ラグドールはどんな病気になりやすいと思いますか?

もっと言うと、ラグドール(猫)が一番なりやすい病気は何だと思いますか?

 

これが分かったら本当にスゴイですよ。

僕なんて検討すらつきませんでしたから。

そのくらい難しいということです!

 

今回は、

  • ラグドールがなりやすい病気トップ2
  • 気を付けておきたい病気

この2つを紹介していきます。

Sponsored Link

猫(ラグドール)がなりやすい病気 NO1は…

猫(ラグドール)がなりやすい病気NO1は…

肥大性心筋症」と言うものです。

 

どうですか?

答えられましたか?

 

「肥大性心筋症」はその名の通り、心臓が異常に大きくなる病気です。

簡単に言えばこんな感じですが、もっと詳しく話していきますね。

 

「肥大性心筋症」はウイルスなどの感染ではなく、遺伝的な病気なのです。

ペルシャ猫の遺伝子を引き継いでいるため、なりやすいのは仕方がないこと。

 

ペルシャ猫について、

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

 

それでは、説明に入っていきます。

心臓は4つの部屋に分かれているのですが、その中で自分の心臓で考えると心臓の左下の部分(左心室)に異常が。

 

すると、左心室の部屋の壁がどんどん分厚くなっていきます。

分厚くなっていくということは、「血液の流れが悪くなる」ということ。

 

左心室の働きとしては猫(ラグドール)の後ろ足に血液を流していますが…

猫(ラグドール)の後ろ足に十分な血液が生き渡らなくなります。

そうすると、いろいろな症状がみられるように。

 

「肥大性心筋症」の説明はこんな感じです。

 

症状としては、

  • 少し動いただけでも呼吸が荒くなる
  • 後ろ足も引きずったような歩き方になる
  • 立てなくなる(この時は、痛がります)

この3つがあります。

この病気は最悪の場合は…。

 

また、初期の時点ではほとんど症状が現れないため、発見が遅れてしまいます。

症状が現れた時には病気の進行がかなり進んでいるそうです。

なので、日ごろの猫(ラグドール)の定期的な健康診断が大切かと。

 

少しでも「おかしい」と感じたときには、そのままにしておくのではなく、かかりつけ医に相談してみましょう。

初期段階なら進行を遅らせることができるので。

 

猫(ラグドール)は苦しんでいても人のように「言葉」で伝えることができません。

そうなってくると、飼い主さんが気づいてあげなくてはいけません。

いち早く気づくことができるように、日ごろからの飼い猫の観察をしておきましょう。

Sponsored Link

猫(ラグドール)がなりやすい病気 NO2は…

一番、猫(ラグドール)がなりやすい病気は「肥大性心筋症」でしたが…

2番目になりやすいのは何だと思います?

 

それは、「尿結石」です。

聞いたことありますか?

「尿結石」は人でも起こる病気ですね。

 

この病気は、尿道から結晶(ミネラル)がでてくるというものですが…

猫(ラグドール)ちゃんは痛みを隠そうという性質があるため、病気になっていても分かりにくいそうなのですよ。

 

「猫」ってシャイだから、分からないですよね。

でも、そこが「猫」に惚れてしまうポイントなのですけど…

「尿結石」になる原因はいろいろあります。

 

その中で一番言われているは「猫はあまり水を飲まないから」っていうことなのです。

どうして水を飲まないと「尿結石」になるのかというと…

 

猫はもともと砂漠で生活をしていました。

そのため、「水」を飲まないというより、砂漠には「水」がほとんどありません。

 

考えて見えください。

猫(ラグドール)の尿って濃ゆくないですか。

 

僕の家で飼っている猫のジェリーも尿が濃ゆい!

そして、メッチャくさい!

そんなことを言ったらいけませんね。

「人」も同じなんですから…

 

あれも昔の名残なのです。

「水」を飲む量が少ないと、尿が濃くなる。

と言うことは、結石の成分である「ミネラル」が多く含まれるようになる。

 

そうなると「結石」ができやすい。

こういうことになります。

猫(ラグドール)の様子がおかしいと思ったら、早めに病院へお願いします。

もうすでに猫(ラグドール)が痛がっているかも…

 

そのほかに猫(ラグドール)がなりやすい病気はあるの?

猫(ラグドール)がなりやすい病気には…

  • 肥大性心筋症
  • 尿結石

この2つには特に気をつけてください。

 

突然発病することもあるので…

そのほかにも、猫(ラグドール)の特徴からなりやすい病気がいくつかあります。

 

ラグドールについて、

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

 

1つ目は、「毛球病」です。

 

これは、猫が毛づくろいをする時に毛を飲み込んでしまうことで起きます。

飲み込んだ「毛」は、「胃」の中でボールのように丸くなります。

これがいわゆる「毛玉」と言うものです。

猫(ラグドール)は毛が長いことが特徴であるため、「毛球病」にもなりやすいそうです。

 

2つ目は、「熱中症」です。

 

猫(ラグドール)は、ほかの猫に比べて体が大きく、毛が長いですよね。

なので、湿度・温度が高いと「熱中症」になってしまいます。

本当に怖いですから、「熱中症」は甘く見ないでください

猫(ラグドール)には、部屋の温度管理をお願いします。

 

3つ目は、「皮膚病」です。

 

これも毛が長いことで起きやすくなります。

皮膚を頻繁にかいていたり、抜け毛が多くなってきたときには要注意です!

 

猫(ラグドール)のなりやすい病気はたくさんありました。

これ全部になるというわけではありません。

ならないという保証もありません。

 

ですが、未然に予防することはできます。

日ごろから健康診断を受けておくことが何より大切です!

おすすめ記事