「猫にまたたび」

こんなことわざがあるの知ってますか?

 

意味は、非常に好きなもののたとえ。それを与えれば効果が著しいこと。

そういう意味らしいです。

今回は、猫とまたたびについて詳しく書いていこうと思います。

猫とまたたび どんなイメージなのか?

「猫とまたたび」と聞いてどんなイメージを持っていますか?

僕自身のイメージは、猫にあげるとフニャフニャになってしまうという感じ。

 

僕の家で飼っている猫(ジェリー)がまさにそうなんですよ!

「ジェリー」って言うのは猫の名前。

 

「またたび」に対して、人それぞれ、いろいろなイメージがあると思います。

とにかく猫が大好きものなのです!

 

猫がこんなことになってしまう「またたび」とは、何モノなのでしょうか?

よく目にするけど、何なんだ?

そう思ったので詳しく調べてみることに。

 

「またたび」は、極東地域の緑地に生えているつる植物らしい。

日本であったら、北海道~九州にかけて生えているようですね。

別名、「夏梅」って呼ばれているらしい。

6~7月に開花し、梅の花に似ています。

 

花の咲く時期になると雄木では、葉っぱの上部か全部が白くなります。

もし、「またたび」が近くに生えているなら分かりやすいかも。

「またたび」は、虫が寄生した「果実」が、猫がフニャフニャになる効果が一番高いらしいとのこと。また、人も古くから「漢方」として使ってきたそうですから。

Sponsored Link

猫が「またたび」を好む理由は?

しかし、どうして猫って「またたび」を好むのでしょうか?

「またたび」にどんな効果があるというのでしょう?

 

またたびの中には猫が反応する「特有の成分」が入っているんですよ。その成分は、「マタタビラクトン」、「アクチニジン」、「β-フェニルエチルアルコール」の3つ。

 

って言われても、どの成分も聞いたことがないものです…(笑)

この成分を猫が感じ取ると、猫は「フニャフニャ」になるそうです。

 

 

猫が「またたび」を感じると、上あごにある「ヤコブソン器官」っていう特殊な器官が3つの成分に反応するそうなんですよ。

すると、中枢神経が麻痺した時の状態に…「またたび」は興奮させる薬のようなもの。

そうすると、猫は体をスリスリしたり、興奮したり、甘えたりする。

効果は、20分ぐらいらしい…

 

「またたび」をあげたら、興奮しまくって、顔がよだれでビショビショ。

(これは僕の家で飼っている猫・ジェリーの場合…)でもかわいいんですよねぇー。

猫について(人気記事)、

犬と猫の足跡は、違うの?【画像あり】

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

つまり、猫が「またたび」を好む理由は、3つの成分が含まれているからなんです。

Sponsored Link

猫に「またたび」を与えすぎるといけない!?

猫に「またたび」をあげるのは、良いことなのでしょうか?

その答えは、「ある程度なら猫にいいそうなんです

 

「またたび」は猫にとったら興奮する「薬」のようなものだといったように、ある程度であれば猫のストレス解消になります。

あれだけ、フニャフニャになるくらいだからストレスがなくなるのも当然かも。

 

でも、ここからが大事!

猫の「またたび」を与えすぎるといけないのはホント!

「またたび」の効果は、またたび自体の加工の仕方によって違うそうです。

 

効果の弱い順から…

  • 粉末
  • 液体
  • 果実
  • 葉っぱ

この順なんです。

 

部位が違うだけで効果に違いがあるなんて、驚き!

猫に「またたび」を与えすぎてしまったら、最悪の場合、猫は「呼吸困難」になるそうです。

 

猫がかわいいからという理由で「またたび」を与えすぎるのは危険!

猫に「またたび」をあげると喜ぶけど、やっぱり限度を超えるといけないようですね。

大切な猫ちゃんを「またたび」で苦しめないためにも、飼い主さんが効果も理由もを知っていることが大切です。

Sponsored Link