• 毛がフケで白くなる
  • 軽くブラッシングしただけで、ブラシにたくさんフケが付く
  • 頻繁に体を掻く、痒がる

愛猫のこのような悩みはありませんか?

飼い主として何とかしてあげたい気持ちになりますよね。

 

そこで今回は、猫のフケが出る原因について詳しく話をしていきたいと思います。

フケの原因の前に、簡単に「フケとは一体何なのか」を紹介しますね。

そのあとにフケが出る原因を話していきます。

この記事を読んで、愛猫の悩みを解決してください^^

Sponsored Link

猫の「フケ」って、そもそも何?

そもそも、「フケ」とは何なのでしょうか?

根本的な質問ですけど、答えることができますか?

 

フケと言えば、僕たち人間にも身近な存在で特に頭なんかから出てくることがありますよね。

しっかり頭を洗っているのに、フケは出続けますから。

洗い方が適当だから?、というわけではないのですよ。

 

「フケ」というのはどう頑張っても出てきます。

なぜなら、古くなった皮膚だから

頭のフケの場合なら、皮としての必要性がなくなり、そのせいで肌から剥がれ落ちます。

結果、これがフケなのです。

 

ときどき「新陳代謝(しんちんたいしゃ)」という言葉を聞きませんか?

フケのように古いものがなくなり新しいものが出来るというのが新陳代謝。

つまり、フケがでるということはそれだけ体が良く機能しているということです。

 

同じように、猫のフケが出る理由もそのため。

生きている限り仕方のないことかもしれませんね。

 

でも、猫のフケがあまりにも多すぎるときは異常です。

もしかすると、猫が病気になっているかもしれません。

そのことも考えて、出来るだけ早めに異変に気付いてあげてくださいね。

ネコちゃんの病気について、

こちらも良かったら、参考にしてください。

 

ここでのまとめをすると、

  • 猫のフケは古くなった皮膚が剥がれ落ちたもの
  • 多すぎる場合は危険

この2つです。

次は、猫のフケが出る原因を話していきます。

Sponsored Link

猫のフケが出る3つの原因とは

フケで毛が白くなったり、軽くブラッシングしただけでブラシにたくさんフケが付いたり…

猫のフケが出る原因には3つあります。

  1. 乾燥
  2. カビ
  3. 病気

ひとつずつ詳しく説明していきます。

 

  • 乾燥によるもの

 

特に冬場に多く見られます。

寒いうえに乾燥していて、皮膚がカサカサな状態になります。

人間でも冬に肌が乾燥してしまうことありますよね。

 

それと同じように、猫も乾燥が原因でフケが出る場合があります。

対策としては、加湿器などを付けて湿度を高くしてあげるといいですよ。

つまり、僕たち人間と同じことを猫にもしてあげればいいのです。

 

  • カビによるもの

 

猫の体にもカビが生えることがあります。

ドキッとしてしまうかもしれませんが、これはホントなのです。

猫の体にカビが生えるまでの過程を簡単に説明します。

 

お風呂や雨の日に外を歩いたり…、とにかく猫の体が濡れていたとします。

その場合、おそらくドライヤーで乾かしてあげますよね。

 

でも、その乾かし方が中途半端だった場合、体が濡れている状態が続いてしまいます。

その濡れている体に「カビ」が繁殖するのです。

カビは湿気が好きなので、猫の体であっても増えていきます。

これがカビが生えるまでの過程になります。

 

また、カビが猫の体で繁殖することで皮膚に炎症が起こります。

その結果、「フケ」が出るというわけ。

カビが生えないようにする一番の対策は体が濡れたときはしっかり乾かすこと

これが何より大切です。

 

■病気によるもの

 

あまりにもフケが多い場合は病気、アレルギーかもしれません。

アレルギーだと、皮膚に炎症が起こり、体に痒みが表れフケが出てしまいます。

食べ物やダニが原因、もしくはそのほかのことが原因になっているかも。

 

気を付けておきたいダニについてはこちらに詳しくまとめておきました。

 アレルギーについてはこちらを読んでみてください。

 

どんなことが原因なのかは、しっかり調べてみないと分かりません。

異常にフケが多かったり頻繁に体を掻いているときは、動物病院で診察を受けることをおすすめします

また、アレルギーは普段食べている餌が原因になっているかもしれません。

餌を変えてみることもおすすめですよ。

【モグニャン】評判/口コミの良い悪いを調査!気になる安全性は…

基本的に猫は穀物アレルギーの子が多いです。

この餌はそんな穀物を一切使っていない「グレインフリー」のキャットフードです。

大切な愛猫のことだけを考えて作られていて、アレルギーの猫にも安心です。

 

この3つが猫のフケの原因です。

どの場合だったとしても、気になるようなら動物病院に行くようにしましょう。

Sponsored Link

まとめ【猫のフケの原因】

最後に、猫のフケについてまとめをしていきます。

猫のフケが出る理由は、古くなった皮膚が剥がれ落ちるため起こります。

 

その原因としては、

  • 乾燥によるもの
  • カビによるもの
  • 病気によるもの

この3つがありました。

 

ホントに大事なことしかまとめていないので分かりにくかったかもしれませんが…(苦笑)

愛猫のフケの悩みは解決できましたか?

こちらも合わせて読むとより分かるようになると思います。

参考にしてみてください^^

 

僕からのアドバイスとしてひとつ。

「愛猫のフケ、たかがフケでしょ、全然大丈夫」という風にだけは思わないでください。

苦しんでいるのは僕たちではなく、愛猫なのですから。

 

愛猫のSOSにはいち早く気付いてあげることが大切です

自分で「これくらい大丈夫」と判断したことが、後々危険な状態になることだってあるわけですからね。

愛猫の幸せは、僕たち飼い主の幸せでもあります。

おすすめ記事