係があるということになりました!!

あくまでも僕の考えなので、英語と歴史が関係あるとは限りませんよ^^

Sponsored Link

シーズーの英語と歴史 まとめ

シーズーの英語と歴史について話し終わりました。

今、頭の中が混乱していませんか?

いっきにいろんなことを言ったから、訳が分からなくなっているかなぁ~と思って。

 

話していた本人の僕も混乱しちゃってます(笑)

と言うわけで、最後に今までのまとめをしていきますね!

 

 

まずは「シーズーを英語で書くとどうなるのか」と言うこと。

英語で「shih-tzu

ちなみに発音しても「シーズー」のまま。

 

 

次は「シーズーの英語と歴史は関係あるのか」と言うこと。

 

結論、僕は関係あると思う。

シーズーはもともと中国にいました。

起源は、チベットのラサアプソと中国のペキニーズの混血。

 

中国国内で2度の大きな事件が起きて、一度は絶滅しかけました。

でも、数少ない一部がヨーロッパに渡って、全土に広がっていきました。

その中でも特に渡った数が多い「イギリス」で、1935年にシーズークラブができたことで犬種として確立された。

 

 

と言うわけでまとめは終わり。

英語と歴史について、少しは分かってもらえました?

読みにくい部分があったかもしれませんが、そこは気にしないでくださいね。

 

この機会にもっとシーズー、いや「犬」に興味を持ってもらえたら幸いです!^^

Sponsored Link