まず最初に、「タイニープードル」の寿命を発表します!

寿命は、14~15歳くらいだと言われています!

 

そんなタイニープードルなのですが…

そもそも「タイニープードル」と「プードル」って同じだと思いますか?

 

実は、同じと言われれば、同じなんです!

理由が気になるところなんですが、それは後からのお・た・の・し・み(笑)

ということで今回は、タイニープードルとプードルの寿命を中心に性格も紹介していきます。

Sponsored Link

タイニープードルの意味と原産国

最初に質問をすれば良かったんですけど…

「タイニープードル」って、ぶっちゃけ聞いたことありますか?

 

ぶっちゃけ言うと、僕は聞いたことがありません。

おまけに、「タイニー」の意味すら知らない…(苦笑)

知らない知らないだと全く意味がないので、とりあえず調べてみることに。

 

調べた結果、タイニープードルは最近人気が高くなっている”ティーカッププードル”の親戚(しんせき)的な存在と言うことが分かりました。

しかも、大きさ的にも同じくらいなのだとか。

英語で書くと「tiny-pudle」

ついでに意味を言うと、「とても小さい、ちっちゃい、ごくわずかの」。

 

と言うことは…

タイニープードルを率簡単に言ってしまえば、「とても小さなプードル」ってことなのかな!?(笑)

 

タイニープードルの意味は分かったけど…

“原産国”はどこの国なのでしょうか?

 

ちなみに、プードルは「フランス」

さて、気になるタイニープードルの原産国はというと…

 

実は、プードルと違います!

けっこう意外でしょ。

「タイニープードル」の原産国は、自由の国”アメリカ”!

 

「どうして、同じプードルなのに原産国が違うの!?」

と思いませんでした?

 

そう言うと思って、納得してもらえるそうな内容を用意してきました!(笑)

これを聞いて納得してくださいね^^

Sponsored Link

トイプードルからタイニープードルになる流れ

実は、プードルには「スタンダード」「ミディアム」「ミニチュア」「トイ」の4種類がいます。

その中のスタンダードプードルについては、

こちらにも詳しく書いているので、良かったら見てみてください。

 

ここでは、この中の「トイプードル」に注目していきます。

「トイプードル」って見ての通り小さいワンちゃん。

あんなに小さいワンちゃんって、そう簡単にいませんよね。

 

まさに、そういうこと!

「は?」と思いましたよね、今。

 

ぶっちゃけ言うと、「タイニープードル」が生まれたのはホントに偶然。

トイプードルの繁殖中に、偶然生まれたのです。

 

その当時はまだ名前がなかったから、小さいプードルってことしか言われてなかったけど…

でも、そんな小さいプードルが生まれたからには繁殖をしないわけにはいきませんよね、普通。

 

と言うわけで、小さいプードル同士をかけ合わせて見ることに。

するとなんと、小さいプードルが再び現れました!

 

勘のいいあなたはもう気が付いていると思いますが、このプードルこそが「タイニープードル」なのです(笑)

タイニープードルとプードルって同じ!?

そして、このとき繁殖をしていたのが「アメリカ」。

と言うわけで、タイニープードルは「アメリカ」が原産国ってわけ。

納得してもらえたら、うれしいです^^

 

ちなみに、「タイニープードル」とは言われているけど、実は「プードル」っていう大きなくくりのなかに入っているのです。

もっと言うと、プードルのなかの「トイ」のグループに。

もっともっと言うと、「トイ」は「タイニー」と「ティーカップ」に分けることができる。

 

そう言うわけで、

「タイニープードル」と「プードル」は分類的に見てみると同じなんじゃないでしょうか!

僕はそう思いますが。

Sponsored Link

タイニープードルの寿命と性格を知ろう!

タイニープードルとプードルが同じと言うことが分かったと思うので、次は「タイニープードル」のことについて知りましょう。

 

その前に、タイニープードルの大きなくくりをまとめている「トイプードル」の寿命と性格から…(苦笑)

トイプードルの寿命は、平均的には14~15才くらいだと言われています。

 

 ワンちゃんの寿命については、

こちらも、参考にしてみてください。

 

大型犬と比べたら、小型犬のほうが長生きするって言われているみたいですよ、ホントかウソかは分かりませんが…(笑)

 

性格はと言うと…

  • 頭がいい=賢い
  • 社交的である
  • 活発で、よく動く
  • しつけやすい

この4つが一般的。

 

それでは逆に、タイニープードルの寿命と性格は、どうなのでしょうか?

寿命から見ていくと、実は、だいたい同じくらい

「トイプードル」よりも小さいから、寿命も長くなるのでは!?と思ってしまうけど実際は違うのです、不思議と(笑)

 

性格はと言うと…

またまた、トイプードルと同じ!

 

トイプードルよりもひとまわり小さいけど、賢く、運動神経抜群。

実際するマンガの中の主人公みたいですね(笑)

 

トイプードルについて、

こちらも良かったら、参考にしてみてください。

タイニープードルVSティーカッププードルの寿命!

ついでなので、「タイニープードル」と「ティーカッププードル」の寿命を比べてみました。

どっちが長生きするのかと言うと…

同じくらいなんじゃないかな、と個人的には思います。

 

紹介したように、どちらのワンちゃんも体が小さいことで人気が急増。

でも、よく考えてみてください。

 

カラダが小さいってことは、何をするにしても、相当な負担がかかるはず。

高いところからのジャンプだったり、運動であったり、細かいことを言うと、心臓が動く回数だったり…

とにかく負担のほうが多い。

 

となると、やっぱり怪我や病気にもなりやすくなります。

ぶっちゃけ言えば、寿命だけ見るとあまりよろしくないかなと、僕は思っています。

 

そんなティーカッププードルについてはこちらにも詳しく書いています。

ティーカッププードルの寿命は短いってホント!?

タイニープードルを飼う注意点

そんなタイニープードルには家族に迎え入れるにあたって、いくつか「注意点」があります!

 

「カラダ小さいから運動量が少ないよね、きっと」

そう思うかもしれないですけど…

本当はそうじゃない!

 

小さいけど、活発だからたっぷり「散歩」が必要。

一緒に散歩をすることで、飼い主さんの健康にもつながるから、一石二鳥!^^

 

それから、毛並みがカールしているから「定期的なブラッシング」が必要かなと思います。

毛玉を作らないように、心がけてくださいね^^

 

あと、プードルと同じように「病気」にも注意が必要です。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)と言う「怪我」になりやすいので…。

 

実際に、こんなこともあったそうです。

「ティーカッププードル」がトリミングをしてもらっている最中にカット台から落ちて骨折…

 

そのことについてはこちらに詳しく書いています。 

トイプードルが骨折!?今の率直な気持ちを書いてみた。

 

とにかく、愛犬の様子がおかしいときは、あなたが気付いてあげましょう!

ワンちゃんは言葉を話せませんから。

タイニープードルの長寿の秘訣

ここまでの、タイニープードルの飼い方の注意をまとめると、

  • たっぷり運動をさせる
  • 定期的なブッラシング
  • 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)に気を付ける

この3つは特に注意してください。

 

このポイントを押さえておくだけでも、タイニープードルの寿命を大きく変えることができます。

 

おそらく、あなたが望んでいるのは、もっと長生きをするタイニープードルの姿。

3つのことに加えて、もう二つ注意点を増やしていきたいと思います。

①食事の質

実質の4つ目、それは「食事の質」

タイニープードルの体は見た目どおり小さいので、ご飯の量も少なくてすみます。

逆に、「ご飯の量が少ない」という短所を生かして他のワンちゃんたちでは絶対にできないことも出来ます、タイニープードルは。

 

食事の量が少ないタイニープードルだからこそ、毎日毎食質の高い食事を食べさせることができる

質の高いドッグフードを食べてもらって、長生きをしてもらいましょう。

 

プードルに質の高い食事をさせるためには、栄養バランスを考えた「手づくり」の食事が一番。

だけど、ぶっちゃけそれを毎日って言われたら大変ですよね。

そこでお手軽なのが、質の高い食事が出来る「ドッグフード」です。

 

「プレミアムドッグフード」と言われていて、こだわりの原材料で人も食べることが出来るくらいなのですよ。

愛犬の長生きのためにも、ひとつの参考に^^

プレミアムドッグフードについては、

こちらも良かったら読んでみてください。

②定期的な健康診断

実質の5つ目は、「定期的な健康診断」

ワンちゃんは、年に一度の健康診断が理想とされています。

「毎年って多すぎじゃない!?」と思うかもしれません。

 

でも、よく考えてみてください。

ワンちゃんたちって、人間の年齢だと1年で「4歳」も年を取っちゃうんです!

僕たちにとってはたった一年かもしれませんが、ワンちゃん(タイニープードル)にしてみれば、まる4年間何もしてないことに!!

 

そう考えると、年に1回の健康診断が妥当かなと思いませんか?

ついでに言うと、高齢犬(7~9歳以上)になったら、半年に一回の健康診断がよいといわれてます。

早い段階でカラダの異変に気付くことができるし、なおかつ、病気の発見もできますからね。

タイニープードルの長生きには「健康診断」は欠かせないことだと、僕は思ってます。

タイニープードルを家族に迎える前に

家族に迎えるにあたって、最も大事にしてほしいことがあります。

それは、タイニープードルをペットとして飼おうとしているとき!

 

タイニープードルは、小ささが売り。

このことで、親犬にあんまりご飯を与えないで、子犬の大きさを抑えるってことをしている悪質な業者さんも実際にいます。

あまりにもひどいことだと思いませんか?

 

そんなことをさせないためにも、信頼できるブリーダーさんを選ぶことが大切です!

まずは、ブリーダーさんのところにいって自分の目で確認してみてください。

そして、迎え入れたのなら、健康に気を使いながら責任をもって飼いましょう。

 

プードルのことをもっと知るためにも、

プードルの性格は感覚鋭敏なの!?

スタンダードプードルの性格って、実は「甘えん坊」!?

こちらも参考にしてみてください。

Sponsored Link