犬の足跡のイラストが描けない!

そう思ったことはないですか?

 

頭の中では犬の足跡のイメージはできているのに、

  • いざ犬の足跡を描こうとすると意外に描けない
  • 実際に犬の足跡を描いみても、いまいち上手に描くことができない

そんな経験はありませんか?

 

ちなみに、僕はあります。

どうも犬の足跡のイラストが定まらない、って感じです^^

 

ここでの「定まらない」っていうのは、書き方とかそういうもののこと。

犬の足跡なら、愛犬をいつも見ているはずなんですけど…

いざ描くとなると描けない(笑)

 

僕の場合はこんな感じです。

と言うことで、今回はみんなが描けそうで描けない、犬の足跡のイラストの「コツ」について話していきますよ!

Sponsored Link

犬の足跡のイラストを描く前に、特徴を知ろう!!

でも、ちょっと待ってください。

犬の足跡のイラストを描く前に、大事なことが…

 

それは、「犬の足跡の特徴を知っておく」ということ。

犬の足跡の特徴を知っておけば、イラストを描くときにもきっと役に立つと僕は思います^^

 

犬の足の特徴については、こちらも良かったら、参考にしてください。

 

それでは簡単に犬の足跡の特徴について説明していきます!

犬は大昔、寒い地域に住んでいたので、氷の上でもすべないように足の裏は滑り止めの役割をしています。

 

もしかすると、犬が氷の上で滑りにくいのもこのためなのかもしれません。

って、正直に言うと結構滑ってますけど(笑)

でも、実際に犬の足の裏を触ってみても分かると思うのですが、足の裏にはギザギザしている部分があるんです。

 


(目を凝らして見てみてください^^)

 

しかも、そのギザギザは前を向いています。

昔の名残りなのかもしれないですね!

良かったら見てみてください。

 

あっ!基本的なことを言い忘れていました!(笑)

犬の足跡は、一般的に5つの肉球からできています。

 

4つの小さな肉球(指球)と、真ん中にある1つの大きな肉球(足低球)から。

そして、この5つの肉球とは離れたところに1つ肉球(手根球)が。

と言うことで、簡単ではあったのですが犬の足跡の特徴の説明は終わります。

犬の足跡のイラストを上手く描くためのコツは!?

それでは次は、犬の足跡のイラストをうまく描くための”コツ”を紹介していきます。

最初に言っておきますが、僕自身もどっちかと言うと「犬のイラストを描けない人」です。

 

っていうか、絵を描くことに関しては全くの素人。

でも、愛犬の足を見ながらだったら、そこそこうまく描けると思います。

 

「ならどうしてコツを教えるようなことをするの?」

そんな風に思っているはず。

 

どうして僕がコツを教えるようなことをするのかというと…

僕と同じように犬の足跡のイラストが描けなくて悩んでいる人がいると思ったから。

 

“どうにかしてあげたい”と言う思いが強くて…

 

とはいっても、僕もあんまり上手には描けないんですけど(苦笑)

とにかく少しでもいいから、犬の足跡を描けるようになればうれしいです。

 

さっそくなんですが、「犬の足跡」って言われてどんなイラストをイメージします?

ちなみにこれは僕が描いた犬の足跡です(笑)

 

(最初に書いた犬の足跡のイラスト)

 

これだとまだどこか「犬の足跡」って感じしませんよね。

形がおかしいし、でも「足跡」っていうのは分かりますけど(笑)

最初に僕が描いた犬の足跡のイラストを覚えていてくださいね!

 

さっきの犬の足跡ではまだ上手だとは言えないので、たくさんの犬の足跡のイラストを見てみました。

すると、僕が見た限り、上手なイラストにはいくつかの共通点があったのです。

1つ目の共通点

犬の足には5つの肉球があると言ったのですが、今度は1つの大きな肉球に注目。

上手い犬の足跡は、この肉球の形が僕のものと違っていました。

 

どんな形をしているのかと言うと…

言葉で表すのはちょっと難しいんですが、ハートを逆向きにして、形を少し崩した感じ。

後で、実際に僕が犬の足跡を描いてみます。

2つ目の共通点

犬の足跡には5つの肉球がありますが、そのうち4つの小さな肉球に注目してみると…

ちょうど2つ目の肉球で左右対称になっているのです。

 

だいたいでいいと思うので、これを意識して犬の足跡を描いてみると上手に描けると思います。

「小さい肉球の2つ目で左右対称」ってことを忘れずに^^

3つ目の共通点

よりリアルに犬の足跡に近づけたいと考えるなら、4つの小さな肉球の形に気を付けてみてください。

どういうことなのかと言うと…

 

具体的には、4つの小さな肉球の形をちょっとだけ、とがり気味の玉子型にしてみてください。

そうすると、よりリアルな犬の足跡のイラストが描けると思います。

 


 

この3つが僕が見た限り、上手な犬の足跡のイラストの共通点。

これを踏まえて、もう一度僕が犬の足跡を書いてみたいと思います!

さっきよりは、良くなっていると思うのですが…(笑)

 

(共通点を意識して書いた犬の足跡のイラスト)

 

どうですか?

さっきよりは良くなってますか?

 

僕が見た感じでも、より犬の足跡に近づけたかなぁ~って思います(笑)

ちなみに、一回ではうまく描けませんでした。

 

上手までとはいかないけど…

少しはうまく描けるようになったので、この3つを意識すればきっとより良くなるはずです!

 

僕でもできたのですから、きっと大丈夫。

3つを意識してみてください。

と言うことで、犬の足跡のイラストを上手く描くためのコツはでした^^

Sponsored Link

犬の足跡のイラスト まとめ

最後になりましたが、これまでのまとめをしていきたいと思います。

犬の足跡のイラストを上手に描くためのコツは3つ。

  1. 犬の1つの大きな肉球の形を「ハートを逆向きにして、形を少し崩した感じ」にする
  2. 4つの小さな肉球を描く時には、2つ目の肉球で左右対称になるように意識する
  3. 4つの小さな肉球の形をちょっととがった玉子型にする

 

実際に僕がこれを意識して犬の足跡を描いてみると、最初よりうまく描けるようになりました、ホントに!

犬の足跡のイラストが上手く描けなくて悩んでいるなら、一度は実際にやってみてください。

 

挑戦したほどだと僕は思います。

犬の足跡が、少しでもうまく描けるようになることを願ってます^^

 

ワンちゃんの「足」に関係するものを集めてみました。

良かったら、参考にしてみてください^^

Sponsored Link