犬も人と同じように「あくび」をすることを知っていましたか?

 

犬の場合は置いといて、人があくびをする理由は、

  • 疲れている
  • 眠い
  • 退屈している(つまらない)

このようなことがあります。

 

それなら、犬があくびをする理由は何なのでしょうか?

実は、犬のあくびをするのですが、僕たち人間とは少し違った理由があります。

 

ここでは、

  • 犬があくびをする理由
  • あくびが多いと危険!?

この2つのことを紹介していきます。

Sponsored Link

犬があくびをする理由は「緊張をほぐすため」

一つ目は、「カーミングシグナル」と言われている「あくび」です。

「カーミングシグナル」って言われても分かりませんよね。

 

「シグナル」は合図っていう意味だけど、「カーミング」ってどういう意味なの?

簡単にいうと、「犬が緊張をほぐすために行う動作」と言うことです。

 

そして、その緊張をほぐすための動作として「あくび」をします。

なので犬が「あくび」をするのは、退屈や疲れているわけではありません(笑)

 

例えば、愛犬が散歩の途中で他の犬に会ったとします。

そのとき、犬同士で「あいさつ」をしますよね。

でも相性が悪ければ、けんかになることも…

 

この「あくび」はまさにこの時、役に立ちます!

「自分は戦うつもりはありません。無駄な戦いはやめましょう」と言うことを相手に伝えるためにあくびをします。

 

犬は人のように言葉を伝えることができないので、このような方法に変わったかもしれませんね。

僕たちはケンカになりかけたときは、相手に向かってあくびをするのはやめましょう。

おそらく、ケンカがもっとひどくなってしまいますから(笑)

 

犬があくびをする理由は「ストレス」

2つ目は「ストレス」によるあくびです。

犬の場合にはストレスを感じた時に特にあくびが多くなります。

 

僕の家で飼っているサム(犬)も、家族内で「けんか」が起こると「あくび」が多くなります。

「けんか」もサム(犬)にとってはストレスなのかもしれません。

 

やはり僕自身も最初のころは「どうしてこのタイミングで「あくび」なの!」という驚きと疑問がありました。

今考えると、ストレス」を感じていたのかと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

犬はこの2つの場合に「あくび」をしますが、あまりにも頻繁にあくびをするようなら「危険」かもしれません!

Sponsored Link

犬の「あくび」は危険!?

さっきの話では、犬の「あくび」には緊張をほぐす効果があると言うことでした。

「たかがあくび」、そう思っていませんか?

 

しかし、あまりにも「あくび」が多い場合には危険かもしれません。

ひょっとすると、病気になっているかも…

 

飼い犬が不自然な「あくび」をしている時には注意が必要です

「あくび」から分かる病気としては「歯周病」があります。

 

それなら、どうして病気になるとあくびが多くなるのか気になりませんか?

僕自身が「犬」になりきって考えてみました。

犬っぽくないかもしれないけど、多めに見てください。

 

犬のあくびが多くなる理由は?

僕は犬で「歯周病」になっています。

そして、我慢できないくらい歯が痛い。

 

どうにかして飼い主さんに歯がいたいことを伝えないと…

ダメだ、「歯」が痛くて考えることができない。

あ、なんだか急にあくびが出てきた。

止まらない、どうして…

 

これが僕の考えた犬の気持ちです。

おそらく、病気のときにあくびが増えるのは少しでも気を紛らそうとしているからです。

とにかく、犬のあくびが多い時には病気の疑いもあることを忘れないでくださいね。

 

犬の病気については、

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

 

犬のアピールに飼い主さんが気づいてあげましょう。

もしかして、今そのアピールをしているかもしれませんよ!

Sponsored Link

犬のあくびが表すこととは…

これまでのことを振り返りましょう。

犬があくびをする理由は、

 

  • カーミングシグナル

→犬自身の緊張をほぐすために行う動作で、人のように眠たかったり、疲れていたりする時に出る「あくび」とは違います。あなたが愛犬にじゃべりかけている時に、あくびすることがあると思いますが、あなたを馬鹿にしているわけではありません。緊張をほぐすためにしています。

  • ストレス

→愛犬の周りでストレスになるようなことがあれば「あくび」をします。例えば、家庭の環境、気温であったり、これ以外にもストレスの原因にはたくさんあります。ストレスのほぐし方として、スキンシップを大切にしてください。

この2つがありました。

 

また、あまりにも頻繁に「あくび」をするようであるなら、病気が原因かもしれません。

例えば、「歯周病」など…

このときの「あくび」は、犬が痛いのを紛らわせるためにしています。

 

言葉を出すことができない犬が、一生懸命あなたに合図している証拠。

異変にはできるだけ早めに気づきましょう。

生活のなかで少しでも変だなと感じることがあれば、病院で診てもらうことをおすすめします。

 

とは言っても、すべての場合で必ず病気とは限りません。

変だなと感じるとき以外は、安心してください。

 

大事なのは日ごろからどれだけ愛犬を見ているか。

あくびを含めて、愛犬の動きの観察から始めてみてはどうでしょうか!?

おすすめ記事