「犬と猫は、仲が悪い」

そんなこと、よく言われていますよね。

 

「犬と猫は分かり合える」と思っていますか?

「いやいや、犬と猫は、絶対に分かり合えない!」

そんな風に思っていません?

 

それは、まっかな…嘘

もちろん、ちゃんとした理由があります。

ということで今回は、「犬と猫は分かり合える」について詳しく調べてみました。

Sponsored Link

犬と猫は分かり合える その実例とは?

僕の家にいる、犬(サム)と猫(ジェリー)がその実例。

コレ、本当の話です。

すごいことにこの二匹(家族だから、二人)は分かり合えている!



この写真はサム(犬)とジェリー(猫)が寄り添って寝ているところ

少しは信用してくれました?

サムは「犬」で、ジェリーは「猫」

 

この二人は仲良く、僕の家の中で楽しく暮らしています。

ここで少しサム(犬)とジェリー(猫)の話をしますね。

 

犬と猫について、

犬と猫の足跡は、違うの?【画像あり】

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

 

はじめに、サム(犬)のほうが先に家にいて、ジェリー(猫)が後から我が家に来ました。

家の中では、サム(犬)には絶対に逆らわないジェリー(猫)。

多分怖いんじゃないかなぁ~。

 

でも、二人で家の中を追いかけっこしている時もしばしば…

「中でもたまんない!」って思う時

それは…

一緒に寝ている時!

 

サイコーの光景です。

サム(犬)のおなかの上に、ジェリー(猫)が頭をのせて寝ているんですから(笑)

「一緒に寝る」ってことは、仲のよい証でもあります!

 

これを聞いて、「かわいい!」って思いました?

実際に見てみたらもっと可愛いですよ!

Sponsored Link

犬と猫の違いとは、何?

それなら、どうして「犬と猫が仲が悪い」ってことが一般的に知られているのでしょうか?

犬とサルは、「犬猿の仲」っていうぐらい仲が悪いことは知っていると思います。

 

ただ、犬とサルみたいに何か理由があるのでしょうか?

そう思い、少し調べてみました。

 

すると、何か犬のほうが猫より先に人に飼われるようになっているようでした。

犬は小型の獲物で毛皮があるものを取るようにと改良されたそうです。

 

「小型の獲物で毛皮」と言うことは「猫」?

猫だけじゃないかもしれないですが、ターゲットに「猫」が入っていたんじゃないでしょうか。

そんなこんなで、犬と猫は仲が悪いそうです。

 

仲が悪いのはわかったけど、そもそも犬と猫の違いは何なのでしょうか?

犬と猫の違いは、食べ物、外見?

 

いろいろありますが…

やっぱり祖先が違うということが一番大きいのではないでしょうかね。

 

また、犬の祖先は「オオカミ」と言われているけど、本当にそうなのでしょうか?

犬の祖先が「オオカミ」じゃなくて、「オオカミ」はあくまでも進化の過程で生まれた動物だと思っていましたが。

 

犬の直接的な祖先は、「トマークタス」と呼ばれる生き物。

「トマークタス」は北アメリカに生息していたそうです。

 

犬について、

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

 

猫の祖先は、「ライオン」なのでしょうか?

これも犬と同じこと。

進化の過程で…

 

猫の直接の祖先は、「ニムラブス」と呼ばれる生き物。

「ニムラブス」は、ヨーロッパ~北アメリカに生息していたそうですね。

 

猫について、

こちらにも詳しく書いているので、参考にしてください。

 

犬と猫は共通の生き物(ミアキス)から分かれたんだって知っていました?

そしてこれが、森にどどまったのがネコ科に、草原に出て行ったのがイヌ科なったそうです。

犬と猫が分かり合えるポイント!

犬と猫を飼うポイントってあるの?」って思いませんか?

僕自身の経験から「ポイント」を言うと…

サム(犬)とジェリー(猫)の場合はサムが先にいてジェリーが後から来たって言いましたよね。

 

しかも初めて我が家にジェリー(猫)が来たときは、手のひらサイズでした。

 

つまり「赤ちゃん」ってことです。

そのとき、サムは成犬。

 

ここがポイントだと思います。

「成犬」であるってことは、相手を認める力もあります。

 

だから、子猫が来ても分かり合えることができたのだと思っています。

しかも、サム(犬)は優しい性格だったから。

もし逆の場合だったら、分からなかったかも…

 

これもポイントのひとつかもしれませんね。

つまり、「小さいときから一緒にいれば、犬と猫も分かり合えることができる」そう思います。

サムとジェリーが、その実例ですから!

 

でも、すべての犬と猫がうまくいくとは限らないのも確か。

少しずつ距離を縮めながら、お互いを慣れさせていってください。

どんな生き物同士でも、絶対分かり合えますから。

Sponsored Link